第十三章 <Ⅳ-1>

 * * * 白銀しろがね沙羅さらの回想(二時間前) * * *


 沙羅は切れた電話を胸に押しあてる。


 また言えなかった。あの家のことを――。 

 葛籠谷つづらだにりんの身に何かあったら、どうしよう。


 でも、あの夜――。

 木槿むくげの声は、胸にしみいるように優しかった。

 二度と聴けないと思った従妹いもうとの声が、おねえちゃんと呼んでくれたとき、うれしくて涙がとまらなかった。

 あの木槿が、林に悪いことをするだろうか。

 そう思うと、沙羅の胸につかえていたおりが溶けて消えていった。


 私は何におびえていたのかしら。


 沙羅はこめかみに指先をあてた。


 ――そうだ!


 沙羅は寝室へ急いだ。クローゼットを開けて、手前の紙袋を取り出す。

 中では子グマの顔が笑っている。



 タスマニアから眞彦が電話をくれたのは、木槿の声を聞いた直後だった。


 ――それは、林に返してやろうよ。もし君から渡しにくいなら、僕が渡すよ。


 隠しておいたはずのポンヌフが、眠っている林の枕元に転がっていたと聞くと、夫は、なんでもないように言うのだった。

 

 ――小さい子ならトラウマになるかも知れないけれど、もう大丈夫だろう。明日、飛行機をおさえるからね。僕が帰るまでは隠しておいていいよ。


 ――権平先生にも、林に返してあげなさいって言われたわ。


 ――そうか。権平君はいい先生だな。


 眞彦さなひこは嬉しそうに笑った。


 ――ところで、沙羅。脳というものはね。五感が受けとった情報を、眠っている間に整合性を付けて整理するんだけど。その高速で膨大な情報処理の過程で、海馬かいばが記憶の断片をつなぎ合わせて「夢」にするんだってさ。


 夫の口調がいつものごとくに熱を帯びる。


 ――海馬?


 ――そう。例のタツノオトシゴさ。記憶の中には、かなり遠い過去のものも含まれるし、実体の無い本人の思考も含まれる。だから、亡くなった人からの意味深なメッセージのような夢を見ることもあるんだね。(注①)


 ――そう言えば、林が木槿の夢を見たって言ってたわ。


 ――なるほど。それは興味深いね。夢はランダムにみえて、実は現在の自分に必要な情報を、脳がセレクトしている可能性もあるんだ。


 ――それはユングの説? それとも河合隼雄さん?


 ――いろいろ。さらに僕の推論。(注②)


 夫はハハハと笑った。


 ――だからね。林が木槿ちゃんの夢を見るなら、それも彼女自身の脳が指し示した何らかのメッセージなんだ。ポンヌフは、この先の道標みちしるべになってくれるのかも知れないよ。


 夫の脳科学の話はさらに続き、その夜も木槿の幽霊の話は、しそびれてしまった。



 沙羅はひとつため息をつく。

 眞彦さんも権平ごんだいら先生も、林がまた自分の足で歩き出すのを見守ってくれている。

 私だけが怖がっていてはダメなんだわ。


 そうよ。昨日まで引きこもっていた林が、友だちと出掛けられるまでになったんだから、私もあの子を応援しなければいけない。

 それに眞彦さんもついて行ってくれるのだし。


 ポンヌフが沙羅の顔を見上げている。

 そのあどけない笑顔に、林の幼い頃の面影おもかげが重なる。


 林が葛籠谷へ行くなら、早くポンヌフを返してあげるんだったわ。

 今から出れば間に合うかしら。沙羅はぬいぐるみを胸に抱かえて逡巡しゅんじゅんした。


 でも、どうしたらいい?

 あの子はもう電車に乗ってしまったし。眞彦さんは後を追いかけている。

 これから私がタクシーで追いかけたら、二人と行き違ってしまわないかしら。


 そのとき。エプロンのポケットの携帯電話が震えた。


「――もしもし。権平ごんだいらです。朝早くにすみません!」



#注①「海馬かいば」とは。

 脳の一部位の名称です。形がタツノオトシゴに似ています。(以下略)

 その名の由来はギリシャ神話の海神ネプチューンが乗っていたという謎の生物 ヒッポカムポス(前半身が馬で後半身はイルカ)の「足に似てる」からだって。

 ――わかりにくいわっ!


#(注②)カール・グスタフ・ユング (1875-1961)

         スイスの精神科医。深層心理学研究の先駆者。

      河合隼雄かわいはやお(1928-2007)

         臨床心理学者。ユング派分析家。児童文学にも造詣が深い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます