第59話・異変

 のんびりまったりと過ごしたゴールデンウイークも終わり、再び学園生活が始まったわけだが、俺は朝の授業から気だるさ全開だった。

 教室の中には静かに授業を受けるクラスメイト達の姿。しかし、それぞれの様子をよく観察していると、教科書を立てて顔を隠しながら寝ている者や、先生に分からない様にして携帯をいじっている者、教科書やノートになにやら落書きをしている者など、それぞれに様々な事をしているのが分かる。

 そういった連中の姿を見ていると、真面目に授業を受けている者など、おそらく半分も居ないのではないかと思える。まあ、そんな事をいちいち観察している俺も、真面目に授業を受けているとは言えないけど。

 先生に見られない様に窓の外に見える中庭へ視線を向けつつ、大きな欠伸あくびを出す。

 それにしても、いわゆる長期連休後ってのは、どうしてこんなに気だるいんだろうか。思わずズル休みをして家で寝ておきたくなる。

 連休後独特の気だるさに、再び欠伸を出してから右隣の席に居るまひろの方を見ると、その頭が船を漕ぐ様に揺らいでいた。まひろが居眠りをしそうになっているなんて珍しい――と言うより、初めて見た。

 そう思いながらじっとまひろを見ていると、授業の終わりを知らせるチャイムが学園に鳴り響いた。その鳴り響いたチャイムの音にパッと意識を覚醒させたまひろは、ほっとした様子で吐息を漏らしていた。


「まひろ。今日は寝不足なのか?」


 授業後の小休憩時間。

 俺は椅子に座ったまま、身体をまひろの方へと向けて話し掛けた。

 別に特別な理由があって話し掛けたわけじゃない。ただ、まひろが授業中に居眠りをしそうになっているところなんて初めて見たので、夜更かしでもしたんだろうかと気になって話し掛けただけだ。


「あっ、もしかして見られてた?」


 話し掛けた俺の方を向き、恥ずかしそうに苦笑いをするまひろ。

 それにしても、まひろは相も変わらずその仕草が異常に可愛い。可愛いという言葉は、まひろの為に存在する言葉だとさえ思えてくる。しかも気のせいか、ここ最近は前よりも更に可愛くなってきた様に感じてしょうがない。


「やっぱり寝不足か?」

「うーん……まあ、そんな感じかな。ごめん、ちょっと席を外すね」


 まひろはなぜか誤魔化す様な感じで小さく苦笑いを浮かべてそう言うと、足早に教室を出て行った。俺は横に向けていた体勢を元に戻し、窓の外へと視線を移す。

 最近、まひろの様子がおかしいと思う事がちょこちょこと増えていた。どこがどうおかしいのかと聞かれれば返答に困るけど、何かがおかしいって事だけは分かる。

 まひろとは小学校二年生からの長い付き合いだけど、アイツは人にやたらと気を遣うところがある。それに元々が引っ込み思案な性格だからか、異性はもとより、同性の友達も当時からそんなに多くはなかった。

 しかし俺は、その原因の一端と思われる出来事を、昔まひろから少しだけ聞いた事がある。

 実はまひろは、小学校一年生の時は別の遠い小学校に在籍していた。そしてまひろは、その小学校でクラスメイト達からいじめを受けていたらしい。

 その内容はと言うと、当時からやはり女性的で可愛らしかったまひろが、クラスメイトにからかわれていたと聞いた。もしかしたらそれ以外にも何かあったのかもしれないけど、それ以上の事はまひろは話さなかったし、俺もそれ以上の事は聞かなかった。

 当時まひろをからかっていた人達は面白半分だったのかもしれないけど、まひろはその事で激しく傷付き悩んだらしく、それが切っ掛けで俺達が居る小学校へと転校する事態になったらしい。

 確かに転校して来た当時からまひろは激しく可愛かったし、その事をからかう奴も居た。まあ、そんなまひろとはちょっとした切っ掛けがあって仲良くなり、現在に至っているわけだ。

 中庭を見ながらそんな事を考えている内に小休憩時間は終わり、チャイムが鳴るのと同時にまひろは教室へと戻って来た。

 こうして次の授業時間もたまにまひろの様子を見ていたんだけど、やはりしばらくすると頭が船を漕いでいる姿が見えた。俺はそんなまひろの姿を見て、ちょっと心配な気持ちが増してしまった。

 そして午前中最後の授業である体育を受ける為に着替えをしていると、ジャージ姿のまひろが教室へと入って来た。


「おっ、相変らず早いな」

「うん。僕は最初から下に着込んでるからね」


 まひろは昔っから、体育がある日は体操着を着込んで登校していた。そして体育が終わったあとは、着替えを持って行ってトイレの個室で着替えをしているらしい。

 何でそんな面倒な事をと思った時もあるけど、これもいじめに遭っていた当時の事が原因でそうなったんだと思う。そう考えるといじめというのは、いつまでも当人の心に暗い影を落とすものなんだと思える。


「そうだったな。よし、行こっか」

「うん」


 着替えを終えた俺は、まひろと一緒に体育の授業が行われる体育館へと向かった。


「――ナイスパス!」


 今日の授業はバスケットボールという事もあり、俺はかなり張り切っていた。実は俺、球技の中でもバスケが一番好きで、昔からバスケの授業だけは誰よりも張り切って受けていた。

 しかし、下手の横好きという言葉どおりに俺は下手くそだ。だけど、下手は下手なりに一生懸命にやっている。だから楽しいんだと思う。


「よっしゃっ!」


 チームメイトからの絶妙なパスを受け、それをミドルレンジからシュートする。

 俺の手から放たれたボールは綺麗な弧を描き、相手ゴールへと吸い込まれる様に入った。バスケはこの瞬間がたまらなく快感だ。

 現在行っている五対五に分かれてのチーム戦は、かなり白熱している。そして終了五分前にして相手との点差は十点とリードはしているものの、油断をすればすぐにひっくり返される点差だ。決してセーフティリードとは言えない。

 体育は二クラス合同で男女に分かれてやるんだけど、不幸な事に他のクラスの男子にはバスケ経験者が多く、上手い奴が多い。そんな不利もあったせいか、試合終了が近付くにつれ、徐々にその点差を詰められていた。

 そして試合終了の一分前。ボールを保持していた俺は、相手のディフェンスに阻まれて身動きが取れない状態になってしまった。


 ――くそっ、このままじゃ時間切れになる!


 パスをできそうな相手を捜し、あちこちに視線を向ける。するとまひろがちょうど良い位置でフリーになっているのを見つけ、俺はまひろに向けてパスを出した。

 投げたボールは勢い良く進み、まひろへと向かって飛んで行く。

 しかしまひろは顔を下に向けていて、俺の放ったパスに気付いてはいなかった。


「まひろ避けろっ!」


 その声にようやくまひろは反応したが、気付くのがやや遅く、まひろはパスしたボールが身体に直撃してそのまま倒れてしまった。


「まひろっ! 大丈夫か!?」


 誰よりも早くまひろに駆け寄り、上半身を抱き起こす。

 そして大丈夫かと何度か呼びかけたが、まひろは目を閉じたまま荒く速い呼吸を繰り返しているだけだった。


「まひろっ! しっかりしろっ!」


 その声を聞いて駆けつけた先生が急いで保健室へまひろを連れて行こうとしたが、俺はそれよりも早く動いてまひろをおんぶした。


「先生! 俺が保健室に連れて行きます!」


 俺は先生からの返答も聞かず、おんぶをしたまひろを連れて急いで体育館を出た。

 そしてできるだけ急いで足を動かして保健室へ向かっていたんだけど、おんぶしているまひろから聞こえてくる荒い呼吸音が、俺の不安を更に大きくしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます