第169話・一人では気付かない事

 十二月二十六日の夜。

 まひるちゃんのクリスマスでの不思議な言動が気になっていた俺は、その事で意見を求めたくて陽子さんへ電話をかけていた。

 俺がなぜ意見を求める相手として陽子さんを選んだのかと言うと、彼女は役者を目指しているから、他人の気持ちを俺では分からない視点から見て読み取ってくれるのではないかと思ったからだ。


「なるほど。そんな事があったんだ。大変だったね」


 俺の話を最後まで口を挟まず聞いてくれた陽子さんは、話のあとでまずはそんなねぎらいの言葉を口にしてくれた。いつもながら気遣いの素晴らしい人だ。


「まあね。でも、俺には何がなんだかさっぱりなんだよ。陽子さんは杏子とまひるちゃんが何で張り合う様な真似をしてたのか分かる?」

「うーん……多分だけど、杏子ちゃんとまひるちゃんは、龍之介君を取り合ってただけじゃないかな?」

「えっ!? 俺を取り合ってた?」


 陽子さんからもたらされた考えは、俺がまったく考えもしていなかった内容だった。


「うん。話を聞く限りでは私にはそうとしか思えないかな」

「どうしてそう思ったの?」

「だって、二人揃って龍之介君を間に挟んで色々とやり取りをしてたんでしょ? それって普通に考えて、龍之介君を取り合ってたとしか思えないもん」


 そう言われてみると、確かにそういう可能性もあるのかもしれないとは思える。だけど、まひるちゃんと杏子が俺に対してそんな行動を取る理由はやっぱり分からない。


「まあ、仮に陽子さんの言った事が事実だとしても、二人がそんな事をする理由が分からないんだよね。特に妹の杏子がそんな事をする理由は無いと思うし」

「それだよそれ。理由はその『妹』ってところにあったんだと思うよ?」


 俺が思った事を素直に口にすると、陽子さんは間髪入れずにそう言った。


「えっ? どういう事?」

「つまりね、杏子ちゃんは龍之介君の事を『お兄ちゃん』って呼ばれたのが嫌だったんじゃないのかなと思うの。だからまひるちゃんに対抗する様な真似をしてたんじゃないかな? そして多分だけど、まひるちゃんも同じ様に杏子ちゃんに対抗意識を燃やしちゃったんじゃないかなと思うんだよね」


 話としてはこれ以上無いくらいにまとまった内容だと思う。

 だけど、俺の事をお兄ちゃんとまひるちゃんが呼んだからって、それでヘソを曲げてしまうほど杏子も子供ではないと思う。


「うーん……でも、そんな事でこんな事態になったりするものなのかな?」

「龍之介君にとっては『そんな事』なのかもしれないけど、二人にとっては凄く重要な事だったんじゃないのかな? 特に杏子ちゃんは、龍之介君の事を凄く大切に思ってるはずだし」


 陽子さんにそう言われ、俺は少しはっとした。

 考えてみれば杏子は俺に対して超の付くほどの甘えん坊だし、義理とは言え兄妹であるにもかかわらず、一緒に出掛ける時は全てデート扱い。そんな事を考えれば、確かに陽子さんの言う様に、俺の事をお兄ちゃんと呼ばれて嫌だったと言う話にも納得がいく。

 加えてそんな事が納得できると、自然とまひるちゃんが去り際に言った『ごめんなさい』という言葉の意味もなんとなく分かってくる。

 つまりあれは、少しの間でも大切なお兄さんを取ってごめんなさい――と言った感じの、まひるちゃんなりの杏子に対する謝罪だったのかもしれない。そう考えてみれば、あの時の事はいかにもまひるちゃんらしいと思える。


「確かに陽子さんの言う通りかもしれない……」

「まあ、これはあくまでも私が龍之介君の話を聞いて思った事だから、本当にそうなのかは分からないけどね。少しは役に立てたかな?」

「うん、凄く助かったよ。陽子さんに相談して良かった」

「そう。良かった」


 俺がそう言うと、陽子さんは照れた様な可愛らしい声で小さく笑った。


「あっ、もうこんな時間か。公演から帰って来て間もないのに、長々とごめんね」

「ううん、気にしないで。龍之介君の役に立てて嬉しかったから」


 そんな事を言ってくれる陽子さんの優しさに、思わず感涙してしまいそうになる。


「ありがとう。今度はクリスマス公演の話をゆっくりと聞かせてよ」

「うん、分かった。楽しみにしててね」

「了解! それじゃあ、おやすみなさい」

「おやすみなさい」


 陽子さんが電話を切ったあと、俺は携帯をベッドの上へ置き、自室を出てから杏子の部屋へと向かった。


「杏子、ちょっといいか?」


 部屋を出て廊下の奥へと歩き、杏子の部屋の前へと来た俺は、コンコンと扉をノックしてから中に居る杏子に声を掛けた。


「どうしたの?」

「ちょっと話があるんだけど、中に入っていいか?」

「うん。いいよ」


 杏子の許可を得た俺は、扉を開いて部屋の中へと入った。

 部屋の中は相変らず小奇麗に整理されていて、机の上にある可愛い置物も綺麗に並べられている。


「急にどうしたの?」


 ベッドに寝そべっていた杏子は、俺が部屋に入って来るのとほぼ同時に声を出して上半身を起こし、両足をベッドの横へと下ろした。

 そして俺が杏子の寝そべっていたベッドの枕元に視線を向けると、そこにはいかにも女子高校生などが見ていそうなファッション雑誌が置かれていた。一緒に暮らしていると気付きにくいけど、何だかんだで杏子も女の子として成長しているという事なんだろう。

 まあ、それはそれとして、杏子は高校生になった今でも、変わらず俺の中学時代のカッターシャツをパジャマ代わりに着ているんだけど、そろそろ俺のカッターシャツを着て寝るのは卒業してくれないだろうか。

 そんな事を思いつつ、俺は杏子へと視線を向け直した。


「ああ。ちょっと杏子に提案があってな」


 俺はそう言いながら、部屋の中にある座布団にあぐらをかいて座った。


「何の提案?」

「いや、杏子の予定が空いてる時でいいから、一緒にどこかへ遊びに行かないかと思ってさ」

「えっ!? 急にどうしたの?」


 杏子は滅多に見せない驚いた表情でベッドから下りると、こちらに近寄ってからスッと左手を前に出し、俺の額に手の平を当てた。


「熱はないみたいだけど……」

「当たり前だ。俺は風邪なんてひいてないからな」


 ――たくっ……この妹は兄貴の事をどんな目で見てやがるんだ?


「それじゃあ、いったいどうしたの? お兄ちゃんから私を遊びに誘うなんて」

「別に遊びに誘うのはこれが初めてじゃないだろ? まあ、たまには杏子と一緒に遊ぶのもいいかなと思っただけだよ。大切な妹だしな」

「お兄ちゃん……うん! 一緒に遊びに行く!」

「そっか。それならどこに行きたいか考えとけよ?」


 自分が言った言葉が照れ臭くなった俺は、素早く立ち上がってから部屋をあとにしようとした。


「お兄ちゃん」

「何だ?」

「今度まひるさんと会う事があったら、私に教えてくれないかな?」

「どうしてだ?」

「昨日の事、ちゃんと謝っておきたいから……」


 杏子はそう言うと、申し訳なさそうに顔を伏せた。きっと杏子は杏子で、あの時の事を気にしていたんだろう。


「分かった。その時はちゃんと杏子に教えるよ。だからそんな顔すんな」


 俺は杏子へと近付き、その頭を優しく撫でた。


「うん……ありがとう、お兄ちゃん」


 それから自分の部屋へと戻った俺は、晴れやかな気持ちを感じながらベッドへ潜り込み、穏やかな眠りについた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます