第204話・初めての自宅訪問

 薄紅色の花を咲かせていた桜もすっかり散り、迎えた四月後半のお昼前。俺は妹の杏子と一緒に最寄り駅へと向かい、三駅離れた駅で降りた。そしてそこからはまひろに教えてもらった住所を携帯で検索し、まひろの家へと向かい始めた。


「……ここで間違ってないよな?」

「お兄ちゃんの検索した住所が間違ってなければね」


 持っている携帯を杏子に見せながら、俺は目の前にある現実を見て驚きと憧れを交えた溜息を吐き出した。

 こうしてまひろの家を訪ねるのは初めてだけど、目に映る大きな洋風のお屋敷を見た俺は、そのあまりにも現実離れした大きなお屋敷を前にし、マヌケにも口を半開きにした状態でそのお屋敷を見つめていた。


「マジでこのお屋敷がまひろの家なのか?」

「地図の位置と住所はここで間違ってないと思うし、多分ここだと思うよ?」

「だとしたら、まひろってとんでもなくお嬢様だったんだな……」


 土地の広さがどれくらいあるのかは分からないけど、高さ約五メートル、横幅が約十メートルほどはあるだろう大きな柵門さくもんからお屋敷までの距離は、ぱっと見ただけでもかなりある。


「お兄ちゃん。呆気に取られてないでチャイム押さないと」

「あ、ああ。そうだな」


 杏子の言葉にハッとした俺は、大きな柵門の右にある門柱に取り付けられた呼び出しボタンを押した。


「――はい。どちら様でしょうか?」


 インターフォンを鳴らしてからしばらくすると、スピーカーからまひろとは違う涼やかで品を感じる女性の声が聞こえてきた。


「あっ、あの、僕はまひろさんの友達で、鳴沢龍之介と言います。今日はまひろさんのお誘いでやって来ました」

「あなたが龍之介さんでしたか。娘のまひろがいつもお世話になっております。今門を開けますね」


 そう言われた次の瞬間、大きな柵門が真ん中から左右にゆっくりと分かれ、内側へと向かって開き始めた。


「さあ、どうぞお入り下さい。私も玄関へ向かいますので、ご遠慮なく扉を開けて中入り下さい」

「ありがとうございます。杏子、行くぞ」

「うん」


 手土産として持って来たケーキの箱をしっかりと持ち直し、大きなお屋敷の玄関先へ向けて進み始める。


「――いらっしゃいませ。遠い中お越し下さり、本当にありがとうございます。心より歓迎致します」


 玄関までの長い道を歩き、その扉を開いて中へ入ると、そこには見目麗みめうるわしい、長身で金髪の青い瞳をした和服姿の女性が立っていた。その優しげな表情と顔立ちはとてもまひろに似ていて、まひろは母親似なんだな――と、強くそう思った。


「初めまして。僕は鳴沢龍之介と言います。こっちは妹の杏子です」

「初めまして。鳴沢杏子です」

「お二人共、初めまして。私はまひろの母で、アナスタシアと申します。以後、よろしくお願いしますね」

「こ、こちらこそ、よろしくお願いします」


 優雅に、それでいて上品にペコリと頭を下げるアナスタシアさん。初めてお会いしたからというのもあるけど、それ以上にアナスタシアさんが美人過ぎて、俺はかつて無いほどの異常な緊張をしていた。世の中に美人は沢山居るとは思うけど、これほどまでに目を奪われる美人は見た事がない。

 そしてまひろもアナスタシアさんの様になるのかなと想像するだけで、胸のドキドキが止まらなくなる。


「さあ。娘も今日が来るのを心待ちにしていましたので、どうぞお上がり下さい」


 アナスタシアさんはそう言うと、床に置いてある高級そうなふかふかのスリッパを右手全体を使って上品に指し示した。


「ありがとうございます。それでは、お邪魔します」

「お邪魔します」


 緊張しながらも靴を脱いでスリッパを履き、脱いだ靴を揃えて玄関の隅へと並べる。そしてそれが終わると、アナスタシアさんは『こちらへどうぞ』と言ってからお屋敷の中にある一室へと俺達を案内してくれた。


「――お口に合うかは分かりませんが、是非お召し上がり下さい」


 約二十畳ほどはあるだろうかという広い洋室へ案内されたあと、お茶を用意する為に部屋を出ていたアナスタシアさんが戻って来た。

 アナスタシアさんは持っていたシルバーのトレイの上にあるティーソーサーを持ち、それを透明なテーブルの上へと置き始める。そして三人分のティーカップがテーブル上に揃うと、今度は綺麗な色をしたジャムの様な物が入った小さなお皿とスプーンを並べ始めた。


「あの、これは何ですか?」

「こちらはジャムです。お二人から向かって左側から、ラズベリー、ストロベリー、ローズで、一番右側の物が蜂蜜です」


 杏子の問い掛けに対し、アナスタシアさんは丁寧に手を添えながら器を指し示してくれる。

 まひろの母親がロシア人だという事は昔から聞いていたから、紅茶と一緒に出てきたそれがジャムなんだろうという事はなんとなく想像がついた。しかし、現実として紅茶と一緒に出てくるのを目の当たりにすると、どこか非日常的なものを感じる。


「それじゃあ、これがロシアンティーなんですね? 体験するのは初めてですけど、確かお好みのジャムを紅茶に入れて飲むんですよね?」

「確かにそう仰られる方は多いのですが、ロシアでは紅茶に直接ジャムを入れて飲む人はほぼ居ません」

「えっ!? そうなんですか?」


 その言葉に思わず声が出た。なぜなら俺も、杏子の言う様にロシアンティーはお好みのジャムを入れて飲む物だと思っていたからだ。


「どうしてロシアンティーがジャムを直接入れて飲む――と伝わったのかは分かりませんが、ロシアンティーはスプーンでお好みのジャムを口に含んでから紅茶を飲む――というのが普通なんです」

「そうだったんですね。初めて知りました」


 自分の知識が正しいと、常識だと思っていたものが覆る瞬間というのはある。それは歴史の中でも見られる事で、一般的によく知られている事を例に出すとしたら、天動説と地動説が有名ではないだろうか。

 大雑把に言えば、太陽や他の天体が地球を中心に回っているか、太陽を中心に回っているかという違いだが、二世紀から十五世紀頃までは地球を中心に太陽や天体が回っている天動説が世間での常識であり正しい認識だった。しかし十六世紀頃には天動説に異を唱える地動説が提言され、十七世紀頃に望遠鏡が世に出てからは天動説の矛盾が証明され、今の地動説が世間の常識と正しい認識に成り代わっていったという歴史がある。

 こんな出来事を思うと、今ある知識を無闇に話すのは、もしかしたら恥ずかしい事なのかもしれない。けれどそれは、人間が日々色々な物事に対して真実を追い求めているからであって、決して恥ずかしい事ではないはずだ。要は変化に敏感になり、その変化を受け入れられるかどうかが重要なんだと思う。


「それじゃあ、さっそくいただきます」


 目の前にあるジャムが入ったお皿を見ながら、まずはどれを口に含んでみようかと考える。しかし本場のロシアンティーの飲み方に挑戦するのは初めてだし、どれを最初にしようかと迷ってしまう。


「もしもどれを選ぼうか迷っているのでしたら、私はローズをお勧めします。薔薇の香りが鼻に抜けてとても美味しいですよ」

「そうなんですね。それじゃあ、ローズをいただきます」


 ティーソーサーに添えられたスプーンを手に持ち、小さなお皿に入っているローズジャムを適量と思われるくらいにすくってから口の中へと運び、続けて紅茶を口にする。


「おお……」


 ローズジャムが温かい紅茶の温度でゆっくりと溶け、口いっぱいに薔薇の味を広げると共に、そのかぐわしい薔薇の匂いを鼻へと伝わらせる。


「いかがですか?」

「とっても美味しいです! 薔薇の風味がふわーっと口全体に広がって、それと同時に鼻に抜けて来る香りが凄くいいです」

「お気に召していただいた様で良かったです」

「はい! 杏子、お前も飲んでみろよ」

「うん」


 その言葉に従い、杏子も同じくローズジャムを口に含んでから紅茶を口にする。


「本当だ! 凄く美味しい!」

「良かったです。これからお茶請おちゃうけも持って来ますので、どうぞごゆっくりとなさって下さい」


 それからアナスタシアさんがお茶請けを持って戻って来るまでの間、俺と杏子はそれぞれのジャムで紅茶を味わいながら、初めてのロシアンティー体験を楽しんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます