二年生編・二学期修学旅行

第137話・動き始めた計画

 暦が十月を迎えた最初の月曜日。

 茜とるーちゃんに関する進展が無いまま、俺達は沖縄への修学旅行の日を迎えてしまった。そして俺達二年生は今、沖縄の那覇空港に向かう飛行機の機内に居る。

 以前まひろと公園で話をした時、まひろには何か二人の仲を取り持つ作戦というか、考えがあるみたいな事を言っていた。しかしそれも、俺にはどうなっているのか分からない。

 着々と作戦は進んでいるのか、それとも停滞してしまっているのか、それとも失敗に終わったのか、俺にはまったく知らされていない。

 気になるならまひろに聞いてみればいいんだろうけど、まひろが俺に対して内緒だと言っていたんだから、聞いたところでその答えは聞けないだろう。

 それにまひろを信じて『よろしく頼む』と言った以上、俺には成り行きを見守る事しかできない。実にもどかしいけど、物事ってのはタイミングや成り行きというのはとても重要だから、今は下手な事をするべきではないだろう。


「見て龍之介! 海がすっごく綺麗だよ!」

「ん? どれどれ――おおっ! やっぱすげーな!」


 珍しくテンションが高いまひろに言われて窓から下の方を見ると、そこには白い砂浜にエメラルドグリーンの海とライトブルーの海が、まるでキャンバスにえがかれたグラデーションの様に存在していた。

 沖縄の海は日本の中でも特に美しいと聞いていたけど、これは本当にそうだと思った。太陽の光を浴びて輝く海は眩しくきらめき、まるであちらこちらに宝石でもちりばめているかの様に美しい。

 そんな感動で声を出す俺と同じ様に、あちらこちらから海を見た生徒達の感嘆かんたんの声が聞こえていた。


× × × ×


「よーし! みんな集まれー!」


 ほどなくして那覇空港へと無事に到着した俺達は、空港のロビーに集まって学年主任の先生から修学旅行中の諸注意を聞いていた。

 とりあえず黙って先生の話を聞いてはいるけど、正直、先ほど海を見た時の興奮が冷めておらず、ほとんどその話は耳に入っていない。まあ、先生のする話なんて要約すれば、他人に迷惑をかけるな――という一言で終わる内容だから、それさえわきまえていれば大丈夫だろう。

 そして先生の諸注意を聞き終えたあと、俺達は今回の沖縄修学旅行で四泊五日の間お世話になるホテルへと向かう為、空港の外に待機しているバスに乗り込んだ。


「――今年こそは負けないからな!」

「ほほう。大した自信じゃないか」


 ホテルへと向かう車内。

 俺達の班は去年と同じ様に自由行動中の昼食を賭けてババ抜きをしていた。


「へっへっ。去年の俺と一緒だと思ってると大怪我をするぜ~? 今年の俺には秘策があるからな」


 勝負が始まって三巡目。

 渡は自信満々にそんな事を言った。


「へえ~。秘策ねえ……」


 しかし俺は、大して興味が無いと感じでそう言った。なぜなら渡が言っているその秘策というのは、既に分かっているからだ。

 こうしてババ抜き勝負は次々と順番が進み、最初にまひろ、二番目に茜、三番目に美月さんが抜け、最終的に残ったのは俺と渡とるーちゃんの三人だった。

 そして俺はるーちゃんがババを渡から引いた事を確信すると、わざとるーちゃんが持っていたババを引いた。


「くっ……」


 俺はわざと引いたババを見て、苦々しい表情を浮かべて見せる。

 するとそれを見たであろう渡が、ニヤニヤとした笑みを浮かべているのが見えた。


「俺は残り二枚だから、ちょっとシャッフルさせてもらうぜ?」


 渡が持つカードは残り一枚、るーちゃんが二枚、俺が二枚という状況だ。


「どうぞどうぞ。ご自由に~」


 そう言って余裕を見せる渡だが、その油断が命取りになろうとは、おそらく夢にも思っていないだろう。

 俺は持っている二枚のトランプを背後にやり、ババのカードの上下をひっくり返して持ったあと、もう一枚のカードの左上の端を微妙に曲げて跡をつけた。


「よしっ! 引いていいぞ、渡」

「よしよし。それじゃあ引くぞ~」


 そう言って俺が持つカードをじっと見た渡は、ニヤリと笑みを浮かべてから俺の思惑通りに俺が折り目をつけてないババのカードを引いた。


「あ、あれっ!? どうしてだ!?」

「どうした渡? ババを引いたのがそんなに驚きなのか?」

「えっ!? あ、いや……そんな事はないさっ!」


 アハハハハッ――と、乾いた声を出して苦笑いを浮かべながら、渡はしきりに首を傾げて不思議そうにしていた。


「ちっくしょう……こうなったら俺もシャッフルさせてもらうぜ」


 そう言って両手を後ろにやり、渡はトランプをシャッフルをする。そして十分にシャッフルをして満足がいったのか、渡はるーちゃんの前にスッと二枚のカードを差し出した。

 しかし渡は愚かにも、自分でババに刻み込んだ折り目を上に向けた状態で手に持っている。


「うーん……どれにしよっかな……」


 るーちゃんは二枚のカードを前に右手を出し、どちらにしようかと迷っていた。


「……よし、これにしよっ」


 しばらく悩んだあと、るーちゃんは見事にババではないカードを選んで渡の手から抜き取った。


「やった!」


 どうやら選んだカードが狙いの一枚だったらしく、るーちゃんはほっとした様子で揃ったカードを椅子に備え付けられている小さなテーブルに置いた。

 もしもるーちゃがババを引きそうになったら上手い具合に誘導しなければと思っていたけど、その必要は無かった。そしてこの瞬間、るーちゃんと同時に俺の勝ち抜けも確定したわけだ。


「それじゃあ、引かせてもらうよ」

「やった♪ 私が四抜けだね」

「俺もこれで上がりだ」

「ええっ!? マジで!?」


 るーちゃんに続いて俺が勝利宣言を出すと、渡は驚いた声を上げて俺が捨てた手札を見た。


「何度見ても変わらないよ。昼飯、楽しみにしておくぜ?」

「ぐあ――――っ! どうして俺が負けるんだ!?」


 せこい真似をしてるからだよ――と言ってやりたかったが、それが露見ろけんすると渡はみんなから非難の嵐になるだろうから、今回だけは黙っておいてやろう。その代わり、昼飯は相当の覚悟してもらうつもりだ。


「やれやれ。いつもながら五月蝿うるさい奴だな」


 捨てられた手札を持って未だに発狂している渡を放置し、俺は補助席から自分の席に戻って背もたれに思いっきり背を預けた。


「渡君、今年も負けちゃったね」


 飛行機内に引き続き、俺の隣に居るまひろが少し申し訳なさそうにそう言った。


「まあ、アイツは行動と視線で色々とまる分かりだからな。負けて当然だろ」

「龍之介は渡君に厳しいね」

「そうか? 普通だと思うけどな」

「お昼ご飯も沢山注文しようとか思ってない?」

「そりゃあ、そうするに決まってるだろ? 渡の奢りなんだから」

「もう……あんまり意地悪しちゃ駄目だよ?」

「へいへい」


 俺が考えていた事などまひろにはお見通しだったらしく、軽く注意を受けてしまった。

 まあ、まひろに免じて注文する品を一品ぐらいは減らしてやるとしよう。


「――ねえ、龍之介。ちょっと話しておきたい事があるんだけど、いいかな?」


 ババ抜き勝負のあと、沖縄についての話や景色の話をしていた時、まひろが突然真面目な表情でそう聞いてきた。


「ん? どうしたんだ?」


 そんなまひろの態度に少し身構えると、まひろは別の席に居る茜とるーちゃんの様子を覗き見たあと、俺にしか聞こえない小さな声で話を始めた。


「自由行動でちゅら海水族館に行く時なんだけど、その時に僕がタイミングを見計らって茜ちゃんを連れ出すから、その時に龍之介は美月さんと朝陽さんを連れて二十分くらいどこかに行っててほしいんだ」

「美月さんと朝陽さんをか?」

「うん。頼めるかな?」


 これはおそらく、まひろが言っていた考えを実行する為に必要な事なのは分かった。俺に内緒にしているその考えの内容は未だに分からないけど、まひろが協力を求めて来た以上、俺にそれを断る理由は無い。


「分かった。二十分くらいでいいんだな?」

「うん」

「方法は何でもいいのか?」

「うん。それは龍之介に任せるよ」

「分かった。ちょっと大変そうだけどやってみるよ」


 その言葉を聞いてにっこりと微笑んだまひろは、コクンと頷いてから再びバスの外に視線を向けて景色の話を始めた。

 果たしてまひろにはどんな考えがあって、どんな事が俺の知らないところで進行しているのかまったく分からないけど、ここは親友であるまひろを全面的に信頼して任せるしかない。だって俺個人にできる事など、たかが知れているわけだから。

 こうして修学旅行中にお世話になるホテルへ到着するまでの間、俺はまひろと一緒に楽しく沖縄トークに華を咲かせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます