第98話・素直になれない女の子

 食事も終わってお風呂も済ませれば、あとはもう、雑談をして寝るくらいしか選択肢は残っていない。

 時刻は二十三時を少し過ぎたところ。

 今日は杏子達に付き合わされたせいか、俺はかなり疲れていた。

 とりあえずあとは寝るだけだから、とっとと自室のベッドで爆睡してしまおうと思っていたわけが、どうやら俺のそんな考えは、羊羹ようかんにハチミツを塗りたくって食べるくらいに甘い考えだったらしい。

 一階のリビングの床に敷かれた三つの布団。

 ソファーに座ってそんな光景を見た俺は、本日四杯目になるコーヒーを口へと運び、ゴクリとそれを飲んでから口を開いた。


「なあ。どうしても俺が居ないと駄目なのか?」

「もちろん居ないと駄目だよ。ねっ、愛紗」

「わ、私は別にどっちでもいいけど……杏子が居てほしいって言ってるんだから、そうしたらいいじゃないですか?」


 向かい側のソファーに座っている二人が、見事な連係プレーでそう言ってくる。


「でもなあ……別々の部屋ならともかく、やっぱり同じ部屋で寝るってのはまずくないか?」

「どうして?」


 杏子が不思議そうな表情を浮かべてそう聞き返してくる。

 今更かもしれないが、我が妹には警戒心というものは無いのだろうか。


「いや。どうしても何も、同じ部屋に年頃の男女が川の字に並んで寝るとか、普通に無いだろ?」

「うん。他の人とはしないけど、相手がお兄ちゃんだから問題無いでしょ?」


 友達の前でも平然とこういう事を言ってしまえる杏子に、ある意味で感心してしまう。

 そしてそんな杏子の言葉に引いてるんじゃないかと思ってその隣を見ると、愛紗は真っ赤な顔をして杏子を見ていた。その表情からは引いてると言う感じは一切受けないから不思議だ。


「そうは言うけどなあ……」

「そんなに一緒に寝るのを渋るって事は、お兄ちゃんは隣で寝てる私と愛紗に何かをするつもりなの?」

「えっ!?」


 杏子の言葉を聞いた途端、愛紗は驚きの表情と共に自分の身体を両手で抱き締め、じとーっとした目で俺を見てきた。


「はあっ……兄ちゃんがそんな事をするわけ無いだろ?」

「だったら問題無いじゃない」


 どうやらこれ以上問答を続けてもらちが明かないみたいだ。気は進まないが、今日のところは観念するとしよう。


「分かったよ。杏子の言うとおりにする」

「やった!」

「へ、変な事をしたら許しませんからね?」

「分かってるって」


 愛紗は未だ両手で自分の身体を抱きしめたまま、上目遣いでそんな事を言ってくる。どんだけ信用が無いんだ俺は。

 そうは思いながらも愛紗のお風呂上りに起こったあの一件を考えれば、愛紗にそう言われるのも仕方がない事だとは思える。だけどあれはわざとじゃないんだから、そろそろ勘弁してほしいもんだ。

 それからしばらくして三人それぞれに布団に入ってから就寝する事になったんだが、やはり雷が怖いからか、俺は二人に挟まれる形で寝る事になった。

 当初は少し布団を離してからそこで寝ようと思ったんだけど、それは杏子の必死のブロックによって防がれてしまった。

 全員が布団に入ってからどれくらいの時間が経っただろうか。

 暗い部屋の中で聞こえてくるのは、掛け時計の針が進む音や鳴り響く雷の音、雨が屋根を打ちつける音や風が窓を揺らす音。そして隣で眠る杏子の小さな寝息くらいだ。

 天井を見つめる形で寝ている俺の左手は杏子に握られていて、今の俺は自由に寝返りを打つ事もできない状態だ。もちろん杏子が眠ったのを確認してから何度かその手を離そうと試みたのだが、その手は恐ろしいくらいにガッチリと握られていて、全然離す事ができない。

 まさか瞬間接着剤でも付いてるんじゃないだろうな――と、そんな疑いを持ってしまうくらいだ。

 問題の杏子は俺の方を向いたり仰向けになったりと、至って自由に寝返りを打っているが、たまに俺の方へゴロゴロと迫って来たりする。

 部屋が暗くてはっきりと顔が見えるわけじゃないけど、いくら妹とはいえ、間近まで迫られるとその吐息を感じてドキッとするから困るわけだ。


「ううん……おにい……ちゃん……」


 俺の近くまで転がって来て妙に艶かしい声を出す杏子。色々な意味でゾクッとくるから止めてほしい。


「――先輩。もう寝ちゃいましたか?」


 そうやってしばらく寝ている杏子の玩具にされていた時、右隣で少し距離を取って寝ていた愛紗の小さな声が聞こえてきた。


「いいや、まだ寝てないよ。どうかした?」


 杏子を起こさない様に気を付けながら頭を右側に向け、小声で話し掛けた。


「ちょっと眠れなくて」


 すると愛紗もこちらを向いたのか、声の大きさこそあまり変わらないものの、先程よりもその声がクリアーに聞こえてきた。


「愛紗もか。俺は杏子に邪魔されて眠れないんだよな」


 そう言って再び握られている左手を外そうとしたが、やはり先程よりも強い力で手を握り返されてしまった。


 ――コイツ、本当は起きてるんじゃないだろうな?


「寝てるのに邪魔されてるんですか?」


 不思議そうに呟く愛紗に、俺はさっきから杏子にされてる事を軽く説明した。


「ふふっ。本当に先輩と杏子って仲がいいですよね」

「まあ、仲が良いと言うか、杏子が強引なだけと言うか……」


 俺は苦笑いを浮かべながらそう答えた。

 実在する多くの兄妹が実際どれだけ仲が良いとか、そんな事はよく分からないけど、それでも俺達は仲が良い方だとは思っている。まあ、妹にいい様にされているだけとも言えなくはないけど。


「いいなあ。私もお兄ちゃんがほしかったな……」


 雨音などで掻き消えそうな程の小さな声でそう呟いたのが聞こえた。

 そういえば俺は、小さな頃は姉が居る友達が羨ましく思った事もあった。まあ、姉が居る友達から言わせれば、『姉ちゃんなんて口やかましいだけだぜ』て事らしいが、それでもなんとなくお姉ちゃんって優しいんだろうなーとか、そんなイメージを抱いていたもんだ。


「どうしてそんなに兄貴がほしかったんだ?」

「うーん……私って妹が居るじゃないですか。だからやっぱり、小さな頃からお姉ちゃんとしてしっかりしないと――って思ってきたから、結構疲れちゃう事もあって。そんな時によく思ってたんですよ。お兄ちゃんが居たらなーって」


 少し照れくさそうな声音でそう言う愛紗。

 普段はちょっと素直じゃないところもあるけど、やはりその根底は素直で優しい子なんだなと思えた。


「そっか。それじゃあもしも兄貴が居たとしたら、愛紗はどんな事をしてみたかった?」

「うーん……そう言われるとよく分かりませんけど、先輩と杏子みたいになってみたかったかもです」


 ――それってつまり、兄貴を手玉に取ってみたいって事ですか?


 普段の杏子と俺が他人にはどう映っているかは分からないけど、実際とは違う感じに受け止められている気はする。


「それは兄貴が大変だな」

「杏子の相手って大変なんですか?」

「まあ、大変ちゃ大変だが、それなりに楽しくやってるって感じかな」

「そっか。やっぱり羨ましいなあ……」

「……なあ。もしも愛紗が俺の妹だったら、どういう兄妹になってたと思う?」

「ふえっ!?」

「ど、どうかしたか?」


 あまりの妙な反応に、俺は思わず上ずった声が出てしまった。


「せ、先輩が変な事を言うからですよ……」

「えっ? そんなに変な事を言ったかな……?」

「い、言いましたよ。それに私、先輩の妹にはなりたくないですし……」

「そんなに俺の妹になるって嫌な感じなのか!?」

「ち、違います! 嫌とかそう言うんじゃないんです。だって……もしも私が先輩の妹になっちゃったら、――になる事もできないから……」

「えっ? 何になる事ができないって?」


 雨風が酷くなってきているからか、肝心な部分の言葉が聞こえなかった。


「何でもないです。気にしないで下さい」

「ええっ!?」


 愛紗はむくれた感じでそう言うと、プイッと顔を反対側へと向けた。

 それから何度かその事について聞いてみたけど、結局は教えてもらえなかった。


「ひゃうっ」


 そしてゴロゴロと鳴っていた雷が再び大きな轟音を立てた時、愛紗が叫ぶのを我慢するかの様な声を出した。

 きっと杏子を起こしてしまわない様にと、叫びたいのを我慢しているんだろう。


「大丈夫か?」

「だ、大丈夫です……べ、別に雷なんか怖くないですから……」


 その声はこれでもかと言うくらいに震えていて、段々と愛紗の声がこちらへ近付いて来ているのも分かった。


「無理しない方がいいんじゃないか?」

「む、無理なんかしてないです」


 ――やれやれ……こんな時は本当に意地っ張りだな。


「せ、先輩こそ、本当は雷が怖いんじゃないですか?」

「えっ? いや、別にそんな事は――」

「本当は怖いんでしょ? 怖いですよね!?」

「えっ!? あ、ああ。怖いな、本当は凄く怖いぞ」


 畳み掛ける様にしてそう言う愛紗。

 いまいち何がしたいのかは分からないけど、とりあえずこういう時は愛紗の言い分に乗っかっておく方がいいだろう。


「やっぱりそうだと思いましたよ。し、仕方ないですから、怖がりの先輩の為に手を握ってあげてもいいですよ?」


 その言葉で愛紗の考えがようやく分かり、それと同時に思わず笑みがこぼれた。

 しかしまあ、なんて回りくどいやり方だろうとは思ってしまうけど、同時に凄く愛紗らしいやり方だと思ってしまった。


「ど、どうするんです?」

「分かった。それじゃあ、お願いしようかな」

「しょ、しょうがないですね。それじゃあ、こっちに手を差し出して下さい……」


 言われるがまま、俺はゆっくりと右手を愛紗の方へと伸ばして行く。


「あうっ……」


 手を伸ばした先で小さな温かみに触れると、愛紗は小さく短い声を上げた。

 そして俺は、触れた小さな温かみを自分の手で包み込む。


「これでいいか?」

「い、いいんじゃないですか?」


 包み込んだその手を優しく握ると、愛紗は少しだけ力を入れて握り返してきた。

 さっきは小さく感じた温かみが、今度はより大きく、更に温かく感じられる。


「ありがとな、愛紗。気を遣ってくれて」

「い、いいんですよ別に。先輩の為ですから、気にしないで下さい……」


 それからは雷が鳴っても愛紗が悲鳴の様な声を上げる事は無かったけど、ただ、雷が鳴る度に俺の右手は強く握られていた。


「――ありがとう、先輩……」


 しばらくして意識がまどろみへと落ちて行く寸前、俺の耳に一言お礼の言葉が聞こえた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます