宵待ち姫<前編>

『宵待ち姫』前編 <壱>


                        作・絵  ゆきした ひそか


 むかしむかしあるところに、とても真面目まじめな長者がおりました。

 村人の信頼は厚いものの、かげでは頑固がんこ長者と呼ばれておりました。


 あるとき、頑固長者とそのお嫁さまに、かわいい女の子が生まれました。

 女の子は、よいひめと名づけられました。


 とき皐月さつきの夕まぐれ、宵闇の空が甘やかな藍色あいいろに染まる頃に産まれたからです。


 信心深い夫婦は観音様からのさずかり物だと言って喜びました。

 宵待ち姫は大事にいつくしまれて大きくなり、素直な良い子に育ちました。

 頑固長者の家はますます栄え、宵待ち姫は誰からも愛されておりました。


 でも、宵待ち姫はしあわせではありませんでした。



 それは、七つになったお祝いの夜にはじまりました。


 夢のなかで、宵待ち姫は鬼になるのです。

 頭にはとがったつのが、口にはするどきばが、指には曲がったつめがはえてきます。

 鬼になった宵待ち姫は、力まかせに暴れまわります。

 田んぼのあぜはこわれ、家はくずれ、何もかも滅茶苦茶めちゃくちゃです。

 宵待ち姫のお父さんもお母さんも、村のみんなも泣いています。


 夢のなかでは、それが楽しく楽しくてしかたないのです。

 そんなことを願ったことなど一度もないのに。

 目が覚めると、宵待ち姫はおそろしくて泣きました。


 宵待ち姫は眠るのが恐くなりました。

 でも、子どもがいつまでも起きていると叱られます。

 大人たちが寝静まってから、こっそり起きて、一人で遊ぶようになりました。

 しかし、人というものは、眠らずにはいられません。

 宵待ち姫は、いつも昼間に居眠りをするようになりました。


 七つの子どもが居眠りをするので、頑固長者はたいそう心配しました。

 何人もお医者さまに見せましたが、宵待ち姫の居眠りは治りません。

 宵待ち姫が恥ずかしがって本当のことを言わなかったからです。


 そんなある日の黄昏たそがれどきでした。

 橋のたもとで、宵待ち姫が眠くてぼんやりしていると、橋の向こうから黒い人影がやってきました。

 近づいて来たその影をよく見ると、それは、いつも夢に出てくる鬼でした。

 鬼になった宵待ち姫でした。


 宵待ち姫が悲鳴をあげて逃げようとすると、鬼が言いました。


「待て。待て。宵待ち姫。これは夢だぞ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます