第136話・一つの方法

 修学旅行が十日後に迫っていた今日。

 俺達の班は学園に提出する自由行動中のプラン表を作成する為、放課後の教室に残って話し合いをしていた。


「やっぱり沖縄に行くなら、定番の名所はある程度押さえておきたいよな」

「そうだね」


 真剣に自由行動中のプランを考える中、俺の言葉にまひろが賛同の意を示しながら頷いた。

 みんなそれぞれに沖縄についての情報を持ち寄り、あれやこれやと意見を出してはプランの組み立てをしている。修学旅行はもちろん楽しみだけど、こうしてみんなで意見を出して行きたい場所を決める時間というのも、修学旅行前における醍醐味だいごみで楽しい。

 しかし本当ならみんなで意見を出し合って楽しみながら決めるところなのに、茜とるーちゃんは意見を出し合っている俺達を黙って見ているだけだ。


「な、なあ。茜はどこか行きたい場所は無いのか?」

「…………私は首里城は見ておきたいかな」


 気分の読めない今の茜は少し考える様子を見せたあと、いつもとは違う低いテンションでそう答えた。


「首里城か! いいな! 沖縄の名所の定番だもんな!」

「うん。確かに首里城は見ておきたいよね」

「私も見たいです」

「俺も見ておきたいな! みんなで首里城をバックに写真でも撮ろうぜっ!」


 茜が出した案を、まひろも美月さんも渡も快く受け入れてくれた。


「朝陽さんはどうかな?」

「うん。私も首里城は見たいな」

「よし! それじゃあ、自由行動での首里城見学は決まりだな!」


 俺の問い掛けに対し、るーちゃんはにこやかな笑顔を見せて頷いた。


「ところで、朝陽さんはどこか行きたい場所とかある?」


 茜の希望も聞いた事だし、これでるーちゃんの行きたい場所を聞いても問題無いだろう。


「えっと……一つだけ、どうしても行きたい場所があるの」

「どこですか?」


 るーちゃんの言葉に対し、美月さんが興味津々な様子で聞き返した。

 同じ転校生だからか、美月さんはるーちゃんの事をとても気に掛けてくれていた。これは現在の茜とるーちゃんの状況を考えれば、とてもありがたい。


「えっとね、那覇からちょっと遠いけど、ちゅら海水族館に行ってみたいの」

「美ら海水族館って確か、マンタとかジンベイザメとか、珊瑚さんごの展示で有名だよね」


 るーちゃんの提案に一番最初に反応したのは、意外な事に茜だった。


「う、うん! 水沢さん詳しいんだね」


 茜からの意外な言葉に対し、るーちゃんは嬉しそうに返答をした。


「あっ、いや……前にテレビで美ら海水族館の特集をやってるのを見た事があるから、それで少し知ってただけなの」

「そうだったんだ。私の希望はこの美ら海水族館くらいだけど……みんなはどうかな?」


 るーちゃんは遠慮がちにそう言うと、反応をうかがう様にしてみんなの顔を見た。


「私は行きたいな。美ら海水族館」


 そんなるーちゃんの言葉に真っ先に賛同の意を示したのは、またもや意外な事に茜だった。


「僕も行きたいな、水族館。ねっ! 龍之介」

「お、おう! 俺も行きたいな!」

「私も是非行ってみたいです」

「俺も俺もっ!」

「それじゃあ、美ら海水族館に行くのも決定だな!」


 みんなの賛同が得られたのを確認した俺は、すぐさま予定表に美ら海水族館と書き込みをした。


「ありがとう。水沢さん」


 真っ先に水族館行きに賛同してくれた茜に対し、るーちゃんが丁寧にお礼を言う。


「わ、私は別に……ただ、自分も行ってみたかっただけだから……」


 そう言ってるーちゃんから視線を逸らす茜。

 相変らずるーちゃんに対しての敵愾心てきがいしんはあるみたいだけど、こうしてみんなで何かを決める場面では素直でいてくれて助かった。


「よし。それじゃあ、残りの予定もちゃっちゃと決めよう!」


 こうしてみんなで意見を出し合い、自由行動中の予定を決めた俺達は、無事に学園へ予定表を提出する事ができた。


× × × ×


「龍之介ー!」


 自由行動の予定表を学園へと提出してから、俺がいつもどおり帰路を歩いていると、後からまひろが名前を呼ぶ声が聞こえて振り返った。


「どうした? まひろ」

「はあはあ。どうしても龍之介に話しておきたい事があって」

「話しておきたい事?」

「うん。例の件についてちょっとね」


 その言葉を聞いた俺は、一瞬で自分の表情が引き締まるのが分かった。

 俺はまひろと一緒に以前話しをした公園へと移動し、そこにあるベンチに座ってから話を始めた。


「それで、話の内容は何だ?」


 公園のベンチに座った俺は、同じく隣に腰を下ろしたまひろに対して急かす様にそう聞いた。


「うん。実はね、あの出来事の真相が分かったんだよ」

「あの出来事って……あの事だよな?」


 はっきりとその出来事を口にするのが嫌だった俺がそう聞くと、まひろは黙って一度だけコクンと頷いて見せた。


「僕の知り合いに同じ小学校だった女の子が居るんだけど、その子が偶然にもあの時の事を知ってたんだよ。それでね――」


 俺はまひろの言葉に黙って耳を傾け、その内容に聞き入った。

 まひろはそんな俺に対し、丁寧にその真相というのを話してくれた。


「――そういう事だったのか……」


 まひろからの話を聞いた俺は、ずっと昔から疑問に思っていた事や、少なからずるーちゃんに抱いていた疑念が一気に晴れた。もちろん、まひろから聞かされた話が全て真実とは限らない。

 だけど、まひろの知り合いが嘘をつく理由もなければ、話を捏造ねつぞうする理由も無い。だから信憑性もあると思うし、信じていい内容だと思った。それに俺自身、その内容はしっくりとくるものだった。


「少しは役に立てたかな?」

「おう。ありがとう、まひろ。おかげで色々とすっきりしたよ」

「ううん。お礼なんていいよ。悩んでる龍之介を見るのは辛かったし、それに茜ちゃんや朝陽さんの為でもあるから」


 そう言ってにこやかに微笑んでくれるまひろの心遣いが、今の俺には本当にありがたかった。俺は本当に良い親友をもったと思う。


「でも、これからどうするの? 茜ちゃんにこの事を話す?」

「……多分だけど、俺がその事を話しても茜は信じないと思うんだよな。むしろ、朝陽さんをかばってる――って思われる可能性が高いと思う」

「そっか……それじゃあ、僕から話をしよっか?」

「うーん……それはそれでマズイと思うんだよなあ……」

「どうして?」

「つまりさ、急にその話題をまひろが茜に振ったら、やっぱり茜はおかしいって考えると思うんだ。もしかしたら、俺がまひろにそんな事を言わせてる――とか考えるかもしれない」

「そ、それは考え過ぎなんじゃないかな……」

「いやいや。アイツは妙な勘繰りから、凄まじくずれた方向に考えを持って行くからな。考えられなくはないんだよ……」


 茜との付き合いが長い分、俺にはそんなエピソードも多々あった。


「なんとか自然な感じで茜がこの出来事について知る方法があればいいんだけどな……」


 俺が両腕を組んで悩みながら良い方法が無いかと考え始めると、隣に座るまひろは大空へと視線を上げた。


「――あっ! 龍之介。僕に一ついい考えがあるから、あとの事は僕に任せてみてくれないかな?」


 しばらく黙って考え事をしていたその時、まひろが明るい声でそんな事を言ってきた。


「本当か!? どんな方法なんだ?」

「内緒」

「なっ!? どうしてだよ!?」

「龍之介に話すと変に意識して失敗するかもしれないから、悪いけど内緒にさせてもらうね」


 そう言って右手の人差し指をピーンと立て、それを口元に付けるまひろ。


 ――ヤバッ! 超絶可愛いっ!!


「わ、分かったよ。でも、あとでちゃんとネタばらしはしてくれよな?」

「うん。もちろんだよ。でも、この方法を使っても、茜ちゃんと朝陽さんが確実に仲良くできるかは分からないよ? 僕が考えてる方法は、あくまでも二人が歩み寄る切っ掛けを作る為のものだから」

「分かってるよ。それにどんな方法を取ったって、結局最後にどんな行動を起こすかは本人次第だからな。まあ、どんな事をするかは分からないけど、よろしく頼むよ」

「うん。精一杯頑張るよ」


 いったいどんな方法を使うのかは分からないけど、こうしてまひろの秘密作戦が開始された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます