第198話・悪友への計らい

「龍之介。ちょっと相談があるんだ」


 四月も中旬を迎えたある日の放課後。クラスメイトが次々と教室から出て行く中、同じく鞄を持って教室を出ようとしていた俺のところへ渡がやって来た。

 渡に関わると面倒に巻き込まれる事が多いので、いつもなら華麗なスルーを決め込んで颯爽さっそうと横を通り抜けてい行くんだけど、今日は妙に晴れない表情を浮かべているのが気になった。


「何だ? どうした?」

「ここじゃ話せないから、ちょっと屋上まで来てくれないか?」


 渡は一言そう言うと、さっさと屋上の方へ向かい始めた。


「たくっ……何だってんだ?」


 渡らしくない態度に調子が狂いながらも、俺はとりあえず渡のあとについて屋上へと向かった。


「――で? 俺に何の相談があるんだ?」


 屋上へ来てから奥にある柵の方へと着いた瞬間、俺は率直にそう問い掛けた。いつもなら『貸す金は無いぞ?』くらいの事は言うんだけど、今の渡の雰囲気を見るとそんな事は言えない。


「あの……俺さ、どうしたらいいと思う?」

「は? どうもこうも、何があったのかを言わなきゃ答えられないだろ?」

「そ、そうだよな……」

「そうだよ。いったいどうしたんだ? お前らしくもない」


 俺が少し呆れ気味にそう言いながら柵に寄りかかると、渡はふうっと大きく息を吐き出してから口を開いた。


「……実はさ、俺、一週間くらい前に鈴音に告白されたんだよ」

「えっ!? マジでか!?」


 その言葉に驚きを隠せなかった俺は、寄りかかっていた柵から勢い良く身体を離し、前のめり姿勢になった。


「あ、ああ。マジだよ……」

「そうか! それで? 秋野さんには何て返事をしたんだ?」

「その……返事はまだしてないんだよ……」

「はあっ!? 何でだよ?」

「だってよ、まさか鈴音が俺の事を好きだったなんて思ってなかったし、正直そういう対象として見てなかったから、その時はどう答えていいか分からなかったんだよ……」

「なるほど。つまり相談てのは、秋野さんの告白にどう答えればいいかって事か?」

「まあ、簡単に言えばそうだな……」


 右手の人差し指でぽりぽりと頭を掻きながら視線をらし、らしくないしょぼくれた表情を浮かべる渡。そんな普段との違いがちょっと微笑ましく感じた俺は、再び柵に身体を預けてから口を開いた。


「相談したい事はよく分かった。それでまず聞いておきたいんだが、お前は秋野さんの事をどう思ってるんだ?」

「……告白されてから色々と考えたんだけど、正直まだよく分からないんだ。鈴音とはずっと一緒に居た仲だけど、異性として意識した事はなかったんだよ。もちろん鈴音の事は大切だけどさ」

「なるほど。それじゃあもし、秋野さんが他の男と付き合ったりしたら、お前はどう思う?」

「……正直に言えば嫌かもしれない。あいつぼーっとしてるところもあるし、お人好しだし、悪い奴に引っかかったら泣く事になるかもしれないしからな……」


 秋野さんのそういった部分をしっかりと把握しているところは、流石は幼馴染と言ったところだろう。


「だったらお前が彼氏になって、秋野さんを守ったらいいんじゃないか? お前だって、秋野さんの事が嫌いなわけじゃないんだし」

「そりゃあ、嫌いなわけないさ。でもさ、こんな中途半端な感じで鈴音と付き合ったりしていいのかなって、そう思っちゃうんだよな……」


 普段は相当ちゃらけてるくせに、しっかりと秋野さんの事を考えているところは尊敬に値する。

 それにしても、告白の返答をどうすればいいのかを相談してきたってのに、その答えがほぼ出てるのが面白い。

 渡は気付いてないと思うけど、秋野さんへの好意は持っていると思える。ただ、幼馴染という関係が続いてきたせいで、その想いに鈍感になってるだけなんだろうと思う。


「まあ、気持ちは分からんでもないけど、付き合ってる内に相手の事を好きになっていく――みたいな事もあるって聞くし、悪い事じゃないと思うけどな。もちろん相手には、しっかりと今の気持ちを伝えた上で納得してもらう必要はあると思うけどさ」

「そっか。そういう考え方もあるか……」

「ほら、渡と秋野さんて幼馴染だろ? だから恋人になるって事に違和感が出るのは仕方ない事かもしれないけど、それで相手の知らなかった良い一面を見れたりするかもしれないし、それはそれで素敵な事じゃないか? まあ、人との付き合いだから、現実は良い事ばかりじゃないだろうけどさ。とりあえず、最終的にどういう判断を下すのかはお前なんだから、秋野さんの事も自分の気持ちも含めて、しっかりと考えて答えを出せばいいさ」

「そうだよな。答えを出すのは俺だもんな。ありがとな、龍之介。少しすっきりしたよ」「そっか。そんじゃまあ、そんなお前に俺から特別に良い物をくれてやろう」


 俺は鞄の中に遊園地のペアチケットを入れたままにしていた事を思い出し、それを探し始めた。ちょっと前に学園帰りの商店街でやった福引で当てたやつだ。


「ほれ、受け取れ。最終的にお前がどういう判断を下すのかは分からんが、もしも秋野さんの気持ちを受け入れるつもりなら、遊園地にでも誘って、今度はお前からしっかりと告白しろ。秋野さんは勇気を振り絞って告白したんだからさ」

「そ、そっか。分かったよ。サンキューな、俺の為に」

「勘違いするなよ? それはあくまでも、勇気を出して告白をした秋野さんに対する俺からの気持ちだ。だからこれは、お前には一つ貸しって事だ」

「ちぇっ、そういうところは相変らずシビアだよな」

「そうか? いつもと変わらないってのは、気楽でいいと思うけどな」

「ははっ。まあ、そうかもしれないな。とにかくありがとな、龍之介。俺、しっかりと考えてみるわ」

「おう」


 渡はそう言うと、屋上の出入口に向かって歩き始めた。そんな渡の背を向ける前に見た表情は、ここへ来た時よりも少し晴れやかに見えた。


「渡! チケットの有効期限は次の日曜日までだから、しっかりと決めて来いよ!」


 その言葉に渡はこちらを振り向く事なく右手を大きく上げ、そのまま屋上を去って行った。


「やれやれ。世話の焼ける悪友だな」


 そんな事を言いつつも、俺は柄にもなく、二人が上手くいけばいいな――と、そう思っていた。


× × × ×


「龍ちゃん。ちょっといいかな?」


 渡が屋上から去ったあと、少しだけ屋上からの景色を見て下駄箱へと向かった俺は、そこで茜と遭遇した。


「おっ? どうした?」

「ちょっと相談があるんだよね」


 本日二回目になる相談。

 人は悩みを抱えるのが普通だろうけど、できればこういう事は一日一回にしてほしいもんだ。悩みを聞くってのも、内容によってはお肌と精神に悪いから。


「何だ? 言っておくが、貸す金は無いぞ?」

「そういう事は、貸してる昼食代の500円を返してから言ってほしいもんだね」

「すみません。忘れてました。つつしんでお返し致します。貸して頂いてありがとうございました」


 俺は素直にズボンの後ろポケットから財布を取り出し、中から500円玉を取って丁重にそれをお返しした。


「はい。確かに受け取りました」

「はあっ……で? 相談てのは何なんだ?」

「あっ、うん……実はね――」


 生徒の気配がほぼ無い校舎内。

 そこで茜は相談事をこそこそと呟く様に話し始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます