一年生編・ラストエピソード

第38話・変わらない気持ち

 桜が薄紅色の花を咲かせる四月。

 俺は二年生へと進級し、杏子は高校生としての一歩が始まろうとしていた。


「忘れ物は無いか?」

「大丈夫だよ。お兄ちゃんは大丈夫?」

「おう。ばっちりだ」


 午前七時を少し過ぎた頃。

 俺と杏子は自宅を出て花嵐恋からんこえ学園へと向かい始めた。

 入学式も先日無事に終わり、今日から新学年の始まりだ。だからと言うわけでもないけど、今日は余裕をもって登校する事にしていた。まあ、時間としてはかなり早い気もするけど、今日くらいはいいだろう。

 杏子と一緒にのんびりと気持ちの良い朝陽を浴びながら、通い慣れた通学路を歩く。


「――あっ、おはよう。龍之介君、杏子ちゃん」

「おはよう、雪村さん」

「おはようございます。雪村さん」


 通学の途中で通る駅前。そこで偶然にも、制服姿の雪村さんと遭遇した。

 雪村さんはピシッとした紺色のブレザーに、黒と白のチェック柄スカートを穿いている。その制服はこのあたりにある学校の女子高生の制服としては珍しいネクタイ姿だが、その姿が雪村さんにはとても似合っていて凛々りりしい。


「ずいぶんと早い登校だね」

「うん。今日は新入生歓迎レクリエーションがあるから、その準備の為にね」

「なるほど」

「それじゃあ、私はちょっと急ぐから。またね、龍之介君、杏子ちゃん」


 そう言って雪村さんは、スカートをひらひらと揺らめかせながら駅の中へと向かって行った。


「制服姿の雪村さんも、凄く可愛いね。ねっ、お兄ちゃん」

「えっ!? ああ。まあ、そうだな」

「あれあれ? お兄ちゃん、雪村さんに見惚れてた?」

「バ、バカ! んな事あるわけねーだろ!?」


 正直に言えば初めて見た雪村さんの制服姿に見惚れていたけど、それを素直に認めるのは兄として恥ずかしい。

 だが、思いっきり動揺して答えたからか、思わず声がうわずってしまった。杏子はそんな俺を見つめながら、ニヤリと笑みを浮かべている。


 ――コイツ、完全に兄をおちょくってるな。


 そんなやり取りをしたあとでしばらく歩いていると、今度は十メートルくらい前を歩く見慣れた後ろ姿の二人が目に映ったので、俺は大きく口を開けてその二人に声をかけた。


「お――――いっ!」

「あっ、龍ちゃーん! 杏子ちゃーん! おっはよーう!」


 その呼びかけに前方を歩いていた茜とまひろが振り向き、立ち止まってこちらに向かって手を振る。


「おはよう。二人共、ずいぶん早いな」

「今日は新学期だもんね。ちょっとワクワクしちゃって」

「お前は遠足前の子供かよ」

「うるさいわねー。いいじゃない別に」


 ぷくーっと頬を膨らませ、ぷいっとそっぽを向く茜。そういったところが子供っぽいって事なんだが、本人には分からないらしい。


「朝から喧嘩しちゃダメだよ? 龍之介」

「はいよ」


 そんないつもと変わらないやり取りをしつつ、四人で学園まで歩いて行く。

 それからしばらくして学園に辿り着くと、まだ時間が早いせいか登校して来ている生徒もまばらで、どこかその光景は寂しく感じた。


「お、お兄ちゃん! あれあれっ!」


 のんびり屋の杏子にしては珍しく、慌てた様子で俺の制服の袖を引っ張って呼び止め、校舎の端の一角を指差す。


「あれって……美月さんだよね?」

「ああ。そうみたいだな」


 全員が杏子の指差す方向を見たあと、そう言うまひろの問いに俺は頷いた。

 少し位置が遠いけど、確かに杏子の指差した先に居るのは美月さんだ。あの綺麗なウェーブのかかったロングヘアーは見間違えようがない。

 美月さんは一人の男子生徒と何やら話をしている様だが、いったい何を話しているんだろうか。


「あっ、校舎陰に入った!」


 茜がそう声を上げると、俺達は誰が言うでもなく、美月さん達のあとを追いかけた。

 そして美月さんと男子生徒が居た校舎角まで行くと、その校舎の壁を背にしながら美月さん達が消えた方をそっと覗き込んだ。


「あ、あの……如月さん! 前からずっと好きでした! 僕と付き合って下さいっ!」


 そっと覗いた先では、今まさに愛の告白が行われていた。

 そしてその状況を目の当りにした俺は、驚きのあまり思わず覗かせていた顔を引っ込めた。


「な、なんだかドキドキしちゃう……」


 同じく顔を引っ込めた茜が小声でそう言うのを聞いた俺は、再び美月さん達が居る方を覗き見た。


「どんな返事をするのかな? 美月お姉ちゃん」


 俺は固唾かたずを飲んでその成り行きを見守っていた。

 こうして見ているだけの俺ですらこの緊張感だから、実際に告白をした男子生徒の緊張は凄まじいものだと思う。

 そして告白を受けた美月さんは少し悩んでいる様な表情で相手を見ていたが、やがて意を決したかの様にして頷き口を開いた。


「……すみません。あなたとお付き合いする事はできません」

「断った、断ったよお兄ちゃん!」

「そんな事は見てたから分かる。それよりも、見つかるから少し落ち着け」


 俺は興奮気味の杏子に向かってそう言い、再び美月さんの居る方を覗き込む。


「そっか……誰か好きな人が居るのかな?」


 丁寧に頭を下げてから立ち去ろうとしていた美月さんに向け、そう問いかける男子生徒。すると美月さんはピタッと立ち止まり、スッと男子生徒の方へと振り返ってから、優しげな微笑みを浮かべて口を開いた。


「はい、好きな人が居ます。ずっと昔から変わらない、大好きな人が」


 美月さんはそう言うと、再びペコリとお辞儀をしてからその場を去って行った。

 そしてそれを見た俺達は無言でその場をあとにし、クラス編成の出ている掲示板がある場所へと向かい始めた。

 あの美月さんの返答を聞いた時、告白をした男子生徒には悪いけど、俺はなぜかほっとしていた。その理由はよく分からないけど、多分、新たなリア充が誕生しなかった事への安堵感なんだと思う。


「あっ、皆さん、おはようございます」


 クラス編成の貼り出されている掲示板がある場所へ行くと、美月さんが既にクラス編成を見ていた。


「やあ。おはよう、美月さん。早いね」

「はい。今日はちょっと用事があったので」


 俺はさっきの告白を見ていなかったかの様に振る舞う。

 当然だ。気付かれるわけにはいかない。美月さんの為にも、そして何より、あの勇気を振り絞って告白した男子生徒の為にも。


「そっか。ところで、クラス編成はどうなってる?」

「ちょうど今探していたところなんですよ」

「よし。それじゃあ、一緒に探そっか」


 こうして俺達はみんなで手分けをして掲示板を見て回る事にし、学年の違う杏子は、少し離れた場所にある一年生用のクラス分け掲示板を見に行った。


「ん~、どこにも無いな……」


 俺は右端から左側へ移動をしながら、じっくりと掲示板を見ているんだけど、なぜか誰の名前も見当たらない。


「――あっ、あったあった!」

「どこどこっ! 龍ちゃん!」


 その声にみんなが一斉に集まり、俺の指差した部分を見る。


「あっ、本当だ! 今年は龍ちゃんと同じクラスだ! やった!」


 ――同じクラスになって喜ぶとか、茜もまだまだお子様だよな。はっ!? もしかして茜の奴、俺をパシリにしようとか考えてるんじゃないだろうな……。


「あっ、僕も一緒のクラスだ」


 まひろはほっとした様子でふうっと息を吐いた。

 不思議なんだけど、俺は今までまひろとクラスが別れた事が一度も無い。もちろん、そういった経験のある人がまったく居ないとは思わないけど、小学校から今までずっと同じってのは、結構珍しいと思う。


「あっ、私も一緒のクラスみたいです」

「いつものメンバーが一緒とか、出来過ぎた展開だな」

「何よ龍ちゃん、不満があるわけ?」

「別に不満なんてねえよ。でもまあ、茜に殴られる機会が増えるんじゃないかっていう不安はあるかなー」

「どういう意味よ!?」

「そんな事、俺の口から言えるわけ無いだろ? 茜さん?」

「も、もうっ! 龍ちゃんのバカッ!」

「うぐっ!?」


 新学年早々、茜の右ストレートパンチが俺のお腹へと鋭くめり込み、俺は両手でお腹を押さえながら座り込んだ。


 ――いかん……つい調子に乗ってしまった。でもそれにしたって、言ってるそばからボディをかます事はないだろうよ……。


「もう。今のは龍之介が悪いよ?」

「ふふっ。本当に龍之介さんは楽しいですね」

「お兄ちゃんは二年生になっても変わらないね」

「お、お前らなあ。少しはボディを決められた俺を心配しろよ……」

「ふん。天罰よっ!」


 こうしてまた、騒がしくも平凡な日常が始まった。

 それにしても、新学年の始まりからこんな目に遭うなんて、我ながら泣けてくる。

 そしてそうこうしている内に、幸せそうに手を繋いでやって来る恋人持ちリア充共が次々と登校して来た。

 俺はお腹を押さえてしゃがみ込んだまま、顔だけを上げてその光景を睨み見る。

 そして俺は、リア充共への怒りをかてに立ち上がり、力の限り叫んだ。


「リア充共は爆発しろ――――っ!」





俺はラブコメがしたいッ! 一年生編~fin~

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます