第十四章 <Ⅱ-1>

りん君。疲れただろう。平気かい?」


 権平ごんだいら先生が向かいのシートに坐った林を気遣った。

 あたしたちが街を出発してから、そろそろ三時間ほど経っていた。


「はい、先生。ちょっと眠いですけど――。先週までは寝ていた時間なので」


 林の膝には、子グマの顔が抱かれている。

 ――ほんとにリンリンは、普通にみんなとしゃべれるようになったなあ。


「リンリン。そのクマ、ポンヌフっていうんだよね? 可愛いねえ」


 陽蕗子ひろこが褒めると、林がはにかんだ笑顔をみせる。


「ありがとう。この子は木槿むくげちゃんが作ってくれたの。こんなことしてると、なんか子どもっぽいよね?」


「すっごい上手! 売ってるやつみたい」


「ほんとに? 作ったときって、おねえちゃん、まだ中学生だったんだよ」


 林は自分が褒められたみたいに嬉しそうだ。


「それはすごいな。木槿さんは料理も得意だったのか?」


 ポンヌフをななめに観察しながら青深はるみが訊いた。――こいつ、まだビビってるな。


「ううん。全然ダメだったと思う。たしかリンゴも剥けなかったし」


「なんでっ?」


 全員同時につっこんだ。


「やりたくないことはしない! って威張ってたよ。すっごい食いしん坊なのに」


 助手席のママが前を向いたままクスッと笑った。


「おねえちゃんって、その頃いくつ?」


「十六歳」


「大丈夫か、それ」


 林とあたしたちの笑い声がはじけた。


「木槿さん、マジ面白いな。――そうか。今、ちょうど同い年なんだ?」


 青深がイケメン顔で林に頬笑みかける。


「会ってみたかったね!」


 と、あたしが言った。「――きっと仲良しになれた気がする!」


「ほんと! 一緒に遊びたいねー♪」


 陽蕗子がさえずる。


「ありがとう。みんなに会ったら、おねえちゃん喜んだと思う」


 林がちょっぴり涙ぐむ。


 岩山を穿うがったトンネルの先に、明るい空がぽかりとひらけた。

 ここまで登り続きだった道がゆるやかなカーブとともに下りになる。つづら折りの先を見おろすと、のどかな田舎の村があった。


 黄金色こがねいろの稲穂が豊かに揺れる田んぼの間を、小川がゆるやかにうねっていく。

 かやき屋根の屋敷があちらこちらに佇んでいる。山間やまあいの集落は秋に色づいた森にかくわれているようだった。


「やあ、久し振りだなあ」


 車のスピードを落としたパパが、嬉しそうにつぶやいた。


 集落に入る手前で谷川に架かる石橋を渡ると、尖った石碑が立っていた。

 道幅がやや広くなった山側に五台分の駐車スペースが取られているが、車は一台も停まっていなかった。パパがウインカーを出して一番端にSUVを入れる。


「ここが村の菩提寺なんだ。君たちの予定にはなかったが、木槿むくげちゃんのお墓参りをしていこうよ」


 シートベルトを外してパパが笑った。


 ――それでママが千尋縄ちひろなわのお花屋さんで花束を買っていたのか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます