第114話・意外な一面

 青空に大きな入道雲が浮かび始めたその下の砂浜で、俺はまひるちゃんと一緒になって穴を掘っていた。

 勘違いが無い様に言っておくが、穴とは言っても落とし穴じゃない。いくらなんでも、この歳になって落とし穴を掘るほど俺はお子様ではないのだ。

 しかしもしもこの場に渡が居たら、面白そうだと落とし穴を掘ったかもしれない。


「お兄ちゃん。これくらい掘ったら大丈夫ですか?」


 まひるちゃんは砂まみれになった左手を穴から出し、にこやかに、そして楽しそうに問い掛けてきた。


「うーん……あともう少しかな。まひるちゃんはもう手が届かないだろうし、あとは俺が掘るから手を洗っておいでよ」

「はいっ! それじゃあ、あとはお兄ちゃんにお任せしますね♪」


 まひるちゃんはそう言うと、楽しそうにハミングしながら手を洗いに行った。

 そして俺はその姿を見送ったあと、二人で掘っていた穴の更に奥へと手を伸ばし砂を掻き出した。

 なぜ俺達が砂浜に穴を掘っていたのかと言うと、海の家でレンタルしたビーチパラソルを立てる為だ。

 日焼け止めを俺に塗ってもらう事をお願いしてきたまひるちゃんは、その前にもう一つやりたい事があると言って俺を海の家まで連れて行き、そこで一つのビーチパラソルを指差して一緒にそれを立てたいと言ってきた。

 本当なら女性は男性がパラソルを立てるのを見ているのが普通なのかもしれないけど、まひるちゃんはその作業すらも体験したいと言った。なんとも好奇心旺盛な子だが、それがまひるちゃんの可愛いところだと思う。

 それに、一生懸命に砂を掻き出しながら楽しそうにしているまひるちゃんを見ている時は、こちらも釣られて穴堀が楽しかった。まるで小さな頃、茜と公園の砂場でやっていた砂遊びの事を思い出す様な感じで。


「よしっ! こんなもんかな」


 パラソルがどの程度まで埋まるかを確認した俺は、パラソルを引き抜いて横に置き、まひるちゃんが戻って来るのを待ちながら辺りを見回した。すると来た時よりも更に多くの海水浴客が砂浜と海にひしめいていて、それだけでこの周辺の温度がかなり上昇しているのではないかと感じる。

 その熱気の様なものは人の体温だけでなく、楽しげにしている様から発せられるものや、忌々しくもいちゃついているカップルのラブパワーとも言える暑苦しいものまで様々あるだろう。


「ちっ……家族連れはともかくとして、カップルは新たな穴を掘ってそこに埋めてやりたくなるぜ」

「何を埋めたくなるんですか?」

「えっ!?」


 声がした先には手を洗い終えて戻って来たまひるちゃんが居て、不思議そうな表情で首を傾げている。


「な、何か聞いた?」

「はい。『新たな穴を掘って埋めてやりたくなるぜ』とか言ってましたよ? だから何を埋めたくなるのかなーって思って」


「そ、それはその……あっ、この前ゲームを貸していた渡って奴が俺のゲームデータを消しやがってさ、それで反省の色が無いそいつを反省させる為に、新たな穴でも掘って埋めてやりたいなーと言ってたんだよ。うん」


 我ながらアホな理由を述べていると思う。

 でも、あの時は本当に渡の奴を地面に埋めてやりたくなったんだ。まあ、一年以上前の話になるけど。


「あはは。そうだったんですね。お兄ちゃんは色々な人と仲が良さそうでいいなあ」

「まひるちゃんだって沢山の人と仲良くしてるでしょ?」

「私、こう見えて結構人見知りなんですよ? 同性でも話すのは苦手だし、異性になると龍之介お兄ちゃんくらいしかまともに話せませんし」

「えっ? そうなの?」


 その話を聞いた俺は、意外でしょうがなかった。

 俺から見たまひるちゃんはとても明るくて元気で社交的な感じがして、積極性もある子だ。そんなまひるちゃんが、まひろと同じ様に人見知りだとはとても信じられない。


「はい。だって私、他の男性の前では震えちゃって話もできませんから」


 苦笑いを浮かべたまま、ぎこちなく笑顔をつくろうとするまひるちゃん。どうやら言っている事は嘘や冗談などではないみたいだ。

 まあ、まひるちゃんが俺に嘘をつく理由なんて無いだろうし、本気で疑っていたわけでもない。それにしても、男性に対してそんなに苦手意識があるのに、よく俺の事は平気だな――と、それだけは何よりも不思議に思った。


「でも、俺と初めて会った時とか普通に感じたけどね」

「あの時だって、本当はすっごく緊張してたんですよ?」

「そうなの?」

「そうですよ。だって、初めてまひろお兄ちゃん以外の男性とお話をしたんですから。ずっと心臓がドキドキして、どうしようかと思ってたんですよ?」

「そ、そうなんだね」


 そんな事を可愛らしく、恥ずかしげに上目遣いで言うまひるちゃん。


 ――い、いかん。このキュートさはヤバイ。今にも抱き締めてしまいたくなる……。


 まひるちゃんの可愛らしく愛くるしい姿に、俺の心には素直な欲望が渦巻き始める。だが俺は心の中にある全理性を総動員し、その衝動を抑えにかかった。


「はい。でも多分、まひろお兄ちゃんから色々と龍之介お兄ちゃんの話を聞いていたから、少しは平気だったんだと思います。最初はちょっと恐かったけど……でも、まひろお兄ちゃんから聞いていたとおり、龍之介お兄ちゃんは素敵な人でした」

「そうだったんだ。まひろってさ、普段は俺の事をどんな風に話してるの?」


 まひるちゃんの言葉に照れくささを感じながらも、まひろが俺の事をどんな感じで話しているのか興味はあった。まひろが普段の俺をどういう風に見ているのか、そういった話を誰にも聞いた事が無かったからだ。


「そうですね……ラブコメ作品が大好きで、そんな物語の恋愛に憧れているとか、世の中のカップルを敵視しているとか、他にも変な独り言が多いとか、妹さんを溺愛しているとか、ゲームが大好きだとか、他にも色々です」


 ――なんだその説明は。それじゃあまるで、俺がゲームとラブコメが大好きな、リア充を呪っている独り言の多いシスコン野郎じゃないか。あれっ? 間違ってはいないのか? いやいや!? 他はともかくとして、俺は決してシスコンじゃない。


「ど、どうかしました?」

「えっ!? あ、いや、なんでもないよ。ほら、帰って来たんだし、早くパラソルを立てよう!」

「そうですね」


 ――いかんいかん。これではまひるちゃんに、俺が変な奴だというイメージを植え付けてしまいかねない。


 俺は寝かせていたパラソルを持ち上げて傘を開き、持ち手の部分を穴に突き立てた。


「それじゃあまひるちゃん。このパラソルを押さえててくれるかな? その間に俺が穴を埋めていくからさ」

「はい!」


 まひるちゃんは俺の言葉に元気に返事をしながら頷くと、楽しそうにパラソルを持ってそれを支えた。

 俺はそんなまひるちゃんの下で、パラソルを固定する為に穴へどんどん砂を入れていく。本当はサンドペグとかを使って補助固定をした方がいいんだけど、今日は風も弱くて穏やかだし、パラソルの芯も十分に深く埋めているから大丈夫だろう。

 こうしてパラソルをしっかりと地面に固定したあと、俺はまひるちゃんに一言言ってから近くの簡易シャワーがある場所へと向かい、そこで身体に付いた砂を洗い落とした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます