第十一章 <Ⅳ>

* * * 白銀しろがね眞彦さなひこの回想(続) * * *


 沙羅さらと話した翌朝、僕は一時帰国するとスタッフに告げた。

 プロジェクトの統括責任者の突然の休暇願いだというのに、誰一人文句も言わないで笑ってくれる。申し訳ないことだ。僕はつくづく仲間に恵まれた。戻ったら埋め合わせをしなくては。


 しかし、こんなときに限って、海が荒れて船が出せない。

 ホバート国際空港を発ったのは一昨日の朝だった。


 そして今朝。妻に電話したのは6時23分のことだ。


「やあ、沙羅さら。いま合歓森ねむのもり駅なんだ。――そうだよ。昨日の夜に成田に着くはずが関空かんくうについて、それからちょっとしたバトルが――。まあ、いいや。とにかく、たったいま駅のホームでりんを見かけた。友だちと電車に乗っていったが、一足違いで声をかけ損なった。あの子は、そんなに元気になったのかい?」


 沙羅がうわずった声で電話に出た。


眞彦さなひこさん。どうしましょう! 葛籠谷つづらだにに行くって書き置きが。私の起きる前に出掛けたみたいで――。どうしましょう!」


「葛籠谷へ? どうして?」


「わからないの。帰ったら報告するって、手紙には書いてあったけど。あの子、この頃、おかしなことばかり言って――」


 繊細な妻は動揺しているようだが、僕としては行き先がわかったので安心した。


「行かせてやってもいいんじゃないのかい? 友だちも一緒なら楽しいだろうし――」


「だめよ。なにかあったらどうするの?」


「君の実家は、そんなに危ない場所でもないだろう?」


 僕らが出会った、あの美しい谷間の集落の、どこが恐ろしいというのか。


「眞彦さんには分からないのよ!」


 いつもの沙羅とは思えない激しい言いようだったので驚いた。


「沙羅? 僕に分からないというのは、なぜだろうか?」


「あ、ごめんなさい」


 沙羅の声が恥じ入ったように細くなる。――君はすぐ謝るんだな。自分が悪くないことまでも。


「いや、いいんだ。理由は後で聞かせてくれ。今は急ぐからね。――取りあえず、僕は林を追ってみる。追いついたら連絡するからね。葛籠谷に行きたいというなら、つき合ってくるよ」


 沙羅が息を飲む気配がする。


「眞彦さんも行くの?」


「もちろん。おっと失敬、時間がないから、またね」


 僕はスーツケースを駅に預けると、タクシーに乗り込んで行き先を告げた。


小椋台こむくだい駅まで急いでください。さっき出た快速に追いつきたいんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます