『宵待ち姫』前編 <参>

 よいひめは、山の中を一人ぼっちで さ迷いました。


 ときどき宵待ち姫の名を呼ぶ声が、風に乗って聞こえてきました。

 どの声が誰の声か、宵待ち姫にはすぐわかりました。

 お父さんやお母さんや村のみんなが、自分を探してくれているのでした。


 しかし、こんな姿で出ていったら、また鬼だと言われるでしょう。

 石をぶつけていじめられるでしょう。

 宵待ち姫は、恐くてみんなの前に出られませんでした。


 みんなのすぐ近くにいるのに、宵待ち姫は一人ぼっちでした。



 次の日のこと。

 宵待ち姫が木陰のやぶに隠れていると、二人の木樵きこりが通りかかりました。


「宵待ち姫は、まだ見つからないそうだな」


 すぐそこに宵待ち姫がいるとも知らずに、木樵たちは宵待ち姫のうわさをしていました。


「あの子は鬼に喰われたんだろうよ。かわいそうに」


「鬼のこわした田んぼや家は、頑固がんこ長者がぜんぶ面倒をみて直すそうだぞ」


「なんでまた、鬼のした悪さを、頑固長者がかぶるんだね?」


「自分は宵待ち姫だ、と鬼が言ったんだとさ。あの子の声で」


「そんなもの、鬼がかしとるのに決まってるだろうが」


「みんなで、そう言ったんだがなあ。頑固長者もお嫁さまも、あの声は宵待ち姫だった、うちの娘の声だったと言って、譲らないのさ」


 片方の木樵はため息をつき、もう片方の木樵は鼻をすすりました。


「かわいい娘が死んだとは思いたくないんだろうなあ。気の毒に」


「これで頑固長者も無一文むいちもんだな」


 そして、木樵たちの声は杣道そまみちを遠ざかってゆきました。



 宵待ち姫は、いきなり夢から覚めたような心持ちになりました。


 村を荒らしたのは、宵待ち姫です。

 お父さんやお母さんや村のみんなを泣かせたのは、宵待ち姫です。

 あれは夢ではないのです。


 わたしは鬼なんだ。鬼だったんだ。


 それなのに、お父さんとお母さんは、わたしを探してくれるんだ。



 つのきばのはえた鬼の顔を、鋭い爪のある手でおおって、宵待ち姫は泣きました。

 明日もこんなにつらいなら、死んでしまおうと宵待ち姫は思いました。


 でも、鬼の姿で死んでいるのを、お父さんとお母さんに見せたくはありません。

 誰もしらない山の奧へゆこう。

 暗い森の径をとぼとぼと、宵待ち姫は歩いてゆきました。

                      (後編につづく)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます