第111話・闇の中からこんにちは

 夏休み五日目。

 外は昨日と同じ様に、ギラギラと輝く太陽がその光であらゆるものを熱く照らしている。

 自室にある壁掛け時計は既に午前十時過ぎを指し示していて、俺は昨日と同じくクーラーが程良く効いた室内でまひろと一緒に勉強をしていた。

 昨日は調子に乗って長く遊び過ぎたせいで深夜遅くまで勉強に励む事になり、俺はまともな睡眠時間も取れないままに朝を迎えて再び夏休みの宿題地獄へと突入している。

 そして案の定、俺は睡眠不足のせいで昨日以上に集中できないでいた。


「さっきから手が止まってるけど、解らない問題でもあった?」


 シャープペンを右手に持ったままでじーっとノートを見つめていた俺に、まひろがいつもの涼やかな声でそう問い掛けてきた。


「あっ、いや、何でもないよ」

「そお? それならいいけど」


 苦笑いを浮かべながら問い掛けに答え、再びペンを走らせる。

 さすがにここで、深夜まで勉強をやってたから眠い――なんて言えるはずもない。言ってしまえばまひろは絶対に心配するだろうし、元はと言えばそれは俺が言い出した我がままが原因なんだから。

 それなのに、こうして勉強を見に来てくれているまひろの手をこれ以上煩わせるのは申し訳ない。だからここは、いつも以上にしっかりと気合を入れて頑張らないといけない。

 そう思って気合を入れ直し、まひろに気を遣わせない為に頑張って宿題に挑んでいたけど、さすがにお昼を迎える頃には集中力が切れかかっていた。


「龍之介。そろそろお昼だし、休憩にしよっか?」


 そろそろ集中の限界が訪れようとしていた俺に、まひろがグッドタイミングでそう言ってきた。俺はその言葉に大きく頷き、まひろと一緒にリビングへ下りてから昼食を摂る事にした。

 杏子は俺が演劇の手伝いから帰って来た次の日、つまりは昨日から友達の家で三泊四日の勉強合宿を開いているらしい。そのせいもあるのか、今の我が家はとても静かだ。

 こうしてまひろと一緒に昼食を作り食事を済ませたあと、俺は再び勉強地獄へと舞い戻った。


 ――ヤバイ……眠さが押し寄せてくる。


 勉強を再開してから一時間が経過した。

 本当ならテキパキと勉強を進めて今日の分を早く終わらせたいところだけど、ただでさえ眠気が激しかったところに食欲が満たされたものだから、食事前に感じていた眠気が今は何倍にもなって俺に襲いかかってきていた。

 頭はフラフラと揺れ、まぶたも小刻みに上下しているから、いつ夢の世界へ旅立ってもおかしくない。


「龍之介。眠そうだけど大丈夫?」


 さすがにこんな状態の俺を見れば、眠たいって事はモロバレになるだろう。


「ああ、わりい。昨日うまく寝つけなかったもんだからさ」

「そうだったんだ。昨日の夜は特に蒸し暑かったもんね」


 まひろは俺の言葉を聞き、寝つけなかったのは暑さのせいだと思ってくれたみたいだった。そしてまひろには悪いと思いつつも、俺はまひろの勘違いに乗る事にした。


「そうなんだよ。すげー暑かったからな」

「そっか……それじゃあ、少しお昼寝する?」


 まひろは静かにノートや教科書を閉じると、にっこりと笑顔でそう言ってくれた。

 なんともまひろらしく優しい気遣いだが、さすがに勉強を見に来てもらっているのに、俺が呑気に寝るわけにはいかない。


「いや、それはまひろに悪いからいいよ」


 そう言うとまひろは口を尖らせながらこちらへと近付き、その場で俺を立たせた。


「ど、どうしたんだよ。まひろ」

「そんなに眠そうにしてたら勉強にならないよ。それに集中力もなくなってるし、少しだけでも寝てから勉強をした方が効率的だよ。ほら」


 そう言ってまひろは立たせた俺をベッドへと押しやって行く。

 いつもは消極的なところが目立つまひろだが、それはあくまでも自分に関する事で、その対象が俺や茜などになるとまるで別人の様に変わる。言ってみればまひろは、凄く献身的なのだ。

 意外に思うかもしれないけど、俺が知る限りではまひろの交友関係はそう広くない。それはもちろん、まひろの消極的な性格が影響しているせいもあるだろう。

 だけど俺は、それが悪いとは思わない。別に友達の多さが人としての優劣を決める決定的な要素ではないからだ。要は友達が多かろうと少なかろうと、その人達を大事にできるか、大事に思えるかが重要なんだから。

 そういった意味では、俺はまひろから凄く大事に思われている事が分かる。それは俺としては嬉しい事なんだけど、時にはその献身さを自分の為に使ってもいいと思う。まあ、そういった器用な事ができないのが俺の親友、まひろなんだけど。


「……分かったよ。それじゃあ、少しだけ寝かせてもらうな」

「うん」

「寝てる間は部屋の物を自由に使っててくれよ」

「うん。ありがとう」


 俺はまひろにそう言い、静かにベッドの上で横になった。そして横になった時にふと横目でまひろを見ると、テーブルの上にあるコップを手に持ち、中のお茶をちびちびと飲み始めた。

 まるで小動物の様な可愛らしい飲み方を見つつ瞳を閉じると、すぐに心地良い眠りの波が広がり、俺は夢の世界へと旅立った。


× × × ×


「んん……」


 眠りから薄く目覚めた俺が壁掛け時計の針を見ると、時刻は十六時になる直前を指し示していた。


 ――昼食を食べ終わったのが十三時頃だったから、三時間くらい寝てたわけか……。


 寝ぼけた頭で薄っすらとそんな事を思いながら上半身を起こすと、俺の寝ているベッドに寄りかかっているまひろの姿が目に映った。


「まひろ?」


 軽く呼び掛けてみたが、まひろは何の反応も示さない。

 俺はそっとベッドから下り、まひろの様子を窺う為に正面へと回った。


「なんだ。寝てんのか」


 俺の視界の正面に捉えたまひろは、小さな寝息を立てて眠っていた。

 それを見た俺はベッドから毛布を一枚取り、まひろの身体にそっとそれを被せた。いくら夏とはいえ、クーラーが効いた部屋で薄着のまま寝てしまうのは身体に悪いから。


「んん……」


 しかし俺が毛布を被せ終わると、その刺激のせいかまひろが目を覚ました。

 だがまひろは少し寝ぼけているみたいで、自分が毛布に包まれている状況を理解できていないのか、毛布を自分の手で掴んで見つめながらぼーっとしている。


「悪い。起こしちゃったみたいだな」

「龍之介……? ――あっ!?」


 俺の名前を呼んだ数秒後、まひろは恥ずかしそうに顔を赤くし、毛布を掴んだ手を上げて顔を隠した。

 そんな行動を見て一瞬何事かと思ったけど、まひろの事だから、寝顔を見られたのが恥ずかしかった――とか、そういう理由でそうしたんだろう。


「ご、ごめんね、龍之介」

「別に気にしなくていいんだぞ?」

「ううん。すぐに片付けるから」


 まひろはそう言うと、慌てて毛布を畳み始めた。

 そして慌てた様子ながらも綺麗に毛布を畳み終えると、まひろはそれをベッドの上へと丁寧に置いた。


「さ、さあ。勉強を再開しよっか! あっ!?」


 まひろは恥ずかしさを打ち消すかの様にして、少し大きな声音でそう言った。

 そして立ち上がってから自分が座っていた定位置に戻ろうとした時、まひろはテーブルの足につまずいて体勢を崩し、床に手と膝をついた。

 その時、テーブルに当たった衝撃でまひろの消しゴムが床に落ちてポンポンと跳ね、ベッドの下へと転がって行った。


「大丈夫か!?」


 俺が体勢を崩したまひろに近寄って助け起こすと、まひろは『ごめんね』と言いながら体勢を元に戻した。


「あっ、消しゴムが無い……」


 体勢を戻したまひろが元居た位置へ戻ると消しゴムが無くなっている事に気付いたらしく、きょろきょろとしながら辺りを探し始めた。


「消しゴムならさっきまひろがテーブルにつまづいた時に、落ちてベッドの下に転がって行ってたぞ」

「あ、そうだったんだ」


 まひろはそう言うと再びベッドの方へと移動をし、その下を覗き込見ながら手を伸ばし始めた。


「あれ? 何か変な物がある……」

「あっ!? まひろ! 消しゴムは俺が取るからっ!」


 その時、俺はある事を思い出して慌ててまひろを止めに入った。

 しかし時既に遅かったらしく、まひろはそこにあった物を暗闇の中から引き出してしまった。


「あっ……」


 ベッドの下の暗闇に封印されし物を光の下に引き出したまひろは、その綺麗な色白の顔を一瞬にして朱色に染め上げ、そのまま固まってしまった。


「ま、まひろく~ん? 大丈夫かい?」


 まひろは俺の言葉などまるで聞こえていないご様子で、光の下に晒されたソレを凝視していた。

 しかしその身体は小刻みにプルプルと震えていて、まひろがいかに動揺しているのかを物語っている。


「ま、まひろ?」

「はうっ!?」


 そんなまひろの事が心配になって肩に手を置くと、その身体が大きくビクンと跳ね、まひろは真っ赤な顔のまま瞳を潤ませながらこちらを振り向いた。

 そしてこんな時に雰囲気を読まずに申し訳ないが、その姿はめちゃめちゃ可愛かった。


「ご、ごめんねっ!」

「お、おいっ!? まひろっ!」


 まひろはそう言うと素早く立ち上がってから部屋を抜け出し、駆け足で玄関の方へと向かって行った。もちろんそんなまひろを俺は急いで追いかけたんだけど、あの状態になった時のまひろの運動能力は常軌を逸していて、結局は追いつく事ができなかった。

 溜息を吐きながら部屋へと戻った俺は、まひろが残して行った勉強道具を綺麗に片付け始めた。

 そしてそのあと、俺はまひろが見て固まってしまった数冊の薄い本を手に持ち、かなりの後悔と共にそれを机の引き出しに仕舞ってからカチャリと鍵を閉めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます