第138話・親友との語らい

 那覇空港からバスに乗って揺られること約一時間。

 あともう少しでお昼を迎えようかという頃。俺達はこの修学旅行中に滞在するホテルへと到着し、割り当てられた自分達の部屋へと向かった。

 そして割り当てられた部屋へと来て荷物を置いた瞬間、まひろは窓外を見てから素早く窓側へと近付き、そこにある大きな窓を開け放った。


「わあー! 凄くいい眺めだね!」


 まひろは開け放った窓から身を乗り出す様にして外を眺め、テンション高く明るい声を上げる。

 そんなまひろの声を聞いた俺は釣られる様にして窓際へと向かい、まひろの隣から外の景色を眺めた。


「おー! 確かにすげえな!」


 このホテルは海にほど近い場所に建てられていて、窓の外には素晴らしいオーシャンビューが広がっていた。その光景は飛行機内で見たものとはまた違い、エメラルドグリーンの部分がちょっと薄くなり、海底が白く輝いている様に見えた。

 そういえばバスの車内でクラスメイトが言っていたのが聞こえたんだけど、沖縄の海の底が白く見えるのは珊瑚さんごがあるからで、海が綺麗に透き通っているのも珊瑚のおかげなんだそうだ。それを考えると珊瑚ってのは本当に凄いものなんだなと、この景色を見ただけでそう思える。

 ちなみに海水の透明度が高いもう一つの要因は、黒潮の流れが速くてプランクトンが少ないからというのもあるらしい。


「ひゃー! 確かに絶景だなー!」


 いつの間にか隣の窓へと来ていた渡が、持っていたデジカメを取り出して外の景色をパシャパシャと写し始めた。渡は写真を撮るのが凄く上手だから、きっと今写している景色もいい具合に撮れているだろう。

 俺達はしばらく窓の外に見える景色を楽しんだあとでホテル内の大きな会場へと移動をし、そこで去年と同じくビュッフェスタイルの昼食を堪能した。そしてそのあと、俺達は出掛ける準備を済ませてから自由行動へと移った。

 我らが花嵐恋からんこえ学園は、基本的に生徒全員でどこかを見て回る時間というものは無い。それは生徒達の自主性に任せ、信用をしているからだ。

 しかしその代わりに、何か問題行動を起こした時の罰則は相当に厳しい。だからこそ、花嵐恋学園の生徒が問題行動を起こす事は本当に稀にしかない。


「思ったより陽射しがキツイな」

「本当だね」


 眩しい太陽の光を手で遮りながらそう言った俺の言葉に反応し、まひろがウンウンと頷きながら同意の言葉を口にする。

 もう十月に入っているのに、沖縄の陽射しはまだ夏の様に暑い。それはもう、秋に突入する時期とは思えないほどだ。

 額に浮かぶ汗をハンカチで拭いながら、俺はみんなと一緒に今日の目的地である首里城へと向かった。


× × × ×


「おー! あれが首里城か!」


 見えてきた首里城を前に渡が声を上げると、立ち止まってから素早くデジカメを取り出して首里城の写真を撮り始めた。

 俺達は夢中になって写真を撮り続けている渡をそのままにし、五人で首里城の方へと歩いて行く。


「それにしても、立派なもんだな」


 本土にある様なお城とは違い、沖縄らしさを感じさせる色合いとデザインの首里城。それを前に俺も持参していたデジカメを取り出し、何度かそのシャッターを押した。


「よし。それじゃあ入ろうか」


 みんながそれぞれに写真を撮ったりするのを待ったあと、俺達は首里城跡へと入り始めた。

 ここ首里城は琉球りゅうきゅう王国国王の居城だったらしいが、その建物のほぼ全ては過去の戦争などにより焼失したと聞く。つまりこうして今見ている首里城は、そのほとんどが復元された物という事になる。

 本当なら当時の首里城を見たいところだけど、それでもこういった建物が過去こうして存在していた事を知るにはありがたい処置だと思う。


「それにしても、やっぱり暑いね。龍ちゃんの言うとおり、日傘を持って来て正解だったよ」

「そうですね。想像していたよりもずっと陽射しが厳しいですし、龍之介さんの言う事を聞いておいて本当に良かったです」


 それぞれが日傘を差しながら見学コースを歩く中、茜と美月さんは日傘を持って来る事をお勧めしていた俺の判断を褒めてくれた。


「ははっ。まあ、本当に日傘が必要になるとは思ってなかったんだけどね」

「えっ? そうなの?」


 俺の隣で日傘を差して歩いているまひろが、可愛く小首を傾げながらそう聞いてくる。


「ああ。いくら沖縄でも十月にここまで陽射しが強いなんて思ってなかったしな。まあ、とりあえず使う機会があって良かったよ」

「龍之介~、俺もその日傘に入れてくれよ~。このままじゃ溶けちまうよ~」


 うな垂れる様にして後ろから歩いて来た渡が、情けない声を上げながら俺に近付いて来る。


「馬鹿な事言ってんじゃないよ。どうして俺がお前と相合傘をせにゃならんのだ。俺の言う事を聞かなかったお前の自己責任だよ」


 そう言って渡のお願いを一蹴いっしゅうすると、渡は恨めしそうにしながら『薄情者ー!』と俺をののしってきた。


 ――ふん。まひろならいざ知らず、あんな騒がしい奴を隣にえるなんて冗談じゃない。


「わ、渡君。良かったら僕の隣に入る?」


 俺に向かって罵りの言葉を上げ続ける渡に対し、まひろが少し戸惑い気味にそんなお慈悲の言葉を口にした。


「えっ!? いいの?」

「う、うん。いいよ」


 その言葉に背筋をピンと伸ばして反応した渡は、とても嬉しそうにしながら満面の笑みを浮かべた。

 そしてそんな渡の満面の笑みを見たまひろは、少し戸惑い気味の苦笑いを浮かべていた。


「ではお言葉に甘えて――って、何だよ龍之介?」


 俺はまひろに近付こうとしていた渡の前に立ち、その動きを遮った。


「渡君、今回は特別に俺の日傘を貸してあげようじゃないか。ありがたく使いたまえ」

「えっ? いや、俺は涼風さんと一緒でいいよ」

「この馬鹿者がっ! 俺の目が黒い内はまひろとの相合傘なんて認めん! 絶対に認めんぞっ!!」

「お前は娘を溺愛できあいするお父さんかよっ!!」

「お前が隣に居るとまひろが汚染されるんだよっ!」

「俺ってどんだけ酷い汚染物質なの!?」


 結局そんなやり取りをしたあとで渡に無理やり俺の日傘を手渡し、俺はまひろの持つ日傘に入って首里城見学を行った。

 だけど俺と相合傘をしている時のまひろは、とても静かにしながら終始俯き加減で顔を紅くしていた。それは多分、この陽射しの暑さでそうなっているんだろうと思っていたけど、もしかすると、俺と渡がやった馬鹿なやり取りが恥ずかしかったのかもしれない。

 そう考えると我ながらマヌケな事をやってしまったとは思うけど、まひろが渡と相合傘をして歩いている姿を見るなんて、ビジュアル的にも心情的にも許せなかったんだから仕方がない。


 ――それにしても、相変わらずまひろは可愛いな。


 恥ずかしげに顔を俯かせて歩くまひろを見てそんな事を思いながら、俺達は約一時間四十分ほどの時間をかけて首里城見学をした。


× × × ×


 修学旅行初日の夜。

 ガーガーといびきをかいて寝ている渡を後目しりめに、俺は窓際で海を見ながらまひろと明日の話をしていた。


「明日のちゅら海水族館、楽しみだね」

「おう。俺はジンベエザメを見るのが楽しみだな。まひろは?」

「僕はどれも楽しみだけど、イルカショーが一番楽しみかな」

「イルカショーか。確かにそれも楽しみだな」


 開け放った窓からそよそよと吹き込んで来る潮風が通り抜ける度に、まひろの綺麗な金髪がサラサラと揺れる。

 前の修学旅行でも思ったけど――いや、いつでも思っているけど、まひろは本当に男にしておくには勿体ない。


「そうだ龍之介。明日の水族館での件、よろしく頼むね?」

「ああ。朝陽さんと美月さんを連れてどこかで時間を潰してればいいんだよな?」

「うん。よろしく頼むね」

「おう。頑張るよ」


 それからしばらく海を見ながらまひろと話を続け、俺達の楽しい修学旅行初日の夜は過ぎて行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます