第206話・親友との一日

 散り散りになった白い雲が見える空。スッキリとした晴れ模様とは言えないけど、太陽の陽射しはそれなりに降り注いでいる。いい感じの陽気に涼しげな風が時折吹いて来る事を考えれば、外へ出掛けるにはおあつらえ向きの空模様と言えるだろう。

 まひろの自宅を初めて訪れてから一週間後の、ゴールデンウイークを目前に控えた四月最後の日曜日。俺はまひろと約束をしていた最寄り駅の近くにある時計搭の下へと来ていた。

 約束の十三時まではあと三十分以上もあるが、昨晩から落ち着かない気分を抱えていた俺は、結構早めに家を出てしまった。

 まひろと約束をしてからだいぶ経つのに、なぜと言うと、それはとても単純な理由で、まひろが女の子だという事をすっかり忘れていたからだ。

 男だと思っていた相手が、本当は女性だったと判明してからまだ約一ヶ月程度。それまでの十年以上はまひろを男だと思って過ごして来たんだから、その弊害へいがいは大なり小なり表に出るし、まひろへの話し方や接し方、考え方だったりと、色々な場面で現れる。これはもう、慣れてしまうまでは仕方のない事だろう。

 そうは言っても、日曜日の昼下がりに女の子と待ち合わせなんてデートみたいでドキドキするし、相手があのまひろだから、その緊張感は半端ではない。

 そして俺はその事に昨日の夜になってようやく気付き、こうして落ち着かない気分を膨らませていたと言うわけだ。


「ふうっ……」


 意識して更に緊張感が高まっていく中、時計搭の壁に背を預けてまひろがやって来るのを待つ。

 今日はまひろから『相談がある』との事でやって来たわけだが、あれからどれだけ考えてみても、いったいどんな相談事なのか分からない。その事が俺の中にある緊張感を二倍にも三倍にも高めていくが、そんな考えを頭を左右に振って振り飛ばしながら、まひろがやって来るのを待った。


「――待たせてごめんなさい。龍之介君」


 高まる緊張感の中でまひろを待ち、それがピークを迎えた頃。俺の左側から可愛らしくも涼やかな声音で名前が呼ばれるのが聞こえ、俺は緊張で出た手汗を軽くズボンで拭ってからまひろの方へと振り向いた。


「いや、そんな事ないから大丈夫。おっ!?」

「あ、あの……やっぱり変かな?」

「いや、別に変な事はないけど。でも、何で学生服を?」

「それはその……今まで女生徒用の学生服を着れなかったから、なんだか嬉しくてつい……」


 そう言うとまひろは、恥ずかしそうにしながら顔を俯かせた。

 まひろはきっと、自分でも学生服を着て来た事に対して変だという思いはあったんだと思う。だけど、まひろの気持ちは分かる気がする。俺も中学高校と進学した時には、嬉しくて何度も新しい制服に着替えていた覚えがあるから。

 それにまひろは今までずっと女生徒用の制服を着る事ができなかったわけだから、その気持ちは俺が感じていたものよりも更に強いんだと思う。そう考えれば、前にまひろの家を訪ねた時に制服姿だった事にも納得できる。


「なるほどな。俺は大丈夫だから気にしないでいいよ」

「うん。ありがとう」


 俯かせていた顔を上げ、にこやかに微笑むまひろはそれはもう可愛らしく、ギュッと抱き締めたくなる衝動に駆られてしまう。しかし、女性であるまひろをこんな公衆の面前で抱き締めるわけにはいかない。もしもそんな事をすれば、間違いなくまひろに嫌われるだろうから。

 まあ、例え二人っきりだったとしてもそんな事はしない。そんな度胸なんて初めっから持ち合わせていないから。


「ところで、相談て何なんだ? この場で話せる事?」

「あ、えっと……ちょっと二人で行きたい所があって。一緒に来てもらってもいいかな?」

「ああ。いいよ」

「ありがとう。それじゃあ、行こう」


 そう言うとまひろは、てくてくと商店街がある方へ歩き始めた。俺はそんなまひろの歩調に合わせて隣に並び、どこへ向かうのだろうかと思いながらとりあえず歩いた。


「――二人で行きたかった所って、ここ?」

「う、うん……ここ」


 商店街の中にある携帯ショップの前で立ち止まったまひろは、恥ずかしげにしながらそう答え、そそくさと店の中へ向かって行く。


「ほ、ほら。龍之介君も早く来て」

「あ、ああ」


 自動ドアを抜けた先で、恥ずかしげに小さく手招きをするまひろ。そんな可愛らしいまひろに釣られる様にして入店すると、まひろはさっそく最新モデルの携帯が展示されている場所へと向かった。


「これ、色がいいね♪」


 展示されているライトブルーの携帯を手に持つと、まひろは物珍しそうにしながらテンション高く色々な部分を見始めた。

 最近は小学生でも携帯は持っている事が多いし、今のまひろみたいにテンション高く騒ぐほどの物ではないはずなんだけど、まひろは本当に楽しそうに持っている携帯を見ている。


「……ところでまひろ。俺に相談て何だったんだ?」

「あっ、そうだったね……」


 携帯を前にして浮かれていたまひろは、ハッとしてから持っていた携帯を元の場所に戻すと、俺の側へと来てから小さく口を開いた。


「あ、あのね……私も携帯を持ちたかったから、どれがいいのか一緒に選んでほしかったの……」

「もしかして、それが俺にしたかった相談事なのか?」

「う、うん……」


 もじもじとしながら遠慮がちに小さな声でそう言うまひろ。

 相談事と言うからどんな事だろうかと思っていたけど、この内容は本当に意外で意表を突かれた。


「まあ、一緒に携帯を選ぶのはいいんだけど、何でみんなには知られたくなかったんだ?」

「……だって、みんな携帯を持ってるのが当たり前みたいだし、私だけ持ってないなんて恥ずかしくて言えなかったから……」


 ――なるほど。それが理由で俺だけに相談したかったってわけか。


 そんな事は気にしなくていいのに――とは思うけど、それは携帯を持ってる俺がそう思うだけで、まひろにとってはそうじゃないんだろう。

 それにしても、まひろは忘れてるみたいだからあえて言おうとは思わないけど、少なくとも茜と杏子は、まひろが携帯を持ってない事を知っているはずだ。なにせ中学二年生の四人で遊んでいる時に携帯の話題になり、その時にまひろははっきりと、携帯を持ってない――と答えているんだから。


「分かったよ。それじゃあ、一緒に気に入りそうな携帯を探してみよう」

「ありがとう。龍之介君」

「おう。そんじゃまあ、とりあえず店内を見て回って、まひろが好きなデザインの携帯をいくつか選んでみようぜ」

「うん♪」


 まひろは嬉しそうに表情をほころばせると、さっそく他の携帯を手に取って品定めを始めた。そしてそんなまひろの様子を見ていると、俺も初めて携帯を選びに来た時の事を思い出す。

 俺が携帯を初めて買い与えてもらったのは、中学生になって間もない頃の事だった。あの時は本当に嬉しくて、しばらくの間は暇さえあればずっと携帯をいじっていたのを覚えている。それを考えると、今のまひろはまさにあの時の俺と似た様なるんるん気分でいるのは間違い無いだろう。

 あれやこれやと携帯を手に取っては見ているまひろを横目で見つつ、俺も気になる携帯を手に取る。


 ――おっ、これいいな。


 シックでシンプルなデザインの黒色スマホを手に取り、脇に置いてある説明書へと視線を移す。


 ――へえー。これ、電池容量が結構あるな。


 今使ってる携帯は初めて買ってもらった物だから、そろそろ色々な部分にガタがきてるし、デザインも今では古臭く感じる。そして何よりも問題なのは、電池の減りが凄まじく早いから、ゲームなんかをしたら三十分も持たずにバッテリー切れを起こす事だ。


 ――そろそろ買い替え時だとは思ってたし、この際丁度いいのかもな。


「――龍之介君。とりあえず候補を三つまで絞ってみたよ」

「どれどれ?」


 携帯ショップに来てから約二十分後。候補の携帯を手に持ったまひろがそれを見せてきた。


「なるほど。まひろはガラケーとスマホのどっちがいいんだ?」

「がらけー?」


 まひろはそう言って小首を傾げた。

 一般的にガラケーと言えば、スマホが登場する前の携帯という認識だと思うが、今まで携帯を持った事がないまひろには分からない単語だったんだろう。


「えっと、ガラケーって言うのはガラパゴス携帯の略で、まひろが右手に持ってるスマホが販売される前からあった携帯の事だよ」

「そうなんだ。具体的にはどんな違いがあるの?」

「そうだなあ……俺もそんなに詳しいわけじゃないけど、ガラケーは携帯電話、スマホは通信に特化したツールって感じかな」

「スマホは携帯電話じゃないの?」

「いや、スマホもちゃんとした携帯電話なんだけど、どっちかって言うと電話で使うって一面が薄いんだ。だからイメージ的には、電話機能の付いた小さなノートパソコンを持ち歩いてる――みたいな感じなんだよ。だからインターネットや通信ゲームなんかをよく使う事が前提なら、スマホを選ぶって感じになるのかな」

「そっか。使い勝手はどっちがいいのかな?」

「そうだな……俺はガラケーを使った事が無いからよく分からないけど、スマホはタッチパネル操作だから、ボタン式のガラケーよりは使いやすいイメージがあるかなあ。まあ、どっちも慣れだとは思うけどさ」

「そっか……それじゃあどっちにしようかなあ……」


 ガラケーとスマホを交互に見ながら真剣な様子で悩むまひろ。初めての事なんだから、悩むのも当たり前だろう。そして俺はそんな一生懸命に悩んでいるまひろの様子を見ながら、ふと目に映った銀色のスマホを手に取った。


「結構いいデザインだな。これに買い替えよっかなあ」

「携帯、買い替えるの?」

「今使ってるやつは結構ガタがきてるから、そろそろ買い替えなきゃとは思ってたんだよ」

「そうなんだ……ねえ。それ、私にも見せてくれないかな?」

「いいよ」


 手に持っていた携帯を近くの展示棚にそっと置いたまひろは、俺が手渡したスマホを観察する様にまじまじと見回す。


「……龍之介君はこれに買い替えるの?」

「今日はちょっと無理だけど、本体を取り置きをしてもらって、後日機種変更に来るよ」

「そっか……うん、私決めた。龍之介君と同じ携帯にする」

「えっ!? 何で!?」

「そ、それは……龍之介君がこれにするなら、私も同じ物にしておけば色々と教えてもらえると思ったから……ダメ?」

「いや、別に駄目って事はないけど、色とかデザインとか好みもあるだろうし、わざわざ俺と同じ機種にしなくても、使い方はちゃんと教えるぜ?」

「それなら大丈夫だよ。別に色もデザインも嫌いじゃないし、それに――」

「それに?」

「ううん。なんでもない。それじゃあ龍之介君、私はこれに決めたから、あとで使い方を教えてね?」

「あ、ああ。うん。分かったよ」

「ありがとう」


 まひろはにこやかな笑顔でそう言うと、持って来ていた携帯を元の場所に戻してから契約に向かった。ちなみにまひろはこの日の為に、ちゃんと契約に必要な書類をアナスタシアさんに言って揃えていたらしく、契約についてはこれと言った問題も無く進んだ。

 そして滞りなく契約が終了したあと、俺はまひろと一緒に近くにあるワクワクバーガーへと訪れ、そこでスマホの基本的な操作やアプリの設定の仕方などを教えていた。


「――てな感じで、文章を作る時には今したみたいにやるんだ。分かったか?」

「うん。分かった」

「とりあえず今まで教えたのが基本的な使い方だから、あとは自分で色々といじってみながら覚えるといいよ」

「うん、ありがとう。それと、一つお願いがあるんだけどいいかな?」

「お願い? 何だ?」

「電話番号はさっき教えてもらったから、龍之介君とメッセージのやり取りができる様にしてほしいんだけど、いいかな?」


 照れくさそうにそんな事を聞いてくるまひろが可愛くてたまらない。


 ――やっぱり男装してた時に何度か抱き締めておけばよかったな……。


「いいよ。せっかくなんだから、メッセージのやり取りもできる様にしておきたいもんな」


 まひろと知り合ってから十数年。俺達は知り合ってから初の連絡先交換をした。


「ありがとう。これでいつでも龍之介君とお話したり、メッセージのやり取りができるんだね♪」

「あ、ああ。そうだな」


 本当に嬉しそうな満面の笑顔でそう言われると、嬉しく感じると同時に気恥ずかしくもなる。でもまあ、まひろがこんなに喜んでくれたんだから、それは本当に良かったと思う。

 それからしばらくの間ワクワクバーガーで談笑をしたあと、俺は満足げな表情をしたまひろと駅前で別れて自宅へと戻った。


× × × ×


 まひろの携帯選びに付き合ったその日の夜。

 机に向かって制作研究部で使うシナリオのまとめをしていると、机の上に置いてある携帯がブルブルッと震えながら、メッセージが来た事を告げた。誰からだろうと思ってすぐにメッセージ画面を開くと、そこには今日登録したばかりの涼風まひろの名前が表示されていた。

 使い方を覚える為に色々と試してるんだろうなと思いながらメッセージ画面を開くと、そこには『今日はありがとう。これからもよろしくお願いします』という文章と、それに続いて可愛らしいうさぎのスタンプが載せられていた。たどたどしい感じの文章やスタンプのチョイスが初心者らしくて可愛らしく、思わず表情が緩まる。

 俺はそんなまひろのメッセージに対し、即座に返答の文章を書いた。すると時間こそかかったものの、しっかりと返答の文章が返って来た。そしてそこからまひろとのメッセージのやり取りが始まったわけだが、その内容は本当に他愛のないもので、テレビの話や学園での話、スマホの使い方の質問など、本当に些細な事だ。

 おそらく今のまひろは、初めて手にした携帯を前に興奮している状態なんだと思う。俺も最初に携帯を持った時は、無暗やたらに友達へメッセージを送っていたから気持ちはよく分かる。だからまひろとのやり取りは、しっかりと付き合おうと思った。だってまひろは、俺の大切な親友なんだから。

 そんな事を思いながらまひろとのやり取りを続け、そのやり取りは深夜遅くまで続いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます