第50話・懐かしき夏の日

 最近、誰かに見られている様な気がすると言っていたけど、ここ二週間はその気配がぱったりと無くなっていた。やはり杏子の言っていたとおり、あれは俺の妄想だったのだろうか。


「さーてと、帰りますかね」


 今日もつつがなく授業は終わり、帰宅する為に鞄を持って下駄箱へと向かう。俺は部活にも入っていないし、基本的に授業が終われば独りで帰宅になる。

 それなら誰かと一緒に帰ればいいのに――と思われるかもしれないけど、まひろに茜に美月さんは部活に所属しているから基本的に無理だ。他の友達も同様に部活に所属しているか、もしくは恋人と一緒に帰っているから、基本的に誰かと一緒に帰る機会などほとんど無い。そんなわけで俺は、独り寂しく靴を履いて学園を出ようとしている。


「鳴沢先輩」


 ちょうど靴を履いて建物の外に出たところで、後ろから声がかけられた。


「あっ、篠原さん。最近よく会うね」


 振り返った先には、つい二週間前に再会した篠原さんが居た。本人には悪いと思うけど、やはり何度見ても小学生に見えてしまう。


「ぐ、偶然ですよ、偶然。たまたまそういう事が重なっているだけですよ」


 なにやら焦り気味にそう言う篠原さん。

 俺としては別に深い意味があってした発言ではないから、焦ってもらっても困る。


「駅まで一緒に帰る?」

「せ、先輩がそうしたいなら……」

「よし。それじゃあ行こっか」


 俯いて小さく頷く篠原さんは、ホントに小動物みたいな感じだ。

 再会した当初はキツイ印象もあったけど、何度か一緒に帰る内にその印象もかなり変わった。それは言ってみれば慣れって事なんだろうけど、慣れというのは便利なもので、篠原さんのキツイ部分も段々と可愛らしく思えてきたんだから不思議なもんだ。

 そんな事を思いながら篠原さんの横に並び、歩幅を小さくして前へと進み始める。

 多少の歩き辛さは感じるけど、身長差があるから当然の様に歩幅もかなり違う。だから少し歩幅を狭めて歩かないと、彼女とゆっくり話をしながら帰る事はできない。


「先輩はいつも独りで帰ってるんですか?」

「そうだね。基本的には独りかな。友達は部活してたりするし」

「そうなんですね」


 それを聞いた篠原さんは、なぜかにこにこと笑顔を浮かべていた。

 そんな彼女の歩幅に合わせて話をしながら、ゆっくりと帰路を歩いて行く。


「あの……先輩はあの時の事を覚えてますか?」

「あの時って、体育館裏での事?」

「はい」


 その言葉に小さく頷く篠原さん。

 ついこの前までは忘れていたけど、今はかなりその出来事は思い出していた。


「そうだね。篠原さんと出会ってからは、かなり思い出したよ」

「そうなんですね」


 篠原さんは左右の口角を上げて微笑んでいる。

 それにしても、いったい何を思って微笑んでいるんだろうか。あの時の出来事は、決して篠原さんにとって良い出来事ではなかったはずなのに。

 俺は篠原さんの微笑みを見ながら、あの夏の日の出来事を思い返していた。


× × × ×


 中学生活最後の夏休みを目前に控えたある日の放課後。

 俺はズボンのポケットにある物を安全に闇へと葬る為、校内のあちこちを彷徨っていた。


「どこか安全に始末できる場所はないのか……そうだっ!」


 一つの場所を思い立った俺は、外掃除用の道具が置いてある倉庫へと向かい、そこから小さなスコップを持ち出して目的の場所へと向かった。


「あとはこれを埋めてしまえば、万事解決だな」


 向かった先で茜と交わしたこの誓約書を埋めてしまえば、無事にミッションコンプリートだ。だからなんとしても、これは早急に始末しなければいけない。

 なぜ俺がこんな事をしているのかと言うと、ちょっと前に茜とした賭けに負け、今日の放課後にファミレスでご馳走をするハメになっていたからだ。

 俺は持ち出したスコップを片手に、意気揚々と体育館裏に向かっている。あそこなら人が来る事は滅多に無いし、俺の隠蔽作業を見られるリスクも低いから。

 そんな事を思いながら目的の場所へと向かい、体育館裏への曲がり角を曲がった時だった。


「あっ……」


 曲がり角の先で膝を抱えて座り込んで居た小さな女の子と目が合い、思わず声を上げてしまった。


「な、何ですか?」

「あ、いやその……」

「用事が無いなら独りにして下さい……」


 女の子はそう言うと、元気無く下を向いてしまった。その横顔を見ると、涙が頬を伝って流れているのが見えた。

 そしてそれを見た俺は、ついついその場に立ち尽くしてしまった。


「…………いつまでそこに居るんですか?」


 女の子は涙声でそう問いかけてくる。

 ちょっと気にはなるけど、俺は黙って踵を返して立ち去ろうとした。

 俺が女の子に言われたとおりに別の場所へ行けば、それで終わりだったんだろうけど、俺はつい、気になって女の子の方を振り返ってしまった。

 振り向いた先に居る女の子はしょんぼりと両膝を抱えたまま、小刻みに肩を震わせている。

 そんな光景を見た俺は、小さく溜息を吐いたあとで女の子の方へと戻り始めた。


「……何ですか?」


 戻って来た俺をチラッと見た女の子は、不機嫌そうな表情を浮かべた。まあ、本人が独りにして欲しいと言ってるんだから、この反応は当然だろう。


「これ、良かったら使って」


 俺は持っていたポケットティッシュをズボンのポケットから取り出し、女の子に差し出した。

 ここは格好良くハンカチを差し出す場面かもしれないけど、ここは現実であって漫画や小説の世界ではない。だから、そう都合良く綺麗なハンカチなど持ち合わせてはいないのだ。


「……ありがとう」


 女の子は小さくお礼を言うと、俺が差し出したポケットティッシュを受け取った。

 俺はとりあえずそれで満足してその場を去ろうとしたが、踵を返して立ち去ろうとしたその瞬間、ズボンの左足部分が何かに引っかかったかの様にしてピンと張り、足の動きが止められた。

 何事かと思ってその部分を見ると、座り込んでいた女の子が俺のズボンをグッと摘んでいた。


「あの、何か?」

「……少しだけ、話を聞いてくれませんか?」


 正直言って、泣いてる女の子の話を聞くのは大変だ。

 それに様子を見る限り、十中八九、この子が泣いている原因は恋愛沙汰の事だろうから。


「……分かった。俺でいいなら話を聞くよ」


 俺がそう答えると、女の子はズボンからそっと手を離してくれた。

 それにしても、我ながらなんてお人好しなんだろうかと感心してしまう。

 話を聞くにしても、さすがに真横へ座るわけにはいかないと思った俺は、女の子から少しだけ距離を取って右隣に座った。


「――いったいどうしたの? こんなところで泣いてさ」


 座ったはいいが女の子は一向に何も話さないので、その沈黙に耐えられなくなった俺は、自分から話しかけてみた。


「泣いてなんかいないです……」


 相手が俺の友達なら、『思いっきり泣いてましたよ?』くらいの軽口は叩くかもしれないけど、さすがに見知らぬ女の子にそんな事は言えない。

 それにしても、女の子ってのはどうしてこう、バレバレな事でも意地を張るんだろうか。男でも女でも、絶対に素直な方がいい。まあ、俺も素直な人間とは言い難いけど。

 泣いてないと答えた女の子は、再びしょぼんとして黙り込んでしまった。


 ――やれやれ……このままダンマリを決め込まれるのもキツイな。


「ちょっと待ってて。すぐに戻って来るから」


 俺は体育館の前に設置されている自動販売機の前まで行き、ポケットから泣けなしの200円を取り出してから投入口へと入れた。

 選択の幅が少ないラインナップの中からりんごジュースを選んでボタンを押し、続けて自分用の飲み物をチョイスしてボタンを押した。そして出て来た二つの飲み物とおつりを手に掴み取り、俺は女の子の居る場所へと急いで戻った。


「ほら、飲みなよ」

「……ぶどうジュースがよかったです」


 差し出したりんごジュースの紙パックを受け取りながら、女の子は一言そう呟いた。


「そりゃあ残念だったね。生憎と俺は、初対面の女の子が好きな飲み物なんて分からないからさ」

「むう……でも、ありがとうございます。嬉しいです」


 女の子は少しむくれた表情を見せたあと、そう言って少しだけ微笑んでくれた。80円の紙パックジュースのお礼としては十分な微笑みだ。

 それから女の子はパックに突き刺したストローに口をつけ、それを飲みながら少しずつここで何があったのかを話し始めた。そしてその内容は、俺が予想したとおりに恋愛についての事だった。

 簡単に女の子が話してくれた事を説明すると、この子は今日、好きだった男子をここに呼び出して告白をし、無念にも振られてしまったんだそうだ。

 まあ、告白をして振られるって事はよくある事だろう。でもこの子は、振られた事自体はそこまで気にしてはいない様子だった。

 ではなぜこんなに落ち込んでいるのかと言うと、その告白した男子に言われた言葉がショックだったらしい。

 ちなみにこの子が告白した男子に何を言われたのかと言うと、『俺、小学生みたいな小さな子に興味無いんだ』と言われたんだそうだ。

 その話を聞いた時、さすがにそんな言い方はないだろうと思った。例えそれが本音だったとしても、もうちょっと言い方を考えてやれよと思う。


「あの……男子って背の小さな女の子って嫌いなんですか?」


 真剣な眼差しでそんな事を聞いてくる女の子。

 はっきり言って、この手の質問の答え辛さは半端じゃない。だってそんなのは人それぞれだから。


「うーん……そりゃあ、背の高い女の子を好む奴も居るだろうけど、好きになったら背の高さなんて関係無いんじゃないかな?」

「そうなんですか?」

「そうだと思うよ? だって、相手を好きになる理由はそれぞれだとしても、好きになった根本的な理由はきっと、その人だから好きになった――って事だと思うから」

「その人だから好きになった……」

「うん。それにさ、身長なんて本人の努力の範疇外はんちゅうがいなんだから、その事でいつまでも悩んでたって仕方ないと思わない?」

「そ、それはそうですけど……」

「そんなに可愛いんだからさ、次はきっといい人が見つかるよ」

「えっ!?」


 俺はスッと立ち上がって女の子から距離をとり、ズボンに付いた埃を払った。


「龍ちゃ――――ん! どこに隠れた――――っ!!」

「やべっ!? 逃げなきゃ殺される! じゃあねっ!」

「あ、あのっ!」


 俺は茜の魔手ましゅから逃れるべく逃走を図ろうとしたが、背後から女の子が声を発したのでとりあえず振り返った。


「あの、ありがとうございます……少し元気が出ました」

「そっか。それじゃあっ!」


 俺は脱兎の如くその場から走り去って学校を抜け出した。

 そして無事に学校を抜け出した俺は、茜に見つからない様にしてコソコソと帰っていたけど、途中で運悪く茜に見つかってしまい、結局は貯金をおろしてからファミレスに連行される事になってしまった。


× × × ×


 懐かしき中学時代の一幕を思い出していると、隣を歩いている篠原さんが声をかけてきた。


「あの時に先輩が言ってくれた言葉、凄く嬉しかったです」

「あー、あの時は偉そうな事を言っちゃったなと思ったけどね」

「そんな事は無いですよ。だって、その人だから好きになった――って言葉、凄く好きになったから」

「そっかそっか。それなら言った甲斐があったってもんだよ。そういえばさ、あれから好きな人はできたの?」

「えっ!? そ、それは…………」


 ――ほほう。この反応、さては好きな人が居るんだな?


「いったい誰が好きなのさ? 同級生?」

「ち、違いますよっ!」


 むくれた表情でそう言うと、篠原さんはツカツカと早足で歩いて行く。


「ごめんごめん。篠原さん」


 俺がそう謝ると、篠原さんはピタッと足を止めてこちらへと振り返り、キッと鋭い視線で俺を見てきた。


「な、何か?」

「い、いつまで篠原さんて呼ぶんですか?」

「へっ?」

「いつまで篠原さんて呼ぶんですか? わ、私は後輩なんだし、な、名前で呼んでもいいんですよ?」

「名前でって、愛紗さんと呼べと?」

「ち、違いますっ!」


 ――愛紗さんが違うなら、何と呼べと言うんだ? まさかあだ名か? もしそうだとしたら、愛ちゃんとか呼べばいいんだろうか? うーむ……それはそれでハードルが高いな。


 そんな事を考えていると、篠原さんは業を煮やした様にして口を開いた。


「だ、だから、愛紗って呼んでほしいんですっ!」


 ――なるほど。そういう事か。


「分かった。それじゃあ、俺も名前で呼んでいいよ、愛紗」

「ふあっ!?」


 俺が初めて愛紗と名前を呼んだ瞬間、愛紗の顔が今まで見た事が無いくらいに真っ赤になった。


「だ、大丈夫か!?」

「きゅ、急に名前を呼ぶなんて…………バ、バカ――――ッ!」


 愛紗は両手で顔を押さえながら猛スピードで走り去って行く。


「ま、待てよ愛紗! そんなんで走ったら危ないぞっ!」


 俺は暴走する愛紗を止める為に、街中をダッシュするハメになった。


 ――てか、愛紗の奴、見かけによらず足が速いのな!


 そんな事を思いながら、『ああぁぁ――――っ!』と叫び走る愛紗を、俺は一生懸命に追いかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます