第十二章 <Ⅱ>

「地球の表面は、何枚かの岩盤のプレートで覆われているのは知ってるかな?」


 パパの輝く瞳がこちらをのぞきこむ。

 ――あたしは、なにかの地雷を踏んでしまったのかも。


「あ、はい。なんとなく」


「ゆで卵の殻にヒビが入っているところを想像してごらん。大きな欠片かけらは約十枚ほど。小さい欠片は五十枚ほどが知られている」


 ――宇宙に浮かぶ、でっかいゆで卵?


「それでね、このプレートってやつらは、じっとしてないで流れてるんだ!」


「岩なのに?」


「そうなんだよ! 面白いだろ?」


 パパは目を細めて両手を広げるので、あたしたちはうなずくしかない。

 ――なんでそんなに嬉しそうなの?


「海から大陸の下へ向かって流れるプレートを海洋プレートというんだ。その海洋プレートが地球の内部へ沈み込む場所がある。そいつが、海溝かいこうという名の、海底の谷間だ」


 パパは話しながら上着を脱いで立ち上がった。――なぜ?


「海洋プレートが海溝へと沈み込むとき、海溝の上にせり出している大陸プレートの端も、ジワジワと地の底へ巻き込まれる。重さは大陸プレートの方が軽いんだ。イヤイヤ引きずり込まれた大陸プレートは、限界まで沈んだところで、バネみたいに、いきなりバンと跳ね上がる。その揺れが地震になるんだ。――これが海溝型地震!」


 パパは自分の両腕で、沈む海洋プレートと跳ね上がる大陸プレートを表現してみせる。


「おおー!」 「なるほど!」 「そうだったんだ!」


 プレートより、パパの楽しげで情熱的な話し方に感動する。

 きっと自分の好きな道を突き進んでる人なんだろうな。


「面白いのはその先だ! 最近の研究では、海溝へと沈み込む海洋プレートが、地球内部へ大量の海水を運ぶことがわかった! その量は年間25億トンだ。つまり、地球内部には膨大ぼうだいな水が存在するんだ!」


「へえー。知らなかった!」


「面白い!」


 さっきまでりんの顔色を気にしていた、あたしたちは、うっかり盛り上がる。


「そうだろう? そうなるとだ。この地球上に海洋が存在できるのは、あと六億年という試算もあるんだ。とすれば……」


「パパ! 地球の話はもういいから!」


 止まらないパパを、林が現実に引き戻す。白銀しろがね家はいつもこんな感じなのかな。


「パパ。休暇なんか取って大丈夫なの? 今度の責任者だったんでしょう?」


 林がなじるように言うと、パパが肩をすくめる。


「彼らは実に優秀でね。どうやらボスが不在の方が仕事がはかどるらしい。それに貴重なアドバイスも貰った。お告げというべきか」


「なにそれ」


「バージェス博士を知ってるかい? 彼の岩石ジョークは最高なんだが、まあ、いいや。とにかく、彼がこう言ったんだ。『ボス。こんなときは、何もかも放り出して帰りたまえ』とね。で、僕は答えた。『放り出したいのは山々なんだが、未処理の案件が、僕をきつく抱きしめて離してくれないのさ』ってね。すると彼が言うんだ。『ボス。その古いジョークのおかげで、俺は愛する犬に去られたよ』『なんだって? 君のウェスティーにかい?』『そうさ。もちろん妻と子どもたちは、犬についていった』――僕が笑おうとしたら、彼の目が笑ってなかったんだ。あれは、ちょいと怖かったな。それで直ちに休暇を取ったというわけさ」


 パパは一人で膝をたたいて笑っている。――ここ、リアクションどうすんだ?


「それって、家族に我慢させてきた自覚があるってこと?」


 林のツッコミがとげとげしい。


「もちろん反省してるさ。我が家に犬がいたら危なかったかな。君はどう思う?」


 父が水を向けると、娘が肩をすくめる。


「たぶん大丈夫。うちのママって、笑えるくらいパパが大好きだから。でも――」


「でも?」


「最近は、わたしが疲れさせてる」


 林がため息をつくと、パパが娘の肩を揺すって朗らかに笑った。


「そこは、君が気にしなくていい! 親ってものは、子どもの心配をするのが商売なんだ」


「それ、ほとんど家にいない人が言う?」


「しまった。墓穴を掘った!」


 パパが自分のおでこをぴしゃりとはたく。

 ――この親子、実は仲良くないか。



 車窓の外に深い木立が迫ってくる。埴輪山はにわやま高校の校庭よりも紅葉が早くて色も鮮やかだ。列車はときどきトンネルをくぐる。

 食事が済んで、あたしたちはトランプをはじめた。

 パパも誘ったけど「おじさんはちょっと眠いから」とか言って、離れた席に移って目をつむってしまった。


 終点の千尋縄ちひろなわまで、あと1時間。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます