第97話・暗闇でドキドキ

 夕食後。

 杏子と愛紗が片付けをしている間に俺はお風呂掃除に勤しみ、綺麗に洗い終わった浴槽にすぐさまお湯を入れ始めた。お風呂場の窓は外の強い風の影響でガタガタと揺れていて、今は少しだけ雷は静まっているものの、未だその状況が緩和したとは言えない状況だ。

 俺は蛇口から出ているお湯の勢いを強め、浴槽に早くお湯が溜まる様にした。こんな嵐の日は何が起こるか分からないから、入浴なんかは早めに済ませておくべきだろう。

 蛇口から勢い良くお湯を出し始めたあと、俺は台所で片付けをしている杏子達のもとへと向かった。そして浴室を出てから向かった台所に入ると、杏子と愛紗が皿洗いと皿拭きを仲良く分担しながら片付けをしていて、その様子はとても微笑ましく見えた。

 そういえば、愛紗が友達とこうやって楽しそうに何かをしているのをちゃんと見るのは初めてかもしれない。今の愛紗が見せている笑顔は俺と一緒に居る時の笑顔とはやはり違い、リラックスした感じのとても柔和な笑顔だ。

 とりあえずそんな二人の邪魔をするのは悪いので、俺はリビングへと向かいソファーに腰を下ろしてから、テーブルの上にあるリモコンでテレビのスイッチを入れた。

 スイッチが入ったテレビからは天気に関するニュースが詳しく流れていて、俺はリモコンで少しだけ音量を上げ、そのままリモコンをテーブルに置いてからその情報に目と耳を傾ける。


「ずいぶんと酷いみたいだな……」


 ニュース番組から流れてくる情報を見聞きする限り、やはり愛紗を家に泊めたのは大正解だったと思う。

 なぜなら愛紗が帰ろうとしていた時間帯には、既に大雨と強風、雷の影響で電車はストップ。バスも運行を見合わせており、タクシーに至っては乗り場に行列が出来ているところが映し出されていたからだ。


「あっ、お兄ちゃん。お風呂掃除ありがとね」

「しまった!」


 しばらくして二人がリビングへと戻って来た時、杏子から出た言葉を聞いた俺は慌ててお風呂場へと走った。


「あちゃー!」


 お風呂場に着いてすぐ、俺は急いで勢い良くお湯を出す蛇口を閉めた。

 浴槽に注がれていたお湯は溢れ出る寸前まで溜まっていたが、とりあえず溢れ出していなかったからセーフ判定という事にしておこう。


「どうしたの? お兄ちゃん? あー!? お湯がいっぱい! お兄ちゃん、また蛇口全開でお湯を出してたんでしょ!」

「わりいわりい。急いで溜めた方がいいと思ったんでな。まあ、とりあえずお湯は入ったんだから、ちゃっちゃと入っちゃえよ」

「もう、しょうがないなあ」


 杏子はしょうがないなと言いながらも、足取りも軽やかに浴室を出て行った。おそらく、お風呂へ入る順番を決めに行ったのだろう。


「――お兄ちゃーん。ちゃんとそこに居るー?」

「ああ。ちゃんと居るから安心しろ」

「の、覗いたら承知しませんからねっ!」

「んな事しないって!」


 俺は今、浴室の出入口扉に背を向けた状態で床に座り、携帯をいじっている。

 そんな俺の後ろにある浴室扉の向こう側では、二人の少女がキャッキャウフフと楽しげな声を出しながらバスタイムを楽しんでいる最中。

 どうしてこんな拷問にも似た状況に置かれているのかと言うと、雷様が栄養補給でも終えたのか、また勢い良く轟音のライブ活動を再開したからだ。

 そんなわけで二人は一緒にお風呂へ入る事を決めたらしいのだが、杏子は恐怖を軽減する為に俺を脱衣所に配備する事を強制的に決定し、現在こうなっている。


「「キャ――――ッ!」」


 時折鳴り響く雷の轟音。その雷様のライブ活動で、甲高い悲鳴を上げる二人の少女。

 俺は年頃の女の子が楽しそうにはしゃぐ声と恐怖に震える声を交互に聞きながら、脱衣所で携帯アプリのゲームに興じている。

 しかしこの状況、下手をしたらお風呂を覗いて悲鳴を上げられていると勘違いされそうで恐い。


「あっ! お兄ちゃんどこ行くの!?」


 お風呂の中から俺の動きを監視でもしているのか、持って来ていた充電器の差し込みプラグをコンセントに差し込もうと移動を始めた瞬間、杏子がすぐさま声を掛けてきた。


「どこにも行かないよ。ちょっと携帯の充電器をコンセントに差し込むだけだ」

「それならいいけど、絶対にどこにも行っちゃ駄目だからね?」

「分かってるって」


 中に居る杏子がどういう状態で俺に声を掛けているのかは分からない。なぜなら扉越しとはいえ、お風呂側を見るのは愛紗に禁止されているからだ。

 別に最初っから見るつもりは無いけど、入浴開始前に『扉は不透明素材だから、見えてもシルエットしか分からないぞ?』と愛紗に言ったところ、『影で身体のラインが分かっちゃうじゃないですか!』と怒られてしまった。まあ、女の子ってそういうのを気にするって言うから、これに関しては俺の思慮不足だったと思う。

 急いでコンセントに充電器のプラグを差し込み、その先を携帯の充電部分へと差し込む。

 二人がお風呂に入ってから既に三十分くらいが過ぎているが、未だに二人が出て来る気配は無い。

 愛紗が普段、入浴にどれだけの時間を費やしているかは知らないけど、杏子は最低でも一時間は使う。ちなみにだが、杏子は最長で三時間も風呂に入っていた事がある。

 だからこうして待っている俺も長期戦の覚悟で準備をしていないと、あっと言う間に手持ち無沙汰になるわけだ。


「愛紗ってこうして触ると凄いボリュームだよねえ」

「ちょ、ちょっと杏子! 後ろから何してるのよ!」


 ――うちの妹様はいったい何をしてらっしゃるんでしょうか……。


 聞こえる言葉から内容がとても気になるので、是非とも杏子には今やっている行動と感想を余すところなく実況してほしい。

 そんな事をぽやーっと思いながら、止まっていた指を動かしてゲームアプリを再開した。

 浴室からは今も、バシャバシャと水音と二人が騒ぐ声が聞こえてくる。おそらくは湯船の中で何かをしているんだろう。

 しかし中に居るのが妹とその友達とはいえ、年頃の女の子が入浴中のシチュエーションてのは健全な男子には毒だ。そんなつもりはなくても、自然と色々な妄想をしてしまうから。

 楽しそうに騒ぐ二人の少女の声を耳にしながら、俺は携帯ゲームをやり進め続けた。


「――絶対にこっちを向いちゃ駄目ですよ!」

「何度も言わなくたって分かってるよ」


 杏子と愛紗がキャッキャウフフの時間を過ごし始めてから五十分後。

 どうやら愛紗はそんなに長風呂をする方ではなかったらしく、杏子を残して脱衣所へと出て来ていた。

 長風呂の杏子は雷が怖いから愛紗に居てほしかったみたいで、お風呂から上がろうとする愛紗をしきりに止めていたけど、のぼせたらいけないから――と俺が助け舟を出した事により、無事に杏子の魔の手から解放されたわけだ。

 そして今、脱衣所の床に座っている俺の背後ではパジャマに着替えるべく身体を拭いているであろう愛紗の気配があり、お風呂上りという事もあるからか、背中には室温とは違った温かみを感じる。

 鼻に届くフルーツ系の甘い香り。杏子は自分専用のシャンプーを使っているんだけど、おそらくはその匂いだろう。

 しかしなんと言うか、背後で全裸の女の子が身体を拭いているかと思うと、とてつもなくドキドキしてしまう。加えてこのフルーツ系の甘い香りが、俺の妄想力を加速的に助長するから大変だ。


「「キャ――――ッ!」」


 ちょっとした妄想に耽っていたその時、再び大きな雷が鳴り響いたかと思った次の瞬間、部屋全体が突然暗くなった。


「先輩っ!」


 突如として周りが真っ暗になった瞬間、俺の背中に温かく柔らかい感触が勢い良く当たった。


「大丈夫か?」

「だ、大丈夫……じゃ、ない……です……」


 雷と暗闇でその恐怖が限界に来たのか、愛紗は震える声で弱々しくそう言った。


「安心しろ。俺が居るから」


 愛紗はその言葉に声では答えず、頭を小さく何度も動かして答えた。

 背中に感じる頭の動きとその吐息の熱さが、俺の心臓の動きを加速的に速める。


「あ、杏子は大丈夫か?」


 俺は胸のドキドキを紛らわそうと必死だった。

 なんとかして誤魔化さないと、俺に抱き付いている愛紗にこのドキドキが聞こえてしまうと思ったからだ。


「わ、私は大丈夫だよ。それよりも、愛紗は平気?」

「愛紗は大丈夫だ。俺の近くに居るから」

「そっか。良かった」


 自分の事よりも友達を思いやる我が妹の優しさに、俺は精一杯の称賛を送ってやりたい。


「杏子。ちょっとブレーカーを上げて来るから、今は迂闊に動かない様にしてろよ?」

「わ、分かった。早く戻って来てね」

「おう。愛紗、そういうわけだから、ちょっとここで待っててくれないか?」

「い、嫌です……離れないで下さい……」


 愛紗は小刻みに頭を左右に振りながら、小さく囁く様にそう言った。


「そうは言ってもなあ……」


 このままの状態では移動もまともにできないし、何より危ない。

 しかしこのままの状態で居ても仕方がないのは確かだ。それに杏子にああ言った手前、早いところブレーカーを上げて安心させてやりたい。


「……しょうがない。愛紗、今からブレーカーがある所まで行くから、そのままゆっくりと立ち上がってついて来れるか?」


 その問い掛けに愛紗は頭を何度も縦に動かす。

 こうして愛紗の意志を確認した俺はゆっくりと立ち上がり、愛紗が俺の腰に両手を回したあとで携帯のライト機能を使って少しずつ前へと進み始めた。

 ゆっくりとブレーカーのある玄関へと向かう途中、俺は背後に居る愛紗の温もりを密に感じながら歩いていた。そしてその温もりの中にさっきも感じていた刺激の強い柔らかな二つの感触を感じ、頭の中の煩悩を振り払うのに必死だった。


 ――前から思ってはいたけど、愛紗って結構胸が大きいんだな……。


 身体が小さいわりには大きいかなとは思っていたが、まさかこれ程とは思っていなかった。直接見たわけでもないし、触ったわけでもないけど、背中に感じるその感触だけで十分に大きいと分かる。


「もう少しで着くからな」


 身体を震わせる愛紗と共にブレーカーがある玄関へと向かい、ようやくそこへと辿り着いた俺は、玄関にある靴べらを手に取ってからブレーカーをライトで照らし、靴べらをブレーカーへと伸ばした。

 そしてブレーカースイッチを靴べらで押し上げると、暗かった家の中がパッと明るくなった。


「愛紗。もう大丈夫だぞ」

「あっ……良かった……」


 そう言うと愛紗はゆっくり手と身体を俺から離した。

 そして愛紗の安堵した声を聞いて安心したからか、俺は思わず愛紗の方を振り返ってしまった。


「大丈夫か? あっ!?」

「えっ!?」


 振り返った先には、ピンク色のバスタオルを身体に巻いた愛紗の姿。

 停電のせいでまだちゃんと拭けていなかったのか、薄いブラウンのショートカットの髪はしっとりと濡れていて、いつもはクルッと外側にカールを巻く様になっている左右の毛先も、ウエーブがかかった様な状態になって下に伸びている。

 そして何より俺の目を引いたのは、ピンク色の薄布一枚をへだてた向こう側にある、圧倒的存在感の二つの豊満な膨らみだ。俺はその豊満な膨らみに自然と視線が引き寄せられ、そのまま全てを固定されたかの様にそこを見つめてしまった。


「あ、あわわ……」


 この時の俺は、愛紗がどういう表情をしていたのかまったく見ていなかった。

 だがおそらく、熟したトマトもビックリな程に赤く染まっていたであろう事は想像に難くない。


「こ、こっちを見ないでえええ――――っ!」

「うがっ!?」


 愛紗が大きな声でそう言った次の瞬間、俺の腹部に重い衝撃と痛みが走った。

 そしてその衝撃に腹を抱えて膝を着くと、愛紗が浴室の方へとダッシュしているのが見えた。


「ど、どうしたの!?」


 愛紗と入れ替わりで現れた杏子に助け起こされた俺は事情を聞かれ、とりあえず事の経緯を説明した。

 そのあとで杏子のパジャマに着替えて来た愛紗に十分くらい責められたが、杏子の助力もあり、なんとかその場を収める事ができた。

 でも、確かに約束を破って振り向いたのは悪かったと思うけど、直接裸体を見たわけじゃないし、あそこまで怒らなくても――と、少しは思ってしまった。

 もちろん俺が悪かったとは思いつつも、目の前に居る愛紗を見ながら俺は心の中で手を合わせる。


 ――眼福、眼福……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます