第127話・お話の切っ掛け

「うん! すっごく美味しい!!」


 自宅で料理を作ってくれていた杏子と愛紗と由梨ちゃん。その料理に舌鼓を打つ桐生さんは、それぞれが作った料理に箸を伸ばして口へと運ぶ度に絶賛の声を上げていた。

 俺が美月さんの家でおかゆを作ったあと、桐生さんがお粥を美月さんに食べさせるのを見ながら三人で少し雑談を交わし、そのあとで片付けをしてから自宅へと一緒に戻った。

 そして自宅へと戻った時にちょうど杏子達の夕御飯の準備が終わったらしく、そのまま俺達は夕食タイムへと突入したわけだが、戻って来た時には随分と料理が出来るのが早いなと思ったもんだ。

 俺としてはそんなに長い時間を美月さんの家で過ごしたつもりはなかったけど、結果として俺達は二時間くらい美月さんの家に滞在していたらしい。

 ではどうして二時間近くも美月さんの家に滞在していたのかと言うと、美月さんと桐生さんのやり取りを見聞きして楽しんでいたからだ。この二人のやり取りは結構面白くて、美月さんが病気だという事をつい失念して楽しんでしまっていたのだ。


「喜んでもらえて良かったです。いっぱい食べて下さいね」

「ありがとね。たっくさん食べちゃうよー!」


 美味しそうに料理を食べ進める桐生さんに、杏子がにこにことしながらそう言う。

 すると桐生さんは今まで遠慮していたのかは分からないけど、さっきよりも素早く箸を並べられた料理へと伸ばして口へと運び始めた。そんな桐生さんの食べっぷりは、はたで見ていて清々しさを感じるくらいだ。

 それにしても、杏子や愛紗とは違い、由梨ちゃんはあまり話しに参加して来ない。愛紗から人見知りだとは聞いていたけど、それは同性に対しても同じみたいだ。

 しかし例えそうだとしても、桐生さんの方を時々チラチラと見ている事に俺は気付いていた。やっぱり何だかんだで桐生さんの事は気になっているんだろう。


「でも、美月先輩が風邪をひいてるのに、私達がお泊りに来て良かったんですかね?」

「ん? 別にいいんじゃないか?」

「だって美月先輩が風邪で苦しんでるのに、私達は呑気にお泊りをして遊ぶのは悪い気がして……」


 愛紗らしい気遣いと言うか、いつもながら本当に思慮深くて優しい子だ。


「心配しなくて大丈夫さ。それに愛紗達が楽しそうにしてる声が聞こえたら、案外早く病気が治るかもしれないぜ?」

「うん、それは言えてるね。美月ちゃんは昔っから、楽しそうな事に混ざりたがるたちだったから」

「そ、そうなんですね。それなら良かったです」

「まあ、美月さんの事は俺と桐生さんがちゃんと面倒を見るから、君達はしっかりと遊びたまえ」

「ありがとう。お兄ちゃん」


 にこにこと笑顔を見せながらお礼を言う杏子。こういったところは今でも可愛いもんだ。

 そしてみんなで夕食を済ませたあと、食後のデザートを買い忘れてたと言い出した杏子が、コンビニへ買出しに行くと言い出した。

 しかし時刻はもう二十時を過ぎていて、夏とは言っても外は既に暗い。だから俺は今日のデザートは諦めるように言ったんだけど、杏子は断固としてそれを聞き入れなかった。


「――それじゃあ、私が一緒について行くよ」


 駄々をこね続ける杏子にどうしたものかと悩んでいたその時、桐生さんが一言そう申し出て来た。


「でも、もう外も暗いし危ないと思うんだけど……」

「心配いらないよ。私こう見えても小さな頃から合気道を習ってるし、変な人が現れてもしっかりと杏子ちゃん達を守ってあげるから!」


 桐生さんは俺の前で拳を構えたりしながら、その強さをアピールし始めた。

 しかしそんなものを見せられても、俺にはその強さがどの程度のものなのかが分からない。でも、ここで桐生さんの厚意を無下むげにするのもどうかとは思った。


「うーん…………分かったよ。それじゃあ、杏子達をよろしく頼むね?」


 とりあえず色々と思うところはあったけど、俺は渋々ながらも桐生さんの申し出を受け入れた。

 本当は桐生さんも女の子なんだから心配でしょうがないんだけど、ここまで言われてはしょうがないというのもあった。


「OK! この桐生明日香にドーンと任せておいて!」


 自分の右手をギュッと握り締め、それを胸に持っていってドンッと叩く桐生さん。その自信に満ち溢れた様は、それなりに頼もしく見える。

 それから準備を済ませた杏子達は、意気揚々とコンビニへ買出しに向かった。


「――ごめんね、由梨ちゃん。片付けを手伝ってもらって」


 杏子達がコンビニへ出掛けたあと、皿洗いを始めた俺の隣で由梨ちゃんが洗ったお皿を食器拭きで拭くお手伝いをしてくれていた。


「いいえ。いつもお姉ちゃんの手伝いをやっていますから、気にしないで下さい」

「それにしても愛紗の奴、由梨ちゃんも一緒に連れて行ってやればいいのにな」


 桐生さんの同行でコンビニへ行く事が決まった時、愛紗は由梨ちゃんに我が家へ残るように言ったんだそうだ。


「いいんですよ。それにきっと、お姉ちゃんは私の事を心配してそう言ってくれたんだと思いますから」

「心配して?」

「はい。もしもの事があったらいけないとか、危ない目に遭わせたくないとか、昔からお姉ちゃんは私を気遣ってくれてましたから」

「なるほどね。それは愛紗らしいや」


 由梨ちゃんの言葉を聞いた俺は、それに対して素直に納得をした。

 愛紗はとても妹想いで、由梨ちゃんのにこにことした表情を見ていると、それだけで愛紗が由梨ちゃんの事を本当に大事にしているのが分かる。


「……ねえ、由梨ちゃん。ちょっと質問をしてもいいかな?」

「はい? 何ですか?」

「由梨ちゃんてさ、桐生さんの事を知ってたの?」

「それは…………」


 俺がした質問の内容を聞いた瞬間、由梨ちゃんのお皿を拭く手が止まった。

 そしてそれに合わせる様にして、俺もお皿を洗う手を止めた。


「……実は、明日香さんとはまったく面識は無いんです」


 やっぱり桐生さんと由梨ちゃんに面識は無かった。

 それにしても不思議だ。お互いに面識の無い者同士が、初対面でお互いが知らないはずの相手の名前を呟く。世の中では色々と不思議な事が起こったりもするものだろうけど、実際にそれをの当たりにすると、とても信じられない気持ちになる。


「でも、なぜか明日香さんとは初めて会った気はしませんでした。なんだか遠い昔、私と明日香さんは出会った事がある様な気がするんですよね」

「もしかしてだけど、由梨ちゃんも夢の中で桐生さんに似た人を見たとか?」

「えっ!?」


 俺の言葉に由梨ちゃんはとても驚いた表情を見せた。

 由梨ちゃんとの付き合いはまだそれほど長いわけではないけど、こんな風に驚いた表情を見るのは初めてだ。


「やっぱりそうなの?」

「……はい。時々夢に見るんです。今の私とは違う幼い私が居て、そこには優しいお兄ちゃんが居て、そして私ととっても仲良くしてくれている、桐生明日香ちゃんていう女の子が居て、そんな中で私は幸せそうに微笑んでいる――そんな夢を」


 不思議な事だけど、由梨ちゃんの口から語られた話は、俺が桐生さんから聞いた話とかなり類似点が多い。


「そして今日、こちらに来て明日香さんを見た時に思ったんです。やっと会えた――って」

「やっと会えた?」

「はい。なぜかは分かりませんけど、きっと私と明日香さんは、以前に出会っていた事があると思うんですよね」

「それって、前世で二人は友達だった――とか?」

「本当に前世なんてものが存在するのかは分かりませんけど、私は今日、そうだったんじゃないかな――って思える様になりました。小さな頃からずっと見ていた不思議で温かい夢、その中に出て来る明日香ちゃん。そして今日、初めて出会った明日香さん。この出会いに私は不思議な繋がりの様なものを感じましたし、きっと明日香さんもそうなんじゃないかと思うんですよね」


 そう言って由梨ちゃんはにっこりと微笑んだ。

 そしてその表情はとても晴れやかで、とても優しかった。


「そっか……もしも本当に前世からの繋がりだとしたら、とっても素敵な事だよね」

「はい。私、明日香さんとはとっても仲良しになれそうな気がします」

「うん。人懐っこい人だし、きっとすぐに仲良くなれると思うよ?」

「そうですね。私、明日香さんが買い物から帰って来たら、色々と話をしてみようと思います」


 由梨ちゃんはそう言って笑顔を浮かべると、持っていた皿を優しく丁寧に拭き始めた。

 そしてそんな由梨ちゃんの表情は、桐生さん達の帰宅を今か今かと心待ちにしている様な感じだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます