第205話・みんなと作る思い出の時間

 俺と杏子がこうしてまひろの家を訪ねる事になった経緯は単純だ。

 制作研究部の活動を行う為、休日である今日も制作研究部の部室へみんな集合する事になっていたんだけど、前日になって文化部棟、運動部棟を含めた各施設の安全点検が急遽きゅうきょ実施される事になってしまった。そしてそれを聞いた俺達は、予定していた部活を代わりにどこでやろうかと考えた。

 案としては手堅くいつものファミレスという意見が出たけど、その時にまひろが、『私の家に来て部活をしない?』と言ったのが、今日まひろの家を訪れる事になった切っ掛けだ。

 まひろとは長い付き合いである俺や杏子、そして茜でさえ、まひろの家には一度も行った事が無い。と言うか、自宅の場所すら知らなかった。そして俺達は、そんなまひろからの提案を二つ返事で受け入れた。

 興味本位――と言えばそれまでだけど、小学校二年生の時に知り合ってから今まで、まひろの私生活については謎が多かった。もちろん色々と話を聞いてみた事はあったけど、本人があまり私生活の事を話したがらなかったから、俺もなんとなく話を聞かなくなった。

 まあその理由は、女性でありながら深い事情で男として過ごしていた自分の事を知られない為だったわけだが。


「――お待たせしてごめんなさい。準備に手間取ってしまって」


 まひろの母親であるアナスタシアさんとロシアンティーを飲みながらしばらく会話を交わしていると、花嵐恋からんこえ学園の制服の上に可愛らしいうさぎのイラストが描かれた黄色のエプロンを身に着けたまひろが、小さく開けた部屋の扉からちょこんと顔を覗かせてから中へと入って来た。そしてその姿は、二年生の時にあった花嫁選抜コンテストの時よりも可愛らしい。


「頬に白いのが付いてるぞ」

「えっ!?」


 俺が自分の右頬を指差してそう言うと、まひろは部屋にあるインテリアが置かれた場所へと向かい、そこに置いてあった小さなスタンドミラーを覗き見た。


「あっ……」


 鏡に映った自分の顔を見たまひろは恥ずかしげな声を短く上げると、そそくさと部屋を出て行った。


「ふふっ。今日は朝から皆さんが来ると張り切っていましたからね。今までは家に居てもどこか寂しそうな表情ばかりだったので、あんなに楽しそうな娘の姿を見ていると本当に安心します」


 部屋を出て行ったまひろを見たあと、アナスタシアさんは本当に嬉しそうな微笑を見せながらそう言った。

 小学校二年生からほんの少し前まで、まひろは男として過ごしていた。帰っても寂しそうにしていたというまひろの姿を見て、アナスタシアさんはどれだけ心を痛めていたのだろうか。だけど柔和な笑顔を浮かべているその表情を見ていると、アナスタシアさんにもようやく心休まる時が訪れたのだろうと思える。


「さあ。そろそろ昼食の準備が終わっている頃だと思いますので、そちらへ案内しますね。どうぞこちらへ」


 アナスタシアさんはソファーからスッと立ち上がると、優雅で気品ある振る舞いで目的の部屋へと案内を始めてくれた。そして沢山の様々な料理が並ぶ大きなテーブルがある部屋へと通された俺と杏子は、そこで残りの制作研究部メンバーとまひろがやって来るのを待った。


「――すっごーい!」


 落ち着かないほどに広く高級感溢れる部屋を見回しながら、静かにみんなを待っていたお昼前。部屋の扉がガチャッと音を立てて大きく開き、そこからとても見慣れた人物が姿を現した。


「茜、声が大きいぞ。ご近所迷惑になるじゃないか」

「あっ、ごめんごめん」

「こんにちは。茜さん」

「こんにちは、杏子ちゃん。二人共、来るの早かったみたいだね」

「まあ、こっちは特に用事も無かったしな。ところで、他の面子は?」

「美月ちゃん達はちょっと遅れて来るみたい。さっき携帯に連絡があったよ」

「そっか。それじゃあ、もう少し大人しく待つか」

「うん。それにしても凄い料理だね。これ全部まひろく――まひろちゃんが作ったの?」


 まひろが女性である事を明かしてからまだ間もないせいか、茜も未だにまひろの事を『まひろ君』と呼んでしまいそうな時がある。でも、それは仕方ない。長い間慣れ親しんだ呼び方をすぐに変えられるほど、人間は器用にできていないのだから。


「そうらしいぜ。朝早くから起きて頑張ってたんだとさ」

「初めて私達を自宅に誘ったから、張り切ってるのかな?」

「まあ、そんなところだろうな。さっき部屋に来た時も、頬に白い粉を付けてたしな」

「ふふっ。なんだか可愛らしいね」

「だな」


 こうして茜を交えた俺と杏子は、そこから制作研究部のメンバーが揃うまでの間、まひろの話に花を咲かせた。

 そして茜が来てから十数分が過ぎる頃には制作研究部のメンバーが次々と揃い、全員が揃ったところで昼食が開始となった。


「この野菜天ぷらの盛り合わせ、凄く美味しいです!」

「ホント? 良かった……」


 野菜天ぷらを上品に口へと運んだ美月さんは、ゆっくりと味わう様に天ぷらを咀嚼そしゃくしたあとで表情をほころばせた。


「涼風先輩。この煮物凄く美味しいですけど、味付けには何を使ってるんですか?」

「あ、えっとね、お醤油の代わりに麺つゆを使ってるの」

「あー、なるほど。それでかつお出汁だしの風味がいい感じに出てるんですね。納得です。今度私も試してみますね」

「うん」


 そう言って再び煮物へと箸を伸ばす愛紗。食事を楽しみながらも美味しい料理への研究を怠らないその姿勢は、相変わらず見事としか言い様がない。


「りゅ、龍之介君はどう? お口に合うかな?」

「凄く美味しいよ。花嫁選抜コンテストの時にもまひろの料理は食べたけど、あの時よりも更に美味しくなってると思うよ」

「あ、ありがとう。龍之介君……」

「お、おう」


 恥ずかしそうにしながらも口元を緩めているその様は、とても嬉しそうに見えた。

 それにしても、こうしてまひろが女性だという事が判明した今、以前から感じていたまひろの可愛さは二倍にも三倍にも跳ね上がって感じられる。

 しかも花嫁選抜コンテストの料理審査の時と同様に、制服にエプロン姿というのがまたいい。あの時はまひろを男だと思っていたから、妄想の中で女性のまひろを想像するしかなかったけど、今はそんな想像をするは必要がない。だって目の前の席に座って居るまひろは、正真正銘の可愛らしい女の子なのだから。


「ねえ、鳴沢君。花嫁選抜コンテストって何?」


 まひろのあまりの可愛らしさに照れてしまい、右手で軽く頬をポリポリ掻いていると、興味津々と言った感じでまひろの右隣に座っている桐生きりゅうさんが問い掛けてきた。


「去年の花嵐恋からんこえ学園でやったイベントで、学園長の知り合いが花嫁衣裳のパンフレット作成の為に、学園の生徒をモデルに使いたいって頼んできたんだよ。それでそのモデルを務める人を選ぶ時にやったのが、花嫁選抜コンテストってわけ」

「へえー。なんだか面白そうな事をしてたんだね。もっと詳しくその時の話を聞かせてよ」

「それじゃあ、リクエストに答えてその時の話をしよっか」

「やった! 流石は鳴沢君だねっ!」

「へ、変な話はしないで下さいね? 先輩」


 なぜか慌てふためく愛紗に『変な事なんて言わないよ』と言い、俺は食事を楽しみながら懐かしい花嫁選抜コンテストの時の話をした。そしてその懐かしい去年の思い出話は大いに盛り上がり、みんなでとても楽しい昼食タイムを過ごす事ができた。

 こうして昼食後に今日の本題である制作研究部の活動を始め、久しぶりに全員が集合をした状態での部活を無駄にしない様にと、一生懸命に活動をした。


× × × ×


 陽もすっかり落ちて暗くなった十九時頃。俺達はまひろの家を出て帰ろうとしていた。


「ああー。結構頑張ったなあー」


 身体の中に溜まった疲れを追い出す様にして両手を高く天に向かって上げ、身体全体を後ろにらせて大きく伸びをする。


「お兄ちゃん頑張ってたもんね」

「こうして全員が揃う機会はあんまりないからな。こういった時にできる事はしておかないと」

「お兄ちゃんにしては珍しく真面目だよね」

「おいおい、誤解を招く様な事を言うなよ。お兄さんはいつでもどこでも真面目じゃないか」

「「えー!?」」


 その言葉に対してほぼ同時に声を上げたのは、妹の杏子と茜だった。

 ちょっとしたボケのつもりでそう言ったのだから、それなりにいいツッコミが来る事を俺は期待していた。しかし、二人の口から出たのは反論でもツッコミでもなく、不満げなその一言のみ。どうせなら『そうだよねー、って、なんでやねん!』くらいの、ベタなノリツッコミでも入れてもらった方がまだいい。


「はいはい。俺が悪うございましたよ……」


 二人のボケ殺しに溜息を吐いたあと、俺は両肩を落とした。

 この二人にこの手のボケは通用しないみたいなので、今度は本気の返答をされないボケで挑むとしよう。


「ふふっ。では皆さん、今日は遅くまでお疲れ様でした。まひろさんも、ご自宅を活動の場として提供していただいて、本当にありがとうございます」

「ううん。こちらこそ、わざわざみんなに来てもらって嬉しかった。良かったらまた遊びに来てね?」

「はい。それじゃあ皆さん、駅まで一緒に行きましょう」


 美月さんはにこやかな笑顔を浮かべると、駅の方へと向かって歩き始めた。そしてみんなもまひろに向けてそれぞれお礼を言うと、美月さんに続いて駅の方へと向かい始める。


「それじゃあまひろ、今日はありがとな。また学園で」

「うん。あっ、龍之介君。ちょっといいかな?」

「ん? 何? どうかした?」


 一番最後に挨拶をして杏子達の居る方へ向かおうとした途端、俺はすぐさま呼び止められてまひろの方を振り向いた。するとまひろは素早く俺へと近付き、遠慮がちに小さく口を開いた。


「次のお休みだけど、何か予定はあるかな?」

「次の休み? 別に予定は無いけど」

「それじゃあ良かったらだけど、その日に少しだけ付き合ってくれないかな? ちょっと龍之介君に相談したい事があるから……」


 まひろが女性である事を明かしてからまだ間もない。だから『相談したい事がある』という言葉を聞いた俺は、もしかしたら女性なのを明かした事で、何か不都合な事が起こったのかもしれないと思ってしまった。


「……何か深刻な事?」

「あっ、ううん。全然深刻な話とかじゃないの。ただその……ちょっと恥ずかしいから、あんまりみんなには知られたくないだけで……」


 白い肌を赤らめながらモジモジするまひろの姿はかつてないほどの可愛らしさを感じさせ、こんな事なら男だと思っていた時に遠慮無く抱き締めておけば良かった――などと、よこしまな考えすら浮かんでしまうくらいだ。


「そっか。分かったよ。次の休みでいいんだな?」

「う、うん」

「それじゃあ、次の休みの十三時に、いつもの時計搭下で待ち合わせでいい?」

「うん。それでいい。ありがとう、龍之介君」

「お、おう」


 その愛らしい微笑みに胸を撃ち抜かれそうになり、思わず視線をらす。

 まひろが女の子だったらいいな――と思い続け、それが現実になったというのに、その途端に色々と意識してしまい、その姿をまともに見られなくなってしまった。本当に困ったもんだ。

 しかし、よくよく考えてみると、俺はまひろが男として過ごしていた時から心ときめく感情があったわけだから、実際はその時から大した心情の変化はしていないのかもしれない。


「お兄ちゃーん! 早く来ないと置いてくよー!」

「おーう! 今行くー! それじゃあまひろ、また明日」

「うん。また明日ね」


 右手を小さく上げて手を振るまひろに向け、俺も同じく小さく右手を振ってから杏子達のもとへと向かい始める。


「みんなには知られたくない相談か……いったい何だろ?」


 まひろが恥ずかしいと感じそうな事を思い浮かべながら、相談の内容を予想し始める。しかし、まひろが恥ずかしいと感じそうな事はかなり思いつくので、結局どれが相談されそうな内容なのか、俺には予想をつける事はできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます