第四章 <Ⅳ>

「……おかしな子」


 白銀しろがね沙羅さらは、林の部屋のドアをそっと閉めると、しずかに階段を降りて寝室へ戻った。途中で娘の部屋でみつけた汚れ物を、洗面所のバスケットに放りこむ。


 あの子はだんだん扱いにくくなってくる。

 この間まで、素直な温和おとなしい子だったのに。

 反抗期の娘って、こんなものなのかしら。


「ああ、やんなっちゃうな」


 またひとりごと。沙羅は手編みのショールを掛けた肩をすくめる。

 この頃、私はひとりごとが多くなった気がする。

 気をつけないと、七つ上のあのひとより先にけそうだわ。

 沙羅は無意識にこめかみに指先をあてた。


 寝室に戻ると、開けっ放しのクローゼットが目に入った。

 その中を整理しかけていたときに、林に大声で呼ばれたのだ。


 林が深夜に起きるようになってから、沙羅も同じ時刻に目が覚める。

 あの子は小さい頃から走るのが好きだった。

 近所をジョギングしているだけなのは知っている。


 はじめのうち、そっと後をつけていたが、娘の足の速さにかなわなかった。

 いまでも時折、途中までついていくが、相変わらずいつも見失う。

 

 女の子が真夜中に出歩くのはやめてほしい。

 けれども、引きこもってしまった娘の唯一の外出を、沙羅には引き止めることが躊躇ためらわれた。

 単身赴任している夫に相談すれば、間違いなく「やめさせろ」と言うだろう。

 あのひとの言うことはいつも正しいから、相談できないことがときどきある。


 このままでいいとは思えないけれど、どうしていいのか迷いながら、黙って気づかない振りをつづけている。

 林が帰ってきて、音を忍ばせて玄関を開けるまで、沙羅は眠れなかった。


 ――もし、あの子に何かあったら、私は生きていられないと思う。


 今夜の林は、珍しくよく眠っていたが、いつもと同じ時刻に目覚めてしまった沙羅は、クローゼットの整理をしかけていたのだった。


 ――片付けものは明日にしましょう。


 パタンと半開きの扉を閉めたとき、沙羅は違和感を感じた。


 ――いまさっき、わたしは何かを手に取っていなかっただろうか。


 沙羅は細い首をかしげる


 ――それをどうしただろう。

   あたりには何も見当たらないが、元の場所に戻したのだろうか。


   まさか――。


 めまいに襲われた沙羅は、こめかみに指先を押しあてた。

 明日にしよう。もう寝ないと、体調がおかしくなってしまう。

 わたしは、ママという役目は、いつも元気でいなければならないのだから。


 ――目が覚めたら、クローゼットの整理。


 沙羅は枕に頬を埋めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます