第50話 VS. 斬刃竜ハガネダチ Final.Stage

【Side:ムサシ&リーリエ&コトハ】


 雨粒を引き裂きながら、コトハの雷桜らいおうとハガネダチの頭角が真正面からぶつかり合った。

 ギインッッ! という甲高い音と共に激しく火花が散る。その火花が地面に落ちるよりも速く二撃目が再び交錯した。

 今迄の様に頭角の側面を打ち払うのではなく直接刃と刃を合わせたので、発生する火花の量も尋常では無い。しかし、そこから本来発生する筈の斬撃波が生じる事は無かった。

 それは、ハガネダチの剣閃にムサシの妨害によってが生じていたからだ。

 揺らぎ無く正確に振るわれていたからこそ、ハガネダチの一撃は本体による攻撃とは別に斬撃波と言う便利な副産物を得る事が出来ていたが、本来の鋭さが僅かでも狂うとあっという間にその岩壁すら斬り裂く余波は発生しなくなる。

 今までの戦闘からそれを理解していたコトハは、雷桜らいおうを振るうスピードを更に上げる。少なくとも、ムサシが尻尾を押さえ込んでいる間は斬撃波による負傷を気にしなくていいのだ。

 であれば、わざわざ弾く必要は無い。雷によるラインを幾重にも宙空に作り出しながら、絶え間なくコトハは連撃を叩き込んで行った。


「ハァッ!!」

「グルアッ!!」


 が、ハガネダチとてただ悪戯にこの状況を許すつもりは毛頭無い。自分のが一つ死んだ原因、それが今己の尾に張り付いているムサシにあると理解すると、一度は外した意識を再びムサシへ向け、より一層激しく尻尾を動かす。

 しかし、幾ら強く振ってもムサシがのホールドが外れる事は無かった。縦に動かして空へ放り出そうとすれば、逆にムサシの人ならざる膂力で自分の動きが更に阻害される。

 それを学習したハガネダチは、尻尾の振りを横にのみ限定する。この場所は土に埋まった骨やそれが砕けた骨粉が混ざり合い、踏ん張りが効き辛い場所。加えて、今は雨が降っているので尚の事滑る。

 如何にムサシと言えど、その状態で尻尾を横に振り回されれば、ドラゴンと人間にある大きな差……体重差による横スライドを完全に打ち消す事は出来ない。

 それでも、ムサシの足は地面から離れない。ハガネダチの苛立ちは、募るばかりだった。


「このやろっ! 他人様をおもちゃみてぇに振り回すんじゃねえ!!」


 バリバリと地面を抉り飛ばしながら、右に左に振られるムサシが悪態を吐く。が、口ではそう言いつつも腕によるロックは決して外さない。

 自由自在に伸縮する尻尾を抑えながらも、ムサシは頭をフル回転させる。

 もう一歩。もう一歩、ハガネダチの動きを制限したい。今の時点で既にあれ程正確無比で強烈だった剣を鈍らせる程にハガネダチは動きを阻害されている。

 しかし、恐ろしい事にそれでもハガネダチは頭角を振るうスピード自体は落としていない。ムサシを振り解こうとする一方、コトハの攻撃にも対応する。

 コトハが弱い訳では無い、このハガネダチが異常過ぎるのだ。だから、より速さと重さを増したコトハの苛烈な連撃も捌く事が出来る。

 このままだと持久戦になる訳だが……それでは、駄目だ。如何にコトハと言えど、スタミナ勝負ではどう頑張っても勝てない。人間とドラゴンでは、そもそもの体力が全く違うからだ。

 かと言って、リーリエに【重力グラビティ】をハガネダチに掛けて貰ったとしても、既に魔法のタネは割れている訳だから直ぐに魔方陣を斬られるのがオチだった。


(いや……待てよ?)


 その時、ムサシの頭に天啓とも言える閃きが走った。だがそれは、まともな人間であれば思い付いてもまず実行しようとは思わない無茶苦茶な作戦だ。

 しかし、。それも唯のバカでは無く大バカだった。思い付いたそれを即座に実行すべく、何の躊躇いも無くリーリエに声を飛ばした。


「リーリエッ! 重力グラビティ】を掛けろ、フルパワーでッ!!」


 その言葉に、一瞬リーリエは自分の耳を疑う。バチバチにり合っているコトハですら、ムサシの発した大声に目を見開いた。

 が、この荒れ狂う激戦の中での迷いは許されない……困惑しながらも、リーリエは魔導杖ワンドを構えた。


「っ!? ぐ、【重力グラビティ】・【加算アディション】ッ!」


 その詠唱と共に、ムサシの足元に黒い魔方陣が出現する。

 それに白の魔法文字が刻まれた瞬間――ズンッ! と言う地面が圧し潰される音と共にムサシの両足が膝付近まで地面の中に沈み込んだ。


「グガァッ!?」

「うはっ、こりゃスゲぇ!」


 今迄何度も目にしてきた重力の雨。それを全身で受けながらも、ムサシは自分の思い付きが功を奏している事を確認して、大きく笑った。

 ムサシの閃き。それは【重力グラビティ】による強烈な拘束を己の体に掛けて貰う事により、自分自身を人間アンカーにして、ハガネダチの尻尾を固定するという常軌を逸した作戦だった。

 普通は、こんな戦法は通じないし出来ない……リーリエが使う【重力グラビティ】は、並の魔導士ウィザードが使う【重力グラビティ】とは比較にならない程、強烈な効果を持つ。

 加えて、【加算アディション】による魔法強化まで施されているのだ。大型種のドラゴンすら地面に磔にするそれを、手加減無しで人間に掛ければどうなるか……まず間違いなく、ペースト状になってしまう。

 当然、それを理解していないリーリエでは無い。それでも躊躇無く魔法の行使に踏み切ったのは、相手がムサシだったから。

 ドラゴンを素手で殴り飛ばし、攻撃を食らってもケロリとした顔をする超人的な肉体を持つムサシがそうしてくれと言ったから、リーリエはそれに応えたのだ。

 その結果どうなったか。ムサシは初めて体験する超重力に晒されながらも、尻尾をホールドしながらしっかりとその意識を保ち体を維持している。

 そしてその思惑通り、膝まで地面に食い込んだムサシの体は強烈な拘束力を発揮し、ハガネダチの尻尾をその場にガッチリと縫い付けた。

 ハガネダチは強さを増した己の身を縛る拘束を振り解かんと、必死に尻尾を振るう。しかし、最早ムサシの体はビタリと地面に固定され、横スライドすらしなくなっていた。

 それどころか、ムサシは無理くり体を動かして尻尾を抱えたままじりじりと後退していく始末。当然、ハガネダチの身体はそれに引っ張られる形となる。このまま尻尾が限界を超えて伸び切ってしまえば、最早碌な動きもとれなくなってしまうだろう。

 仮に尻尾を元通り繋げて本来の形に戻しても、動かす事は叶わない。もし逃れるならば、ムサシを殺すか魔法を行使しているリーリエを殺すかしなければならなかった。


ッ!」

「グッ、ガッ!!」


 ムサシとリーリエが作り出したこの状況を、コトハは見逃さなかった。

 先刻よりも更に鈍ったハガネダチの剣閃を打ち払い、怒涛の勢いで雷桜らいおうによる苛烈な攻撃を繰り出していく。ここに来て、さしものハガネダチにも焦りが現れ始めていた。

 このままでは負ける死ぬ――長年の経験とドラゴンの本能がそれを悟った時、遂にハガネダチは後ろを振り返った。

 その視線の先にあるのは、憎きムサシの姿……では無く、自分自身の尻尾があった。そしてハガネダチは躊躇する事無く――その足枷となってしまっている尻尾に、己の頭角を振り下ろした。


「んなっ!?」


 その行動を目にした時、ムサシの口からは驚嘆の声が漏れる。

 文字通りの、ドラゴントカゲの尻尾切り。それをこんな強引な手段で行う輩が居るとは思わなかったからだ。

 分離した体節、伸縮するその柔らかい部分を頭角はあっさりと切断する。鮮血が噴き出すと同時に腕の中にあった抵抗が消えて行くのを感じて、ムサシは舌を巻いた。

 己の身体の一部であり、同時に強力な武器でもある尻尾を失おうとも、生きる事を優先するその強烈な生存本能と執念。


「強ぇなあ……だが」


 自分の策を予想だにしない方法で崩されながらも、ムサシは口角を釣り上げて嗤った。何故なら、ハガネダチが後ろを振り向いた段階で――コトハの纏う空気が変わったのを、しっかりと視ていたからだ。


 そのコトハは、ハガネダチの注意が自分から逸れた瞬間に【参式さんしき雷装武御雷らいそうたけみかづち】をしていた。

 ゆっくりと辺りの景色が流れて行く中、コトハは思考を巡らせる。

 ――ここが勝負所。自分からハガネダチの意識が完全に逸れた今が、最大の好機。だが、今まで通りではこのチャンスを活かし切る事が出来ないかもしれない。


(確実に、コイツを今この時を以って殺す。その為には……アレを使うしか、あらへん)


参式さんしき雷装武御雷らいそうたけみかづち】を解除してから心でそう結論付けたコトハは、静かに息を整えての構築を行う。

 

 それは、かつて敬愛する父が用いていた雷属性の極地たる魔法。成功すれば、確実にハガネダチを屠る自信はある。

 

 しかし、コトハは今までその魔法を使いこなす事が出来なかった。父が健在だった頃から何度も練習していたが、上手くいった試しが無い。

 だが、父は言った――『お前ならいつか使いこなせる』。父が言ったその“いつか”は、今この時を置いて他に無い。


 加速する思考の中で、コトハは目を閉じて魔法を組み上げて行く。

 やるしかない、やらなければいけない。自作魔法オリジナルを作り上げたその執念が、幾つもの糸を絡ませる事無く編んで行く様に魔法を構築していった。

 コトハの足元に、金色の魔方陣が出現する。バチバチと不安定に迸る雷を肌で感じても、コトハは目を開かない。

 脳裏に、次々と家族の姿が蘇っては消えて行く。誰も居なくなったと思った時、不意に心の中のコトハの肩を、見覚えのある大きな手と、二人分の女性の手が背後からそっと掴んだ。

 振り返れば、そこにはムサシ、リーリエ、アリアの姿があった。その三人が、しっかりとコトハの体を後ろから支える。

 それが、コトハの中にあった不安を根こそぎ取り払っていった。同時に、魔力の乱れがピタリと収まる。

 

 カチリ、と脳内に音が響く。それは、コトハが一つの壁を乗り越えた証。


 バチンッ! と一際大きな音が雨音を斬り裂き辺りに響き渡る。同時に魔方陣が強烈な光と雷を迸らせ、雷桜らいおうの斧部に雷刃を形作った。

 魔法によって形成された金色の刃は、【参式さんしき雷装武御雷らいそうたけみかづち】で作られた雷刃よりも遥かに大きく、そして長い。紫電と蒼雷による身体強化を失っても、それを帳消しにする程の破壊力を持った凄まじい巨刃。

 ハガネダチを強烈な悪寒が襲い、半ば反射的に背後に向いていた頭部を一気に振り戻し、その勢いを殺さずにコトハへと頭角を振るう……だが、もう遅い。


「いったれ、コトハァッ!!」

「いって下さい、コトハさんッ!!」


 ムサシとリーリエの叫びと共に、コトハはカッと目を見開く。緋色の瞳が自らに迫る凶刃を捉えたが、心は全く乱れなかった。



「――【神威照雷シンイショウライ天破刃斬アメノハバキリ】ッッ!!!!」



 詠唱と同時に、巨大な雷の刃を纏った雷桜らいおうが、天を駆ける稲妻の如き速度で振り抜かれる。それは寸分の狂い無くハガネダチの頭角、その根元を捉えた。



 ――キィンッ――



 全てを断ち切る必殺の一撃。そこから生じたとは思えない程、澄んだ清らかな音が一筋、辺りに木霊する。


 その音が鳴った瞬間……ハガネダチの頭部にあった筈の紫紺の剣は、その姿を消していた。


 まるで永遠を思わせる一瞬。しかし、コトハの動きはその中にあっても止まらなかった。

 鮮やかに斬り飛ばされた頭角が天高く舞い上がると、コトハは雷桜らいおうを振り抜いた速度を殺さずに、体を回転させながら跳躍する。眼下に映るは、ゆっくりとこちらを見上げようとするハガネダチの姿。

 様々な想いが去来して行く中で、コトハは一瞬たりとも迷わずに、重力と遠心力を乗せた金色の刃が煌めく雷桜らいおうを――その頸へと、一閃させた。

 

 、と何かを断ち切る感触。同時に世界が速度を取り戻し、コトハは雷桜らいおうを振り抜いた姿勢そのままに地面へと着地した。


 広がる静寂。ムサシもリーリエも、口を開かなかった。

 一拍置いて、ザンッ! と言う音と共に空から何かが降って来て、離れた場所へと突き立った。

 長大で、鋭利で、今まで幾人もの血を吸って来た人斬りの魔剣。長い年月の果て――遂に叩き斬られたハガネダチの頭角が、地面にその剣先を深々と突き刺し、沈黙していた。

 そして聞こえる、ずるっと言う生々しい音。己の得物が完全に失われたのを見届ける様にして、目を見開いたままのハガネダチの頭部が……地面へと、落ちた。

 釣られるようにして、残った巨躯もゆっくりと地面へと横たわる――完全な、死だ。


「……やったな、コトハ」


 そう口にしたムサシは、切り離された尻尾の残骸を手放して空を見上げる。


 曇天を斬り裂く様にして出来た一本の筋。そこから差し込む陽光が、血塗られた過去に終止符を打ったコトハを優しく包み込んでいく……冷たい雨は、止んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます