第十三章 <Ⅱ>

木槿むくげが……?」


 ママの顔から血の気が引いた。

 パパが腕をまわして、その細い背中を支える。


 ポンヌフを抱きしめたりんが、その整った顔を上げた。


「学校に行かなくなってから、何度もおねえちゃんが夢に出てきたの。いつもは怖い夢だったけど、入院した日の夢は、おねえちゃんとポンヌフがあの家で待ってる夢だった」


 ――なんだか、林の雰囲気が変わった。

 その眼差しにこもる力に、なにか大事な話をしたいんだなって思った。


 パパとママは、すこし戸惑った面持ちで林を見つめている。


「あのさ、私たちはあっちに行ってようか?」


 青深はるみが気を遣って、林の耳にささやく。


「ううん。いいの。――てか、そばにいて!」


 振り返った林が、うるんだ眼差しをこちらに投げかけた。


「さっきは話せなかったことなの。みんなにも、もう隠していたくないから!」


 青深が真っ先にうなずいた。


「まかせろ! 私たちはチームだ!」


「リンリン、ここにいるよっ!」


 陽蕗子ひろこがささやく。


「がんばれ、リンリン!」


 あたしが、その手にタッチすると、林が口角を上げてうなずいた。



「――いままで、ママとパパに黙っていたことがあります」


 林はパパとママに向き直った。

 あたしたちチームは、林を応援する気持ちで後ろに並んだ。


「林、なにを聞かせてくれるんだい?」


 ママの背中に腕をまわしたパパが、首をかしげて頬笑んだ。


「パパ。ママ。――わたしは、おねえちゃんを見殺しにしました」


 陽蕗子が手にしていたペットボトルを落とした。

 青深が息を引いたまま、かたまっている。

 あたしは風になびく林の髪を見ていた。――リンリン?


「なんだって――?」 「林――?」


 林のパパとママが顔色を失って立ちすくんでいる。




 誰もなにも言わない。


 朝日の粒子が歩道に降る音が聞こえるような気がした。


 モズが高く鳴いた。


 林が頭を振って、長い髪を背に払った。


「あの日、おねえちゃんは、花束を抱いて水面に仰向けに浮かんでいました。

 濃紺の更紗さらさのワンピースと、真っ白なレースのショールをつけて。

 おねえちゃんは、きれいな白い花を腕いっぱいに抱えてました。

 小川のしずかな水面にも、その花と緑の葉がたくさん浮いていました」


 林は、あごを上げて空を見た。


「長い間、すっかり忘れていたけれど、或る日、突然に思い出したのです。

 ミレイのオフィーリアの絵を見たときに。

 高校受験の済んだ週末に、友だちと行った、あの美術展で。

 あの絵を見たとき、いきなり記憶が甦りました。

 あの日見たことを、はっきりと思い出しました」


 林の肩に力がこもる。――ああ、泣くまいとしているんだ。


 「わたしは、おねえちゃんが眠ってると思いました。

  とっても気持ちが良さそうだったから。

  その姿があまりにきれいで、そのまましばらく見とれていました。

  それから――。それから、うちに帰ってきてしまったのです。

  わたしは、そのことを誰にも言いませんでした。

  そして、そのまま忘れてしまいました。

  きっと、すぐに知らせれば、きっとおねえちゃんは助かったのに。

  だから、おねえちゃんが死んだのは、わたしのせいです。

  パパ。ママ。――ごめんなさい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます