第168話・妹の意地

 まひるちゃんと一緒にデパートで家族へのクリスマスプレゼント選びに付き合った俺は、プレゼントを買ったまひるちゃんと一緒に店を出たところで偶然にも妹の杏子と遭遇した。

 俺からすればこの件は、親友の妹と自分の妹が本当の意味で初遭遇しただけ――という、特に話題に上げる様な事でもない出来事のはずだった。だから三人で他のお店を見て回ろうと俺は提案したんだけど、なぜか杏子は不機嫌オーラを出してるし、とても三人で和やかなショッピングをという雰囲気ではなかった。


「お兄ちゃん。これ可愛いと思わない?」


 杏子は俺の左腕を引っ張りながら、手にした商品を見せる。


「ん? あ、ああ。可愛いな」

「お兄ちゃん。こっちも可愛くないですか?」


 杏子の問い掛けに答えたあと、今度は右隣に居るまひるちゃんに腕をグイッと引っ張られた。


「あ、うん。可愛いと思うよ」


 杏子とまひるちゃんが初対面を果たしてから二件目のお店に来てるんだけど、なぜか二人揃ってさっきからこんな感じで手にした商品を見せてくる。別にそれが嫌ってわけじゃないけど、どこかおかしい感じはする。

 そしてそのおかしな感じをあえて言葉にするとしたら、お互いに張り合っている――と言った感じだろうか。

 しかし、初対面の二人が張り合う様な理由は特に思いつかない。というか、あるはずがないので、俺はどうして二人がこんな風になっているのか分からず困惑していた。


「ねえ、お兄ちゃん。聞いてるの?」

「大丈夫ですか? お兄ちゃん」

「えっ? ああ、ごめん。ちょっとぼーっとしてた」

「もうっ。お兄ちゃんは肝心な時にぼーっとするんだから」

「そう言うなよ、杏子。ところで二人共、ちょっとお腹空かないか? どこかで食事でもしない?」


 むくれる杏子をなだめつつ、俺は二人に向かってそう提案した。この異様な雰囲気を脱する為の手段として、食事でもしながらゆったりと会話でもすればいいだろうと考えたからだ。


「そうですね。もうすぐお昼時ですし、どこかのお店に入りましょうか」

「うん。杏子はどうだ?」

「私もいいよ」

「よし。それじゃあ適当にお店を見つけて入ろうか」

「はい」

「うん」


 こうして三人で食べ物屋さんが集まった八階フロアへ向かおうとした時、左右に居る二人がほぼ同時に俺の腕を抱き包んできた。


「あ、あの、これじゃあ歩き辛いんだけど」

「大丈夫だよ。私はお兄ちゃんが行く方向に向かってちゃんと進んで行くから」

「私もです。お兄ちゃんが行く所にちゃんと付いて行きます」


 二人は揃ってそう主張するが、抱き包んだ腕を自分の居る方向へ引き寄せようとしているので、はっきり言って歩き辛い。


「あのさ、どっちか腕を離してくれたりはし――」

「嫌だ」

「嫌です」


 俺が言葉を言い終わるのを待つ事なく、二人は短く即答で力強くそう答えた。

 そして二人の力強い意思を聞いた俺はこの場で腕を離してもらう事を諦め、とりあえず食事でもすれば落ち着くだろうと思い、仕方なく二人に腕を抱き包まれた異様な状態のままで八階へと向かい始めた。


 ――すっげー混んできたな……。


 クリスマスで賑わうデパート内はどこのフロアも盛況らしく、この八階フロアも沢山の人達で賑わっている。

 そして俺達は訪れたファミレスの一角にあるボックス席に座っているんだけど、ボックス席であるにもかかわらず、俺の対面席には誰も居ない。なぜなら杏子とまひるちゃんは、俺を挟んで両隣に居るからだ。


「お兄ちゃん、これ美味しいよ。はい、あーん」


 杏子は注文したハンバーグ定食のハンバーグを箸で一口サイズに切り取り、それを俺の口元へと運んできた。それを見た俺は黙って口を開き、差し出されたハンバーグをパクッと口へ含んで咀嚼そしゃくする。


「美味しい?」


 杏子の言葉にハンバーグを咀嚼しながら、俺は頭を縦に頷かせて答える。

 そして俺の頷きを見た杏子は、満足そうに笑顔を浮かべていた。


「こっちのお魚も美味しいですよ。お兄ちゃん、食べてみて下さい」


 俺が口にしたハンバーグを飲み込むと、それを見計らった様にして今度はまひるちゃんが魚の身を俺の方へと差し出してきた。


「あ、うん」


 まひるちゃんのだけを断るわけにはいかないので、俺は素直に口を開いてお魚を食べた。


「どうです? 美味しいですか?」


 杏子の時と同様に、俺は頭を頷かせた。

 ファミレスに訪れ、それぞれが注文した品が来てからしばらく。片方が何かを俺に差し出せば、間髪入れずにもう片方が何かを差し出してくる――といった、『これ美味しいよ』攻めに俺はあっていた。

 そしてそんな二人に挟まれ、俺の注文したカツ丼定食は食べる暇もなくどんどん冷めていく。


「なあ、二人共。そんなに俺に食べさせてたら、自分が食べる分が無くなるぞ?」


 いい加減に注文したカツ丼を食べたかった俺は、二人に困り顔を見せながらそう言った。


「あっ、そうですね。でも大丈夫です。私は小食なので、こうして少しお兄ちゃんに食べてもらった方がいいんですよ」

「そ、そっか。それじゃあ杏子は――」

「私は朝御飯を沢山食べて来たから、お兄ちゃんに食べてもらわないと残っちゃうよ」

「そ、そっか……」


 まひるちゃんの言い分はともかくとして、朝食を沢山食べた杏子がどうしてボリュームのあるハンバーグ定食を頼んだのかは理解に苦しむ。

 結局、ファミレスに来ても二人の張り合う様な行動は収まらず、俺が注文したカツ丼定食を食べ始める頃にはすっかり冷めきっていた。


× × × ×


 食事を終えてから各フロアを回ったあと、俺達は三人で駅へと向かい、そこで別れようとしていた。


「気を付けて帰ってね。まひるちゃん」

「はい。今日はありがとうございました。おかげで素敵なプレゼントを見つける事ができました」


 にこやかにそう言ったあと、まひるちゃんは丁寧にペコリと頭を下げた。本当にいつも礼儀正しい子だ。


「いやいや。ちゃんとプレゼントを選べて良かったよ」

「ありがとうございます。お兄ちゃんは本当に優しいですよね、だから私も……」


 まひるちゃんは顔を紅くしながらそこまで言うと、急に口を閉ざしてしまった。


「とりあえず、まひろによろしくね? それと、ちゃんとまひろと仲直りしないとダメだよ?」

「あっ、はい。そうします。それと、良かったらこれ、受け取って下さい」


 俺の言葉に明るい笑顔でそう答えたあと、まひるちゃんは持っていたバッグからカラフルな水玉模様の描かれた包み紙を取り出し、それを俺に差し出してきた。


「これは?」

「お兄ちゃんへのクリスマスプレゼントです」

「俺に? いいの?」

「はい。貰って下さい」

「ありがとう。開けてもいいかな?」

「はい」


 そう尋ねると、まひるちゃんは恥ずかしそうにしながら小さくコクンと頷いた。

 そして俺がワクワクしながら包み紙を丁寧に開けると、中には白のふわふわとしたマフラーがあった。


「これ、もしかして手編み?」

「はい。初めて作ったからあんまり上手にはできませんでしたけど……」

「そんな事ないよ。ありがとね、まひるちゃん」


 俺は包み紙からマフラーを取り出し、それを首元に巻いた。

 所々で網目の大きさが違う部分があったりはするけど、初めてなのに頑張ってこのマフラーを編んでくれたのが分かるから、特に問題はない。


「どうかな? 似合ってる?」

「はい。とても良く似合ってると思います」


 まひるちゃんはそう答えると、まるで恥ずかしがっている時のまひろの様にモジモジとした仕草を見せ始めた。そしてそんなまひろに似た仕草が、またとても可愛らしい。


「それじゃあ、私はこれで帰りますね」

「うん。気を付けてね」

「はい。それと杏子さん、今日はごめんなさい」

「えっ!?」


 俺の後ろに居た杏子が、まひるちゃんの言葉に驚きの声を上げた。

 そしてまひるちゃんは杏子からの返答を聞く事なく、サッときびすを返してから改札を抜け、俺達が向かう方とは反対側のホームへと向かって行った。

 俺はそんなまひるちゃんの後ろ姿を見ながら、なぜまひるちゃんが杏子に『ごめんなさい』と謝ったのかを不思議に思っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます