第113話・太陽の下の向日葵

 夏休みを迎えてから七日目の朝。

 俺は地元の駅前にある時計台の下へとやって来ていた。

 そして俺は腕組をして街を行き交う人達を見ながら、時折後ろにある時計台を見る。


「八時十六分か。もう少しだな」


 あともう少しすれば、昨日まひろと約束をした時間がやってくる。それを確認した俺は上へと向けた視線を街の中へと戻し、再び過ぎ行く人達を見る。

 そこには仕事に行くと思われる人達、これから遊びにでも行くのだろうと思われる人達など、色々な人達が老若男女問わずに行き来している。

 それにしても、本当に毎年夏の暑さはたまらない。

 どちらかと言うとまだ朝早い時間帯なのに、街を照らしている太陽は加速度的にその光の下にある人や物を熱していく。おそらくあと数時間もしない内に、至る所の地面から陽炎かげろうが立ち上り始めるだろう。

 あのギラギラとした強い光を放つ太陽を見ていると、今日も暑くなる事は間違い無いと断言できる。

 夏は長期の休みがあるのが嬉しいところだけど、不快感を伴うジメジメとした暑さだけは勘弁してほしい。そしてその不快感を三割り増しにしているのが、蝉達のせわしい鳴き声だ。


「あっ! お兄ちゃーん!」


 夏の良い点と悪い点についてつらつらと考えていると、明るく元気に弾む涼やかな声が聞こえてきた。

 そんな声に俺が振り向くと、真っ白なワンピースに向日葵ひまわりのアクセサリーが付いた麦わら帽子を被ったまひるちゃんの姿があった。そんなまひるちゃんは麻紐あさひもを編んだ様なバッグを左手に持ち、右手を大きく振りながら早足でこちらへと向かって来ている。


「おはよう。まひるちゃん」

「おはようございます! あの、待たせてしまったみたいでごめんなさい」


 俺の前へとやって来たまひるちゃんは挨拶を済ませると、丁寧にペコリと頭を下げた。いつもながら礼儀正しい子だ。


「別に謝る事はないよ。約束の時間まではまだだったんだし」

「でも、待たせたのは事実ですから」

「いいよいいよ。それに今日は二人で遊びに行くんだから、細かい事は気にせずに楽しもう」

「はいっ!」


 まひるちゃんは元気で明るい返事のあと、にっこりと嬉しそうに微笑んだ。

 そして二人で駅の中へと入り、そこから一時間くらいかけて今日の目的地へと向かった。


× × × ×


「わー! きれーい!」


 午前九時三十七分。

 目的地に着いた途端、まひるちゃんはその光景を見て目を輝かせながら甲高かんだかく弾んだ声を上げた。俺はそんなまひるちゃんを見ながら、目の前に果て無く広がる海を眺めた。

 波打つ海面は太陽の強い陽射しを浴びてキラキラと輝き、砂浜と海の境目では三歳くらいの小さな子共がおぼつかない足取りで遊んでいるのが見え、そしてその小さな子供の近くでは、若い夫婦がにこやかな笑顔を浮かべながらその子供の様子を見ている。

 そんな様子を見てから砂浜全体を右から左へ見回すと、やはり夏休みという事もあってか、多くの若者の姿が居る様に見えた。

 まあ、夏と言えば海――ってのは若者なら自然な発想だと思うし、そこへ遊びに行くというのも自然な事かもしれない。しかし俺の視線の先には、ムカツクくらいに沢山のカップルと思われる組み合わせがひしめき合っている。


「お兄ちゃん! 早く行きましょう!」


 砂浜でイチャつくカップルに呪いの視線を向けていると、まひるちゃんは弾んだ声のままで俺の左手を握ってグイグイッと引っ張ってきた。


「そうだね。行こっか!」


 イチャつくカップルを見て曇った俺の心を一瞬で浄化するまひるちゃんの笑顔を見て返事をし、手を引かれながら砂浜へと続く階段を下りて行く。

 そして海へ遊びに来た人達の為に設けられた更衣室で着替えた俺は、砂浜でまひるちゃんが来るのを今か今かと待っていた。


「――お、お待たせしました……」


 海辺で大人しく座って待つこと約十五分。

 強さを増していく太陽の陽射しに耐えながら吹き出る汗を腕で拭っていると、背後から明らかに恥じらう様な声が掛けられた。


「おおっ!」


 その声にぱっと後ろを振り向くと、綺麗な青空を思わせるスカイブルーのワンピース水着に身を包み、朝から被っていた向日葵のアクセサリー付き麦わら帽子を被り、重ね合わせた手をモジモジとしているまひるちゃんの姿があった。


「あ、あの……ど、どうですか? 似合ってますか?」


 ――何だこの超絶可愛い美少女は!? このままお姫様抱っこで抱え上げてチャペルに飛び込みたいっ!


 久しぶりに俺の中の可愛いメーターが振り切れ、頭の中で妄想が暴走する。


「すっげー似合ってるよっ! まひるちゃん!」

「ほ、本当ですか? 良かったです……」


 ワンピース水着のスカート部分を両手で軽く掴むと、まひるちゃんは恥ずかしげにしながらも嬉しそうに微笑んだ。

 俺はその可愛らしい姿を直視し続けるのは危険だと思い、少し気持ちを落ち着かせる為に海へと視線をらした。


 ――ああ……空も海も青いなあ…………。


 水平線の彼方まで続く鮮やかな青色。そこにアクセントの様に浮かぶ白い雲。

 その光景に少し心を落ち着けた俺は、改めてまひるちゃんの方を向いてその姿を目に焼きつけた。


「ふうっ……さて、まずは何をしよっか? さっそく海に入る?」


 実は今日、こうしてまひるちゃんと海へ遊びに来たのは、兄のまひろからそうお願いをされたから。つまり今日、俺はまひろの代わりに保護者をやってるってわけだ。

 そして実に意外な話だけど、まひるちゃんは今まで海で遊んだ事が無いらしく、海を見に行ったのも小さな頃の一度だけらしい。

 本来なら友達と行くのが普通なのかもしれないけど、なんでもまひるちゃんには悩みと言うかコンプレックスがあるらしく、そのせいで友達と海へ行く事を拒否していたんだそうだ。

 その悩みというのは、昨日まひろに『まひるを海に連れて行って欲しい』と頼まれた時に聞かされたんだけど、それはこの時期の女の子らしい悩みだと思えた。

 こんなに可愛らしいまひるちゃんの抱えるコンプレックス。それは、胸が小さい――という事。男からすればあまり大した事には思えないけど、女性にとっては重要な問題なんだろう。

 つまりまひるちゃんは自分の小さな胸にコンプレックスを抱くあまり、周りの視線が気になってこうした場に行く事を避けていたらしい。

 それに友達の女の子はとても発育が良いらしく、一緒に行って比較されるのも悲しいとの事で、それも海などへ行く事を躊躇ちゅうちょする要因となっていたとの事だ。

 しかし、夏休みに夏らしく海で遊んでみたい――という欲求も当然のようにあったまひるちゃんはその事で悩んでいたらしく、その事を知ったまひろが手始めに慣れる為にと白羽の矢を立てたのが俺だったらしい。

 本当ならまひろがその役目をしてやるのがベストなんだろうけど、俺と海へ行くのがまひるちゃんたっての頼みだというのだから、俺としては嬉しいもんだ。

 しかし俺も男である以上、女性の胸にはとても興味がある。だから自然とその胸部に視線が向かってしまうが、今日はそれをするわけにはいかない。

 なにせまひろは俺を信用して今回の件を頼んだんだから、絶対にまひるちゃんが胸の事を気にする様な事をできないのだ。

 ちなみにだが、まひるちゃんは俺がまひるちゃんのコンプレックスをまひろから聞いた事を知らない。

 だから表向きは、海へ行った事が無いまひるちゃんと海へ遊びに行く――というのが大前提となっている。故に胸の件についてまひろから聞いた事は、絶対にまひるちゃんには内緒だ。


「えーっと……それじゃあ、まずはアレをしてほしいです!」

「えっ!?」


 まひるちゃんが指差す方向を見た俺は、その光景を見て激しい動揺を起こした。

 指差された場所で行われている行為。それは一組のカップルの彼氏が、彼女の背中に日焼け止めを塗ってあげているという光景。

 まひるちゃんはそれを見て動揺する俺をよそに、俺の右手をギュッと握って可愛らしく微笑む。

 こうして親友の妹、まひるちゃんとの海遊びは幕を開けたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます