第126話・不思議な夢のお話

「桐生さん。俺は美月さんの食事とお薬の用意をするから、先に美月さんの様子を見て行ってもらってもいいかな?」

「OK! 美月ちゃんの部屋に突撃して来るね!」


 美月さんの家に入った所で桐生さんにそうお願いをすると、桐生さんはビシッと敬礼を決めてから静かでいて素早く階段を上って行った。


「ふう……」


 それを見た俺は、安堵から深い溜息を漏らした。

 妹の杏子が愛紗と由梨ちゃんを連れて我が家へと来たあの時、玄関で対面をした桐生さんと由梨ちゃんはお互いの名前を呼び合ったあとは沈黙し、そのままじっと見つめ合った状態になった。

 そして俺がその異様な雰囲気の二人を前に動揺をしていると、俺の洋服の胸ポケットに入っている携帯から軽快な音楽が鳴り始めた。すると見つめ合っていた桐生さんと由梨ちゃんは我に返ったかの様にして俺達を見回し、そのあとで桐生さんが『携帯鳴ってるよ? 取らないの?』と言ってきた。

 そんな桐生さんの言葉に慌てて携帯を取り出してから電話に出ると、その電話はお隣の家で寝ている美月さんからで、お腹が空いたからご飯が食べたい――という内容だった。

 俺は電話を切ったあとで杏子達に美月さんが風邪をひいている事、桐生さんが美月さんの前の学校からの友達である事を簡単に説明した。そしてその上で我が家の夕食の買い物を杏子達に頼み、俺は桐生さんを連れて美月さんの家へ来たと言うわけだ。


「――お待たせ」


 俺が台所でおかゆと軽いおかずの準備をしていた時、美月さんの様子を見に行っていた桐生さんが戻って来た。


「美月さん、どうだった?」

「薬が効いてるみたいで、だいぶ楽になったって言ってたよ。最初に見た時より顔色も良くなってたし」

「そっか。それなら食事もいけそうかな?」

「多分大丈夫じゃないかな」

「そっか。それじゃあ、おかゆに少しだけ具材を加えてみようかな」


 俺は美月さんの家の冷蔵庫に入れていた具材を取り出し、調理を再開した。


「へえー、ずいぶん手馴れてるね」

「まあ、今は妹と二人暮らしだし、簡単な料理くらいはできないとね」

「感心だねー」


 チラッと横を見ると、桐生さんはにこにことしながら調理の様子を見ていた。

 それにしても、こうやって料理をする様を観察されるのって、なんだか落ち着かない。


「……桐生さん。ちょっと聞いてもいいかな?」

「なーに? スリーサイズとエッチな質問以外なら答えてあげるよ?」


 ――なんだかどこかで聞いた事があるフレーズだな。


「あのさ、由梨ちゃんとは知り合いなの?」


 俺は調理をしながら桐生さんの方を見ずにそう質問をした。

 我が家での二人の様子を見る限りはこの質問は地雷な気もするけど、気になった事は聞かずにはいられないのが俺の性分だ。


「…………ううん。あのゆりちゃんて子と会ったのは、今日が初めてだよ」


 ほんの少しの沈黙のあと、桐生さんはさっきとは違った静かな口調でそう言った。


「それならどうして由梨ちゃんの名前を知ってたの?」


 その言葉を聞いて不思議に思いながら横を向き、俺はまた桐生さんに疑問を投げ掛けた。


「うーん……どうしてなのかな? 自分でも不思議なんだよね」


 そう言うと桐生さんは苦笑いを浮かべてその場から離れ、近くにあった椅子に腰を下ろした。


「実はね。私、時々見る夢があるの」

「夢?」

「うん。そこには私の知らない高校生のお兄ちゃんが居て、飼い猫の小さな時の姿があって、そして私の知らない私が、そこで幸せそうに微笑んでいる――そんな夢を見る時があるの。そして夢の中の私じゃない私は、お兄ちゃんと一緒に何気ない日常を送っている。その中にね、って友達が出て来るの。しかもその子が、さっき見たゆりちゃんて名前の子とそっくりで驚いちゃったんだ」

「夢の中に由梨ちゃんが?」

「正確に言うと夢の中に出て来る由梨ちゃんは小学生なんだけど、きっとあの夢の中の由梨ちゃんが大きくなったら、こんな感じになったんだろうなーって思ったんだよね」

「へえ……不思議な事もあるもんだね」

「うん」

「そういえば、由梨ちゃんも桐生さんの名前を呟いてたよね」

「あれには私もビックリしたよ。私と会った事なんて無いはずなのに。でもね、不思議なんだけど、初めて会ったって気はしなかったよ」


 そう言って桐生さんはにこやかに微笑んだ。

 それはまるで、長年会いたくても会えなかった大事な人にやっと会えた――と言った感じの嬉しそうな笑顔だった。


「そっか。もしかしたら、桐生さんと由梨ちゃんは前世で何か繋がりがあったのかもね」

「へえー。鳴沢君て前世とか信じる方なの?」

「うーん……信じるって言うか、そうだったら素敵だなーとは思うんだよね」

「素敵?」

「うん。だってさ、今の自分が自分として存在する前の自分が居て、そこで沢山の人と出会って、そこで結ばれた絆が生まれ変わった自分とその人達をまた繋いでくれる。そう考えると素敵だと思わない?」

「そっか……そうだね。とっても素敵な事だと思うよ。それにしても、鳴沢君は見かけによらずロマンチストなんだね」

「ははっ。そんな事は無いと思うけど、こういう考え方をする様になった切っ掛けはあるかな」

「切っ掛け?」


 その言葉に興味を持ったのか、桐生さんは椅子から立ち上がって俺の横へとやって来た。


「大した事じゃないんだけど、俺が愛読してる本があってさ、それを読む内にそう思ったりするようになったんだよね」

「へえー。ちなみにその本って何てタイトルなの?」

「えっとね、『俺に妹は居ないはずだが、突然妹ができました。』って本なんだけど、知ってるかな?」

「その本、読んでくれてるんだ」

「うん。あのお話は好きなんだよね。幽霊の妹とそれを見守る主人公に変な妖精、飼い猫とのエピソード、同じ幽霊の女の子のお友達。悲しい内容もあったけど、あの作品からは何気ない日常ってのがいかに幸せなのかを教えてもらった気がするんだよね」

「そっか……ありがとう、鳴沢君。お兄ちゃんに代わってお礼を言わせてもらうね」

「えっ? どういう事?」


 突然お礼を言われた事にもビックリしたけど、どうして桐生さんが自分のお兄さんに代わって俺にお礼を言うのかが分からなかった。


「あっ、突然ごめんね。その作品を書いた作者って、私のお兄ちゃんなんだよね」

「えっ? ええっ!?」


 驚愕きょうがくの事実を聞いた俺は、思わず大きな声を上げてしまった。

 しかし驚くのも無理はないだろう。だって色々と影響を受けた作品の作者の妹さんが、今こうして俺の目の前に居るんだから。


「あっ、この事はみんなには内緒ね?」


 そう言って桐生さんは、ピンッと立てた右手の人差し指を自分の口元に当てた。


「う、うん。でも、そうだとしたらあの作品って――」

「あっ! お鍋が噴いてるよ!」

「えっ!? あっ!」


 俺はその言葉に慌ててコンロのつまみを戻し、火の勢いを弱めた。


「ちょっとビックリしちゃったね。それじゃあ、そろそろ料理が出来上がりそうだから、私は美月ちゃんの所に行って準備しておくね?」

「あ、うん。お願いするよ」

「任せておいて♪」


 そう言うと桐生さんは台所をあとにし、美月さんの部屋へと向かって行った。


「……まあ、タイミングがあればまた話してみるか」


 俺はコンロの上で温めていた鍋をテーブルの鍋敷きの上に移し、美月さんが使っている茶碗に適量を入れてから飲み物とお箸を一緒にトレーに乗せ、そのまま台所をあとにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます