第十二章 <Ⅲー3>

「ある時、ふいに思い出したの。あの家で、ポンヌフとおねえちゃんに誓った約束を――。そんな大事なことを、自分がきれいさっぱり忘れて、楽しく暮らしていたんだって、すごくショックだった。きっと二人とも、わたしのこと、怒ってるだろうなと思った。今頃になって思い出したって、なんにもならないし、もう二人はいないんだけど、――自分って最低な奴だと思った」


 あたしは胸が詰まりそうになった。


「――ちがうよ。リンリン。そんなことない!」


「そうだよ、リンリン!」


 陽蕗子がポロポロ涙をこぼしている。


「――時雨しぐれ陽蕗子ひろこ、黙れ。リンリンの話を最後まで聴け!」


 青深のこぶしが震えている。

 りん睫毛まつげの涙を払って、うなずいた。


「――そしたらね。あの日、わたしが入院した日。夢におねえちゃんとポンヌフがでてきたの。あの家で二人とも笑ってたの。あれからずっと、あの場所で、わたしのことを待っててくれるんだって思った。だから――わたし、帰らなきゃって思ったの。きっと帰るからねって、もう一度、二人に誓ったの」


 うつむいた林の顔を、黒髪が隠した。


「わかった! リンリン! わかった!」


 号泣する青深が、林の肩を抱いた。


「行くぞ! リンリン! 行こう! それは行かなきゃダメだ!」


 抱きしめられながら、林が「え?」とつぶやいている。


「行こう! リンリン、行こうね!」


 青深の背中にすがりついて、陽蕗子も泣き崩れている。

 先に周囲にここまで泣かれると。泣き遅れたあたしがいる。


 ――ねえ、あれって、ポンヌフだよね?


「――なるほどなあ」


 振り向くと、座席から立ち上がったパパが、麻のハンカチで目頭を押さえていた。


「それで、林はそんなに葛籠谷に行きたがってたのか」


 パパは後ろを向いて鼻をかんだ。


「パパッ? いつ起きたの?」


 林が顔を真っ赤にする。


「トランプやってた声が、妙に静かになったあたりだな」


「それって最初からじゃん!」


「ごめんな、林。今まで、そういうはなしを聞いてやらなくて」


 パパが赤くなった目で、林に柔らかな眼差しをおくる。


「できなかったよ。だって、ママが……」


 林が切れ長の目を伏せる。


「――そうだな。木槿ちゃんの話をするのは、ママが嫌がってたもんな」


 林の肩に、パパが大きな手のひらを置いた。


「ママは辛かったんだよ。おそらく、誰よりも。だって、ママと木槿ちゃんは、双子みたいに仲が良かったじゃないか」


「――そうね。そうだったよね」


 林が素直にうなずく。



 そのとき、線路が大きくカーブして列車が揺れながら速度を落とした。

 車内アナウンスが、間もなく終点・千尋縄ちひろなわに到着すると告げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます