第178話・思いへの一押し

「失礼します」

「ん? ああ、君か。君がここへ来るとは珍しいな。どうかしたのかね?」


 春休み初日。

 俺は制服を着て花嵐恋からんこえ学園にある保健室へとやって来た。


「ちょっと宮下先生に聞いてほしい事があって来たんです」

「そうか。では、とりあえずそこの席へ座りたまえ」

「はい」


 宮下先生は自分が座っている席の近くにある椅子を指差したあと、キャスター付きの椅子に座ったまま近くにある物置台の前へ移動をし、その上にあるポットから急須きゅうすへお湯を注ぎ始めた。


「まあ、大したもてなしはできないが、とりあえずお茶でも飲みたまえ」

「ありがとうございます」


 お礼を言ってから机の上に出された湯呑みへと手を伸ばし、中にある温かいお茶をすする。鼻を抜けて行く緑茶の優しい香りと、舌に感じる適度な渋み。温度も熱過ぎず温過ぎず、とても飲みやすい。


「それで? 私に聞いてほしい事とは何かね?」


 俺が何度か湯飲みへ口をつけたあと、宮下先生はタイミングを見計らった様にしてそう尋ねてきた。


「……とある人物から、とても大事な事を告白されたんです。それは俺にとって凄く信じられない事で、でも、話を聞いた今では色々と合点がいく事もあって…………」


 我ながら訳の分からない事を言っていると思う。でも俺は、胸の中にある思いや感情を上手く言葉として表現できなかった。


「それは、涼風まひろと涼風まひるの事かね?」

「えっ!? ど、どうしてそれを!?」


 俺が驚きと共に身を乗り出してそう尋ねると、宮下先生は『やっぱりそうか』と言った感じの表情を浮かべてから湯飲みの中のお茶を口にした。そして俺が続きの言葉を切望していると、宮下先生は『落ち着きたまえ』と言わんばかりの視線を向け、ゆっくりと湯呑みを机に置いてから口を開いた。


「あれは一週間ほど前だったか、涼風まひろがここに一つの話をしに来た。『自分達兄妹について、大切な事を告白しようと思っています』とな。そして君は、その話を涼風まひろか涼風まひるのどちらかに打ち明けられた。しかし君はその内容を聞いて、ちゃんと心の整理がつかずに戸惑っている――と言ったところか?」

「…………」


 まさに宮下先生が言った通りの思いだった俺は、何も返答する事ができなかった。そして相変らずの鋭い洞察力を見せる宮下先生に対し、俺は恐れにも似た感覚を覚えていた。


「何もそんなに驚くほどの事ではないよ。君達の関係性や繋がりなどを考えれば、それほど解答が難しい話でもないからな」


 宮下先生は『大した事はない』と言った感じでそう言うが、本当にこの人には全てを見透かされているみたいで怖くなる。


「宮下先生は知っていたんですか? あの二人の秘密を」

「ああ。しかし涼風まひるについて知ったのは、君よりもずっとあとだ。それは時期的な事を考えても間違いない」


 その言葉を聞いた俺は、なんだか少しだけ安心してしまった。宮下先生が全ての事を俺よりも早く知っていたわけではなかったからだ。

 はっきり言ってそのこと自体は取るに足らない事なのかもしれないけど、やはり長年親友として接して来たという思いがあったせいか、俺には妙なプライドの様なものがあった。


「……先生。俺はどうしたらいいんでしょうか?」

「ふむ。君はいったいどうしたいのかね?」


 俺から質問をしたにもかかわらず、すぐさま質問で返されてしまった。

 それが分からないから質問したのに――と思っていると、宮下先生は小さく微笑を浮かべながら口を開いた。


「『それが分からないから質問したのに』と言った顔をしているな」

「うっ」


 再び図星を突かれて表情を引きつらせると、宮下先生は席から立ち上がって窓の方へと歩き始めた。そして窓際に寄りかかってこちらを向くと、宮下先生は再びその口を開いた。


「君達が今まで積み上げて来たものは私には分からない。そして今さっき君がした質問の答えは君にしか出せない。しかし、私にも言える事はある。君は既に答えを出しているのではないか?」


 その言葉を聞いた俺はドキッとした。

 本当にこの先生にはテレパシーの様な能力でもあるのではないかと思ったからだ。


「……どうしてそう思うんですか?」

「人は大きな決断や物事の判断に迫られた時、自分とは違った意見を聞きたくなる。それはもしかしたら、自分の考えている事より更に良い考えを授けてくれるかもしれない、より良い道へと進む為のヒントが得られるかもしれないと、そんな事を考えるからだ。しかし大概たいがいの場合、そんな良策などは出ないものだ。そしてそれは、質問をする本人が一番理解しているはずなのだよ。なにせそれまでの間で、たっぷりと悩み考えているはずなのだから。そして人が相談を持ち込む時には、もうその時点で答えが決まっている事が多い。ではなぜ答えが決まっているのに相談をしに来るのか。それは、背中を押して欲しいからだ。自分が正しいと、自分の考えが間違っていないという後押しが欲しいからだ。君もそうなんじゃないか?」

「…………確かにそうかもしれません」

「それなら迷う事はない。君が信じた様に進めばいい。例えそれで失敗をしたとしても、それを教訓にしていけばいい。人は生きている限り失敗をして後悔をする生き物だ。それは君だけじゃない、涼風だって色々な後悔や失敗をして来たはず。そしてそれを君は知ったはずだ。要はそれを知った上でどうするかが重要なのだよ」


 一つ一つの言葉が染み入る様に心へと響く。


「……ありがとうございます、宮下先生。なんだかモヤモヤした気分が少し晴れた気がします」

「そうか。君達がどんな道を歩むのかは分からないが、精一杯頑張りたまえ」

「はいっ! ありがとうございました!」


 俺は椅子から立ち上がってお礼を言い、深々と頭を下げた。

 そして保健室を出て自宅へと帰りながら、一つ一つ自分の中にある思いを確認していった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます