第十三章 <Ⅴー3>

「はい! 参りましょう!」


 権平ごんだいら先生がいそいそと車の後部座席のドアを開けて、笑顔で振り向いた。


「どうぞ、みなさん!」


「え? 先生の車で行くの?」


 あたしたちは顔を見合わせる。


「八人乗りだぞ」


 権平先生がニコニコとうなずく。

 

「では、運転は僕に任せてもらいましょうか」


 パパが運転席に歩み寄る。


「そんな! 博士はかせに運転させるなんて……」


 権平先生が高速で腕を振り回す。――やめなよ。なんかの必殺技みたいだから。


「いやいや。慣れた道ですから。ナビがあっても、あの辺りの山道は厳しいですよ」


 笑顔のパパが手のひらを差し出す。


「うっ! そうですか? ありがたいです! ――お願いします」


 権平先生が恐縮しつつ、黒い卵形のリモコンキーを渡す。


「おお、いいねえ。この車は!」


 パパがはしゃいで乗り込む。この人はいつでも楽しそうだ。

 照れ臭そうに頭を掻きながら権平先生が、あたしたちを呼ぶ。


「ほら、みんな。はやく乗れ!」


 ちょこちょこと走り寄った陽蕗子ひろこが、助手席のドアハンドルに手をかけた権平先生の肩を、ガッとつかんで引き戻した。


「ちょっと! 先生は、そこじゃないでしょ!」


「え、なんで?」


「お母さん! さあ、どうぞ!」


 青深はるみがさっさとエスコートして、ママを助手席に乗せてしまう。


「おい? ――だって俺が運転のサポートを……」


「いいから黙れ! ――このタコ!」


 青深が小声でさえぎる。


「タコ――?」


 権平先生が愛くるしいまでにパッチリした目をみはる。


「――先生、ちょっと!」


 陽蕗子が先生のジャージを引っ張る。ドワーフウサギのけわしい顔が逆に面白い。


「え、なに?」


「――いいから、ちょっと来いっ!」


 無敵番長の凄味すごみを効かす青深と、殺気立ったウサギのような陽蕗子に、左右の腕を取られた権平先生は、有無も言わさず植え込みの陰に連れ込まれる。

 あたしと林は、わけの分からぬまま、その後についていった。


「なんなんだよ?」


 おびえきった大男の目が、落ちつきなくキョロキョロと動く。

 ――ドラマで見たことある。これ、殺されるパターンだ。


「先生! よく見なさいよ、あのラブラブな二人を! 邪魔したらダメでしょ!」


 陽蕗子が両方の人差し指で怒り眉毛を作って、頬をふくらませる。


「バカじゃねえのか? どんだけ視覚情報が足りないんだ!」


 青深が身もふたもない言い方で担任をいさめる。


「リンリンのパパとママ、会ったときから、ずっと手つないでるんだからね!」


 陽蕗子が先生の耳元でささやく。


「……そうなのか?」


 権平先生がのけぞって青ざめた。


「手をつないでいない時も、どこかしら触ってるよなー」


 青深がため息混じりに補足する。


「そうよ! ママは、パパの上着のすそとか」


「パパは、ママのコートの襟とかなー」


 頭を抱える担任の隣で、あたしもショックを受けている。

 そんなのイチイチ見てないし!


「うぐぐ。そうだったのか――」


「お前も気づいてねえのかよっ!」


 いつもなノリでなぐられるあたしの横で、林がひたいをおさえて目を閉じている。


「ったく! そんなだから、権平は、いつまでもカノジョが出来ねえんだよ」


 青深が吐き捨てるようにつぶやく。


「ええーっ?」


 権平先生が悲しい声で絶叫する。


「おーい。どうしたの? そろそろ行こうよ!」


 運転席から、パパが陽気に呼んでいる。


「はい! ただいま参ります!」


 先生の声が裏返える。かなり膝にきているようで、車に戻る足元が覚束おぼつかない。


「――申しわけありません。うちの両親が御迷惑を……」


 先生の後を追いながら、林が沈痛な面持ちで頭を下げた。


「気にするな。リンリン。私たちはチームだ!」


 青深がサムズアップする。


「そのチーム、俺も入れてくれ――」


 権平先生が涙目でつぶやく。


 先生、大丈夫だ。あなたは一人じゃないぞ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます