第76話・決意と覚悟

 花嫁選抜コンテストの第一審査が終わったあと。会場では宮下先生と渡の料理審査に対するコメントが行われていた。


「いやー、どれも満足のいく料理の数々でしたけど、宮下先生はどうでしたか?」

「うむ。どれもそれぞれに味わいがあって素晴らしく、私の予想を遥かに上回る大満足な内容だった」


 宮下先生はその言葉のとおりに本当に満足している様子で、その表情はとても至福に満ち溢れていた。


「本当に美味しかったですよね。宮下先生は誰の料理が一番気に入りましたか?」

「そうだな……如月は和を中心とした料理でその出来栄えは見事だった。和食は塩梅あんばいの調整が難しいがそれも絶妙で、よほど和食について勉強し、経験を積み重ねたのだろう。それが証拠に、料理の一つ一つにその努力の成果が現れていた。これほどの和食にはなかなか出会えるものではない」

「では宮下先生は、如月さんの料理が一番お気に入りだったと言う事ですか?」

「いや、確かに如月の和食も良かったが、水沢の料理も素晴らしかった」

「今回の料理審査の大本命と言われてましたからねっ!」

「うむ。如月とは対照的に洋風のチョイスではあったが、そのどれもに水沢の溢れ出る料理センスが光っていた。特にメインであるところのハンバーグは絶品だったからな。ちなみにどれだけの者が気付いたかは分からないが、あのハンバーグ、繋ぎにはおからを使っていた。大豆のほんのりとした香りが素晴らしく、洋のテイストに上手く和を取り混ぜた絶品だった」


 ――宮下先生すげーな……俺もなんとなく普段のハンバーグと違う事には気付いてたけど、その正体がおからだとは気付かなかった。


「ではやはり、大本命だった水沢さんが一番お気に入りだったと?」

「いやいや、鳴沢も篠原も涼風も良かったぞ。はっきり言って、高校生にしては十分に高いレベルだったからな。そもそもこの三人はだな――」


 食べた料理の数々がよほど美味しかったからか、宮下先生はそこから約十分くらい、饒舌じょうぜつに出された料理の話を続けた。

 言っている事は至極まともで良かったんだけど、最終的に宮下先生が言いたかった事は、どれも良くて一番を決められない――と言う事だ。

 それから宮下先生による料理審査のコメントが終わったところで、次の審査へと移って行く事になった。

 そう言えば、事前情報で審査は第四審査まであると聞いていたが、こんな進行具合でちゃんと間に合うんだろうか。

 進行の遅さが心配になってホールにある大きなデジタル表記の時計版を見ると、既に十五時四十七分を表示していた。


「えー、突然ですがたった今、花嫁選抜コンテスト実行委員からお知らせが届きました。内容を読みますねー」


 そんな心配を俺がしていると、渡が生徒会役員から届けられた通知を開いて内容を見始めた。


「――えー、皆さんに残念なお知らせです。このあと、第二審査、第三審査、第四審査と続くはずだったこの花嫁選抜コンテストですが、料理審査に時間を取られ過ぎ、残り全ての審査をするのが時間的に不可能との判断に至った為、次が最終審査となります!」

「「「「ええ――――っ!?」」」

「ふむ。残念だが、時間がないのでは仕方ないな」

「ですねー。でも、何でこんなに時間かかっちゃったんでしょうかね?」

「まったくだな」


 不思議そうに顔を見合わせる渡と宮下先生。

 当の本人達はそう思っていない様子だが、ここまで時間が足りなくなったのは、間違い無く、渡と宮下先生のせいだろう。


「まあまあ。皆の衆、そう騒ぐでない。最終審査はこのコンテストを締め括るに相応しい内容だっ! ねえ、宮下先生!」

「うむ。期待してもらっていいだろう」


 なんとも自信満々な表情の宮下先生と渡。

 こうして先の事が決定すると、最終審査を受ける五人は準備の為に一旦控え室へと戻って行った。そしてそれと同時に、生徒会役員も最終審査の準備へと移行して行く。

 正直、他の審査が何だったのかは非常に気になるが、それはあとで渡にでも聞けばいいだろう。

 特別審査員席をステージ下へと移した俺達が最終審査の開始を待っていると、生徒会役員達が、ホールの出入口からステージ上まで伸びる真紅の絨毯じゅうたんを敷き始めた。そんな様子を見ていったいどんな審査が始まるのだろうかと思っていると、突然ホールの照明が全て消え、その暗闇に生徒達がざわめく声が聞こえだした。

 そしてしばらくすると突然スポットライトが点き、その光が解説席に居た渡に浴びせられた。


「待たせたなみんな! いよいよ最終審査開始だっ!」


 高らかに最終審査開始を宣言する渡。

 その言葉を聞いて、今までに無い程の元気な声で生徒達は盛り上がっていた。


「よーし! それじゃあ、最終審査を受ける花嫁達の登場だー!」


 渡が高らかにそう言うと、渡に浴びせられていたスポットライトが消え、別のスポットライトがホールの出入口を照らし始める。そしてそれと同時に、ホール内に音楽が流れ出した。


「これは……」


 ホール内に流れ始めたその音楽は、よく結婚式の新郎新婦が入場する時に流れる定番のやつだ。

 そしてその音楽が流れ始めてから数十秒後。

 スポットライトに照らされ、審査を受ける五人が一人ずつ真紅の絨毯の上を歩いて入って来た。


「す、すげえ……」


 スポットライトを浴びながらステージ上へと向かう五人を見て、俺は一言そう漏らした。そしてホールに居た生徒達も、入場して来るウエディングドレス姿の五人に目を奪われているのか、静かにその様子を見守っている。

 入場して来る五人のウエディングドレス姿は例え様も無い程に綺麗で、ドレスの純白が途方もない清純さを醸し出していた。

 そしてそんな五人が真紅の絨毯の上を通ってステージ上に並ぶと、その煌びやかさは一層際立ち、彼女達の艶やかさが眩しくも感じる。

 衣装を変えただけでこうも印象が違うんだから、女性ってのは本当に恐ろしいもんだ。もちろん良い意味で。


「さてさて。ステージ上に並んだ五人の花嫁達はどうだみんなっ! 最高に美しいだろう!!」

「「「おお――――っ!」」」


 その言葉に沸き立つ生徒達。

 まあ、主に興奮しているのは男子生徒で、女子生徒の多くは静かに恍惚の表情を浮かべてステージ上の五人を見つめていた。

 前に花嫁衣裳がステージ上に並べられた時も、女子達は恍惚の表情を浮かべていたが、今回は少し違った感じだった。やはり実際に人がウエディングドレスを着て立っているのを見ると、リアルにその姿を自分へと置き換えて想像ができるのかもしれない。

 きっと彼女達の頭の中では、ドレスを身に纏った自分と、好きな相手が並んでいる姿でも見えているのだろう。それが片想いの相手なら微笑ましいと思えるが、それがリアル彼氏だとしたら、爆発しちまえと思ってしまう。


「それじゃあ花嫁の五人が出揃ったところで、最終審査の説明を宮下先生からしてもらうとしよう。ではどうぞっ!」

「うむ。この最終審査は単純明快。ステージ上に居る五人には、意中の相手に対して告白をしてもらう」

「「「「ええ――――!?」」」」


 ステージ上に居る杏子を除く四人が、驚きの声を上げた。

 いったいどんな事をするのかと思ったが、かなりハードルの高い内容だ。

 宮下先生の発言は聞いた人に相当の衝撃を与えたみたいで、それはステージ上の杏子を除く四人はおろか、ホールに居る生徒達までもが驚きの表情を浮かべながらざわついているくらいだ。

 その中でただ一つ不思議なのは、審査の当事者である杏子が、わりと平然としている事だ。その様は我が妹ながら、肝が据わっているとしか言い様がない。


「今の世の中、ただ意中の男性から告白されるのを待っているなどナンセンスだ。女性が男性からのアプローチを待っている時代は既に終わった。本当に好きな相手なら、自分から心を奪いに行くくらいの気概きがいがなければいけない」

「では宮下先生。ステージ上の五人には、実際に好きな相手を前にして告白をしてもらうと言う事ですか?」

「いや、これはあくまでもコンテストだ。わざわざ本人を呼んで、その目の前で告白などはさせない。本人を前にした告白は、自身の気持ちが決した時に行われるべきだ。故に本当の告白は、こんな場所で見世物にすべきものではない」

「となると、五人には意中の相手を思い浮かべながら、その想いを語ってもらうと言う事でしょうか?」

「まあ、簡単に言えばそう言う事だな。もちろんこの審査の強要はしない。この審査内容が無理と思うなら、棄権してもらって構わない。だから異議ある者は、今この場でその意向を示してくれたまえ」


 真剣な表情でステージ上の五人を見る宮下先生。

 そんな宮下先生の言葉に、しばらくホール内に沈黙の時間が流れる。


「…………どうやら異議ある者は居ない様だな。では、最終審査の開始だ!」


 こうして壇上に居る五人の沈黙の了承を以って、花嫁選抜コンテストの最終審査が始まる事となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます