第112話・親友の頼み事

 夏休み六日目。

 予定では今日、夏休みの宿題がほとんど終わる事になっている。

 そして今日の俺は、昨日よりも更に気合を入れて勉強に取り組んでいた。

 普段なら勉強など適当にやって誤魔化すところだけど、まひろは結構しっかりしているので、一定の時間が経つと勉強の進行具合を確かめてくる。そこで俺が適当な答えでも書いていようものなら、すぐさまやり直しをさせられてしまう。よって、適当に解答をして切り抜ける――という事はまずできない。

 それに昨日はベッドの下に置いていた俺の秘蔵本をまひろに見られた事で気まずさもあり、俺はもっと手を抜けない状況へと陥っていた。

 実はまひろ、エッチな類の話が苦手みたいで、そんな事を感じさせる類の発言をすると、すぐに顔を真っ赤にして黙り込んでしまう。

 中学生の時に俺の秘蔵本を見せてやろうとした時なんか、手渡した本の表紙を見た瞬間、白く綺麗な肌がパッと赤く染まったかと思うと、そのまま激しく取り乱しながら秘蔵本をビリビリに破かれた――というエピソードもあるくらいだ。

 まあ、あの時は秘蔵本を失った悲しみよりも、まひろの取り乱しようにビックリした俺が終始必死になって謝っていたのを覚えている。

 でもあの時だって、別に意地悪をするつもりでそんな事をしたわけじゃない。まあ、初心うぶなまひろがどんな反応をするのか興味が無かったかと言えば嘘になるけど、まさかあんなに取り乱すとは思ってなかった。

 それに他の男友達に見せてやった時にはみんな喜んでくれたし、まひろだって興味くらいはあると思ってたんだが、その予想は完全に的外れだったわけだ。

 しかし幸か不幸か、今日はこの緊張感のおかげで勉強は思ったよりも進んでいる。

 まひろには今朝、家に来た段階でちゃんと謝ったんだが、あの時はさながら、付き合っている彼女に見つかってはいけない物が見つかり、それを許してもらおうと必死になっている彼氏――という様な気分だった。

 俺が異性と付き合った経験が無い以上、この例えをするのはおかしいと思うが、あながち間違った表現ではないと思っている。

 そんなまひろは俺が謝った時点で、『僕こそ突然帰ってごめんね』と謝ってきたから、とりあえずそれでこの件はお終いのはずだったけど、やはりまひろから感じる雰囲気はいつもとは違う。


「――そ、そろそろお昼の休憩にしよっか?」


 カリカリとノートに向かってペンを走らせていると、まひろが突然ぎこちなくそう言ってきた。

 部屋の壁掛け時計に視線をやると、もう午後十二時三十六分になっていた。俺はこの時ほど時の流れを早く感じた事はない。


「そ、そうだな。何か食べるか」


 そのぎこちない問い掛けに、俺も思わずぎこちない返事をしてしまう。

 そして二人でリビングへと下り、台所で夏の定番お手軽料理とも言えるそうめんを茹でる。

 おそらく日本において、そうめんが一番食べられるのがこの夏という季節だ。そしてその消費は、夏のお昼が最も多いのではないかと思う。まさに夏を代表する――いや、夏をイメージする食べ物の一つと言えるだろう。

 それからしばらくして茹で上がったそうめんを、リビングでまひろと一緒にツルツルとすすり上げながら食べる。

 相変らず俺達の間には妙な緊張感が続いているけど、リビングにあるテレビを見る事でお互いに無言である事が不自然ではなくなっているのが幸いだ。

 テレビから流れてくるニュースに耳と目を傾けながら時折まひろの方を見て様子を窺うと、まひろはなにやら伏せ目がちにしながら顔だけをテレビの方へと向けている。

 やはりこの様子から察するに、昨日の件が尾を引いているのは間違い無い様子だ。しかし朝にちゃんと謝った以上、俺にはもうやれる事は無い。あとは時間が解決する事を願うしかないだろう。中学時代のあの時もそうだったみたいに。

 それから昼食を終えた俺は、再び地獄の夏休み宿題コースへと戻った。


「――ねえ、龍之介。ちょっと聞いてもいいかな?」


 勉強の後半戦が始まってからどれくらいの時間が経っただろうか。

 静かな室内で勉強に精を出していた俺がもう少しで宿題のノルマが終わるなと思っていたその時、まひろが突然静かに声を掛けてきた。


「何だ?」


 最初は何か解らない問題でもあったのかと思ったけど、俺が教えてもらっているこの状況で、まひろが宿題に関して俺に質問をしてくる事は無い。仮にそうだったとしても、まひろが解らない問題を俺が解けるはずがない。


「えっと……あのね……」


 まひろは少し顔を紅くすると視線を落としてから両手の指を合わせ、人差し指をクルクルと回してモジモジし始めた。その様子を見る限り、よほど言いにくい事なんだろうとは思ったけど、その内容がどんな事なのかは正直予想すらできなかった。

 俺はまひろが何を言いたいのかを急かすわけでもなく、ただじっとその続きを言葉にするのを待った。


「……あ、あのね……龍之介ってさ、む、胸の――な――が好きなの?」

「えっ? 何だって?」

「だ、だから……龍之介は胸の大きな女の子が好きなの?」


 まひろは羞恥心に耐える様に顔を真っ赤に染めながら、今度ははっきりとした声でそう聞いてきた。

 そしてそれを聞いた俺は、正直言ってビックリした。だってエロ本の表紙を見ただけで取り乱すまひろが、『胸の大きな女の子が好きなの?』とか聞いてきたんだから。

 これが他の男子との会話なら、『ああ! 好きだぜ!』とか素直に答えればいい。だけど今目の前に居る相手はまひろだから、この質問にどんな意図が隠されているか分からない以上、迂闊な返答はできない。

 俺は腕組をしつつ頭を下げ、慎重に返答内容を熟考する。よもや女の子の胸についてここまで悩む事が人生においてあるとは思っていなかった俺は、先程までしていた宿題以上に思考をフル回転させていた。


「…………」


 状況は先程と逆になり、今度はまひろが俺の返答を静かに待っている状態だ。

 ただでさえ返答を迷っているというのに、無言で向けられるまひろの視線が俺を更に焦らせていく。


「――あー、えっとあの……ま、まあ、胸の大きな子も好きかな」


 結局、俺が熟考した末に出した返答はこれだった。

 だってどんな返答をしたとしても、結局まひろの質問の意図が分からない以上、どういう反応になるかは分からないんだ。だったら素直に答えておくのが無難だと思えた。


「そっか。やっぱり胸の大きな子がいいんだね……」

「まひろ。お前の言っている事は間違ってるぞ」

「えっ?」

「俺は、胸の大きな子も好きだ――とは言ったけど、胸の大きな子がいい――とは言ってないぜ?」


 随分と間抜けな主張をしていると思うが、これは結構重要なところだ。

 男にはそれぞれ、女性の胸の大きさや好みってのがあるだろう。しかし胸が大きかろうが小さかろうが、それが好きな相手なら大して気にならないと思う。

 それに好きな相手ではないとしても、女性の胸には男性の果てしなき夢がふんだんに詰まっている。小さいなら小さいなりに、大きいなら大きいなりに、それぞれ良いものなんだ。それをいちいち比べて評価するなんて、俺からするとナンセンスとしか言いようがない。


「じゃ、じゃあ、別に胸が小さな女の子でも大丈夫って事?」

「はっきり言って、まったく問題は無いな」


 つい力強く即答してしまったが、我ながらアホな事を胸を張って言ったものだと思った。


「そっか。良かった……龍之介。頼みがあるんだけど、いいかな?」


 いったい何が良かったんだろうと思っていると、まひろが珍しく真剣な表情でそんな事を言ってきた。

 そしてまひろの真剣な頼み事を聞いた俺は、その頼みを快く引き受ける事にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます