レッツ! 体育祭 6

 2‐Bの佐藤は、午後の部の花形の一つである、『部活対抗リレー』に選ばれていた。


『部活対抗リレー』とは、その名の通り、各部活動の代表者で競うリレーである。この競技だけは紅白のチーム戦ではない。運動部は「いかにアクロバティックに走れるか」、文化部は「いかに部活をアピールできるか」に掛かっており、一着をとった部活動は「最優秀賞」、部活動をいかに魅力的にアピールしながら走ったかの「アピール賞」(こちらは最下位でも贈られることがある)など、様々な賞が用意されている(副賞あり)。おおよそ部活動が参加しており、佐藤は野球部の選手であった。


 だが、この時の佐藤は憂鬱であった。

 何故なら、『部活動対抗リレー』は、チーム戦ではないが、紅白の応援団がトラックより内側でひたすら応援しているのだ。


 そう。佐藤を悩ませているのは、『侠客風紅組応援団』の存在である。


(……友人がチアガールの格好をして踊っている姿も中々精神的に来るけど。あの紅組の「アネさん」コール、本当凄まじかったからな)


 あの存在が傍にいて走れるだろうか。身が縮んで、金縛りに遭いそうだ。走れない未来の自分を想像すると、徐々に胃が痛くなってきた。この緊張、九回目の瀬戸際で打者を任せられることより勝る。


(暫く校舎の日陰で休んでおこう。出来る限り人がいない場所に)

 しかし、佐藤が向かった場所には、既に一人の女子生徒が休んでいた。



「って、二宮さん⁉」

「あ、佐藤くん……お疲れ様」



 女子生徒は、佐藤の憂鬱の原因である二宮杏寧だった。しかし、今の彼女は着物ではなく体操服。おまけに眉をひそませ、額に汗が流れている。白い頬は日陰というのもあるが、それでも青ざめて見えた。応援団の時の威厳はどこにもなく、むしろ儚げに見える。

 雰囲気が全く違うことに安心し、彼は二宮に近づいた。


「大丈夫か? すごく顔色悪いけど」

「あー、大丈夫……。いつものことだからー」

「いつものことッ⁉」


 あはは、と乾いた声で笑う二宮。その右手の場所を確認した佐藤は、こう尋ねた。


「もしかして、胃が痛いのか?」

 佐藤の問いに、二宮は腹を擦りながら目を瞬かせる。

「すごい……。どうしてわかったの?」

「俺の父親も、胃痛持ちだったからさ」

 死んじゃったけど、と心の中で付け加える。

「どうしようか、湯たんぽを持ってこようか? こんな暑い日になんだけど……」

「あ、大丈夫。さっき薬を飲んだところだから」

「……田月を呼ぼうか?」

「出来たら、呼ばないで欲しいですー」

「……そっか」


 佐藤はおもむろに二宮の隣へ。手をついて座ると、日陰に覆われたコンクリートは、ひんやりとした。



「そろそろ、部活対抗リレーだけど、大丈夫?」

「多分……。佐藤くんも出るんだよね」

「ああ」

「次はチーム関係ないから、どちらも応援するんだっけ。一生懸命応援するね」

「はは……そういえば、すごかったな。二宮さんの応援」

「あはは……あそこまでウケるとは思わなかったよ……」


 たわいのない会話は、すぐに消える。

 二宮は持っていたペットボトルに口をつけていた。

 別に沈黙が辛いとか、何か会話を探さなければ、とは思っていなかった。

 本当に、特になんも考えず、佐藤は尋ねた。





「なあ、二宮さん。実は俺、田月からついうっかり、告白を保留されていることを知っちゃったんだけど……」





 お茶を口に含んでいた二宮は噴き出す――ことはなかったが、その後長くむせた。

 佐藤は背中を撫でるべきか悩んだが、二宮が手で制した。「大丈夫」とむせながら告げ、ようやく収まった頃に尋ねた。



「……あの、佐藤くん。それは田月くん、わざとかなあ? 天然かなあ?」

「……あいつ、抜けているところは抜けているから。多分天然」

「だよねえああああ……!」


 二宮は膝をつく。両手で覆われた顔はわからないが、首は赤くなっていた。きっと顔色も良くなっただろう。別に体調がよくなったわけではないだろうが。


「ごめん、飲んでいる時に聞いて……いや、元々聞くべきことじゃないよな」

「いや、いいよ……もぉぉ田月くん何やってるのぉぉ……」

「あ、聞いたの俺とシャルルだけだから! 噂にはなってないから!」


 二宮が何を心配しているのか気づいた佐藤は、慌ててフォローした。しかしこれはフォローになっているのだろうか。

(……この際だ、聞いてみよう)

 佐藤は、ずっとモヤモヤしていた疑問を彼女に尋ねることにした。


「……あのさ、俺が言うのもどーかとも思うんだけど。あいつ、すごく良い奴だよ」


 二宮が、顔を覆っていた手を下す。

 潤む黒い瞳が、佐藤をまっすぐ見つめる。

 その瞳が、彼女自身の人格を物語っていた。彼女は、他人の目を見て話を聞くのだ。

 汗が流れる。喉が鳴った。


「どうして、『保留』にしているか、聞いていい?」

 二宮は目を細めた。

「いいよ」

 佐藤の緊張が伝わっていたのだろう。彼を和ませるような笑顔で、彼女は答えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます