第171話・懐かしい思い出

 三学期初日の放課後。

 俺は久しぶりにまひろと一緒に帰ろうとしていた。

 いつもならまひろは部活があるから、なかなか一緒に帰る機会がない。でも今日は部活が休みだと始業式前に聞いていたので、久しぶりに寄り道でもして遊んで帰ろうと誘っていたのだ。


「よっし。そんじゃ帰ろうぜ」

「うん」


 今日は授業もなく、始業式とちょっとしたホームルームだけで終わったので、たっぷりと遊ぶ時間はある。それに平日の昼前に学校が終わり、堂々と遊ぶ事ができるってのは得した気分だし、ちょっとワクワクする。

 そんなちょっとした浮かれ気分を感じてはいるけど、俺の今日の目的は、まひろと遊びながらそれとなく色々な話をしてみる事だ。


「今日はどこに行くの?」

「うーん……そうだな……」


 一緒に並んで廊下を歩いていると、まひろがにこやかにそう尋ねてくる。

 こうして話している分には、秋野さんが言っていた様に何か思い詰めている感じには見えない。

 だけどまひろは、そういった事を上手く誤魔化したり隠したりするところがあるのも知っている。だから目に見える表情とかだけで判断してはいけないわけだ。


「まひろはどこか行きたい場所とかあるか?」

「えっ? 僕が選んでもいいの?」

「ああ。どこか行きたい場所があるなら付き合うぜ?」

「うーん……それじゃあ、ちょっと行きたい所があるからついて来てくれる?」

「おう。いいぜ」

「良かった。それじゃあ行こう」


 まひろは嬉しそうな笑顔を浮かべてそう言うと、行きたい場所も告げずに軽やかな歩調でどんどん前へと進んで行く。


「お、おい。待てよ」


 俺は浮かれた様子で進んで行くまひろを追いながら、まひろがご所望する場所へ一緒に向かった。


× × × ×


 花嵐恋からんこえ学園の最寄り駅から、電車に乗ること約三十分。

 俺達は水族館の海世界へと来ていた。俺がここへ最後に来たのは去年の五月前、陽子さんの役作りの手伝いで仮想カップルとして来た時以来だ。


「わあー、綺麗……龍之介、早く早くっ!」


 持っていた鞄をコインロッカーにまとめて入れ込み、学割のチケットを買ってから入口を通ったまひろは、入ってすぐ目の前に広がる大きなパノラマ大水槽の前へと駆けて行き、そこからテンション高く俺を手招きしている。

 俺はそんないつもとは違うテンションのまひろの方へと向かい、同じく大きな水槽の中を見た。


「おー! 相変らずすげえ迫力だな」


 二人で見ている水槽の前を、全長三メートルはあろうかという大きなサメがスーッと泳ぎ過ぎて行く。

 そしてサメが通り過ぎた場所から視線を上の方へ向けると、大きな翼を広げて青空を飛んでいる様に泳ぐエイの姿があった。こうして水槽の中を見ていると、水の青さもあるせいか、本当に魚達が空を飛んでいる感じに見える。


「あっ、龍之介。あっちにイワシさんの群れが居るよ」


 まひろはパノラマ大水槽の右奥を指差しながらそう言うと、イワシの群れが居る方へと進み始めた。


「ほあー。本当に凄い数だよな。何百匹くらい居るんだろうな?」


 イワシの群れが居る方へと歩いて行くまひろのあとに続き、俺も水槽の中を見ながら移動をしてイワシの群れを正面から見据えた。

 そういえば小さな頃は、『サメと一緒の水槽に居て、イワシは食べられたりしないのかな?』なんて事を気にしていた記憶がある。そして小学校五年生くらいの時に杏子と茜、そしてまひろと一緒にこの水族館へ来た事があったんだけど、当時の俺は係員のお姉さんにその質問した事があった。

 確かその時のお姉さんは、『サメが空腹になってイワシを食べないように、定期的に餌をあげているのよ』と言っていた覚えがある。その時の俺はそれを聞いて感心した覚えがあったけど、係員のお姉さんは付け加えるようにして、『それでも実際は、多少なり食べられてはいるんだけどね』とも言っていた。

 そしてその時、その話を聞いたまひろが係員のお姉さんに、『イワシさんが食べられないように、サメさんに沢山餌をあげて下さい』と頼んでいたのは、今でもはっきりと覚えている。

 ホント。まひろは昔から優しくて可愛い奴だ。


「どうしたの? 龍之介」


 懐かしい事を思い出してほっこりしていたからか、それが表情に出ていたらしい。


「いや、ちょっと昔の事を思い出してさ」

「昔の事?」

「ああ。小学五年生の時、茜や杏子達と一緒にここへ来た事があったのを覚えてるか?」

「うん」

「あの時まひろが係員のお姉さんに、『イワシさんが食べられないように、サメさんに沢山餌をあげて下さい』って言ったんだけど、覚えてるか?」

「あっ……」


 当時のエピソードを簡潔に話すと、まひろは途端に顔を赤くしながら恥ずかしそうに俺から視線をらした。そしてそんなまひろの態度を見れば、答えを聞くまでもなく、その時の事を覚えているんだと察しがつく。


「いやー。あの時のまひろは実に可愛かったな。イワシの事をそこまで心配してあげられるなんて、まるで天使みたいだと思ったよ」

「も、もう、からかわないでよね。恥ずかしいなあ……」


 少しむくれた感じの表情を見せながら、チラチラと恥ずかしそうにこちらへ視線を向けては逸らすを繰り返すまひろ。本当にいちいちやる事や言う事が可愛らしい。


「わりいわりい。あっ! あのメガマウスの標本、まだあったんだな。まひろ、見に行こうぜ」

「う、うん」


 むくれていても可愛らしいまひろに謝りを入れ、俺はパノラマ大水槽のほど近くにあるメガマウスの標本がある場所へと向かう。

 こうして俺とまひろの、放課後水族館巡りは始まった。

 まひろが何か悩んでいたりするのかはまだ分からないけど、今は二人でじっくりと遊ぶ事に専念しよう。その内にそれとなく、話を聞く機会もできるだろうから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます