第26話・思い出の数々

 楽しかった修学旅行が終わってから、一週間後の放課後。

 俺達は修学旅行中の思い出を目の当たりにしていた。


「おー、結構枚数があるもんだな」

「ホントだね」


 俺はまひろと一緒に、学園内にある多目的ホールの中を回っていた。

 ホールの壁には写真が所狭しと貼り並べられていて、それを見る為に沢山の生徒達が集まっている。さすがにこの人混みの中から、買いたい写真をじっくりと選ぶのは時間がかかるだろう。


「龍之介、これなんていいと思わない?」

「どれどれ? おお! 結構良く写ってるな」


 まひろが指差す先にあったのは、肝試しの出発前に撮られたグループ写真だった。

 出発前はまだみんな笑顔で写っているけど、このあとすぐに肝試しでとんでもない目に遭ったわけだ。


「とりあえずこれは買いだな」

「うん。僕もそうするよ」


 壁に貼られた写真に記された写真番号を、持っている注文書にスラスラと書き込む。いつか大人になってこの写真を見た時、俺はどれだけこの時の事を思い出せるだろうか。


「龍之介さん、龍之介さん」


 いつの間にか側に来ていた美月さんが、なにやらソワソワしながら袖を引っ張ってきた。


「どうしたの?」

「あの左上の角から三番目の写真、お勧めですよ?」

「どれどれ? ――うっ……」


 美月さんが言った場所を見ると、そこにはにこやかな笑顔で写る美月さんの写真があった。そしてそれを見た俺は、思わず半歩後ずさってしまった。

 それはなぜかと言うと、お勧めされた写真は美月さんが単独で写っているものだったからだ。

 どういう意図で俺にその写真を勧めたのかは分からないけど、集合写真ならともかくとして、特定の女の子が単独で写ってる写真なんて普通は買えない。まあ、それが好きな相手の写真だったりすれば話は別だろうけど。

 それにしても、女の子に自身が写っている写真を勧められるというのは初めての経験だ。


「いやー、さすがにあれはマズイと思うんだよねえ……」

「マズイって、どうしてですか?」

「どうしてって……ほら、異性が単独で写ってる写真を買うとか、いかにもアレじゃない?」

「アレとは……何でしょうか?」


 俺の言ってる言葉のニュアンスが伝わっていない様で、美月さんは不思議そうに小首を傾げた。

 この人は本気で解っていないのか、それとも単にボケているだけなのか、そこが本当に分からない。まあ、どちらにしろこの話題を続けるのは危険な気がする。


「そ、そういえばさ、美月さんはどれくらい写真を選んだの?」

「私は欲しい写真がいっぱいあったので、注文書が一枚では足りませんでした」


 そう言って見せてくれた注文書には、これでもかと言うくらいにびっしりと写真番号が書かれていて、その枚数は既に三枚目へと突入していた。


「これは凄いね」

「だって、本当に楽しい修学旅行でしたから。龍之介さんはどれくらい注文するんですか?」

「俺はまだこれくらいかな」


 そう言ってから手に持った注文書を見せると、美月さんはそれをまじまじと見つめ始めた。


「まだ数枚なんですね」

「うん。結構数が多いから、色々と迷っちゃってね」


 この手の写真は一枚の値段もそれなりにするし、枚数もかなりある。だから厳選して注文をしなければ、あっと言う間に大量の小遣いが天へと昇って行くわけだ。


「なるほど……分かりました」

「ちょ、ちょっと美月さん? 何してるの?」


 美月さんは何を思ったのか、突然俺の持っている注文書を手に取ると、ボールペンで俺の注文書に番号を書き込み始めた。


「これで完璧です。では龍之介さん、私は他のを見て来ますね」


 満足げな笑顔で俺に注文書を返すと、美月さんは踵を返して他の場所へと向かって行く。

 そんな美月さんを見送ったあとで受け取った注文書を見ると、そこにはまだ見ていない場所の写真番号が書かれていた。


「あっ!?」


 注文書に書かれていた写真番号を見ていた俺は、一つの写真番号を見て思わず驚愕きょうがくしてしまった。なぜなら書き込まれた番号の最後には、さっき美月さんが勧めてきた写真番号が書かれていたからだ。


 ――これじゃあまるで、俺がこの写真を選んだみたいじゃないか……。


 すぐにでも消したいところだけど、ボールペンで書かれているし、修正液を持っていないので消す事も出来ない。誰かに修正液を借りようかとも思ったけど、写真を選ぶ為に与えられている時間もそんなに多くはないので、この件は後回しにして、先に他の写真を見て回る事にした。

 ところで、美月さんに気を取られて忘れていたけど、さっきまで近くに居たはずのまひろが、いつの間にか居なくなっている。


「りゅ・う・の・す・け~」

「のわ――――っ!? 誰だ気色悪いっ!」


 突然耳元で生暖かい吐息と共に名前を呼ばれ、思わず怖気おぞけだってしまった。


「気色悪いとは失礼なやっちゃな!」


 耳元でささやいた人物の方へ顔を向けると、そこには不満げな表情をした渡の姿があった。


 ――なんて嫌なアプローチをしてきやがるんだコイツは。そういうのは女の子がやるからいいんだよ。


「ちっ、何の用だよ?」

「お前さ、俺に対して冷た過ぎない?」

「んな事はねーよ。気のせいだよ」

「そうか? まあいいや。ところで龍之介。いい写真があるんだけど、ちょっと見てみないか?」


 コイツがこういうニヤニヤした顔をしている時は、ろくな事を考えてない時だ。ここは即行でお断りを入れるべきだろう。


「いや、いい。遠慮しておく」


 俺は自分の心に従って何の迷いも無くその誘いを断った。コイツの誘いに安易に乗ると、ろくな事にならないから。


「そんな事を言うなよ~、龍之介ちゃ~ん。いいからおいで~」

「ちょ、待てっ! 引っ張るなっ!」


 襟首えりくびの後ろを掴まれ、無理やり渡に引っ張られる。

 そんな渡に最初こそ思いっきり抵抗していたけど、途中で抵抗するのに疲れた俺は、渡が案内する場所まで素直について行く事にした。


「ようこそっ! 渡君の秘蔵写真市へ! ゆっくりと見学して行ってくれ!」


 渡に連れて来られたのは、多目的ホールから少し離れた場所にある学園内の林の中。その中では複数の生徒達が展示されている写真の数々を見ていた。


「お前さあ、こんな所でこんな事をしていいのか?」

「ここはな、堂々と好きな相手の写真を買えない人達のオアシスなんだぜ?」

「ほほう……」

「まあ、それなりの危険リスクも負ってるから、ちーっとばかり値は張るけど、危険手当だと思ってもらえれば安いもんだろ?」


 そう言ってニヤリと笑顔を浮かべる渡。

 でもまあ、渡が撮ったにしてはエッチな感じの物は無いみたいだし、どちらかと言えば良い写りの写真が多い。被写体である人物の自然な表情が撮れているとでも言うべきだろうか。


「――ところで渡君、この写真はいったい何だい?」

「おう、それか。なかなか良く撮れてるだろ?」

「アホかお前はっ! こんな写真を堂々と晒してんじゃねーよ!」


 展示された写真の数々を見ていた俺の前に貼り出されていたのは、俺がバスの中で寝ている時の寝顔写真だった。

 俺はアホ面をして写っている自分の写真を、無造作にコルクボードから剥ぎ取った。


「あーあ、ひでえ事するなあ」

「こんなアホ面の写真を堂々と売ってんじゃねえよ!」

「でもさ、人気あるんだぜ? この寝顔写真シリーズ。お前の写真も物好きが買ってくれたしな」

「はあっ!? こんなアホ面の写真を誰かに売ったのか!?」

「まあまあ、そういきり立つなよ。そんなお前には特別価格で欲しい写真を売ってやるからさ」


 なんて舐めた事を言ってやがるんだコイツは――と思いながら渡をギロリと見た時、ふとその後ろにある一枚の写真に視線が向かった。

 俺は目をつけた写真がある場所まで歩き、その写真をじっくりと見る。


「……それじゃあ、この写真をくれ」

「おっ、さすがにお目が高いぜ! 200円な」

「黙って寝顔写真を撮った罰だ。タダにしとけ」


 舐めた事を言う渡を懲らしめる為にそう言い、目当ての写真をコルクボードから剥ぎ取る。


「おいおい、龍之介はとんだ暴君だな」


 文句を言う渡を尻目に、コルクボードから剥ぎ取った写真を見る。

 その写真には左右のお嬢さん方に腕を掴まれ、後ろのまひろが俺に抱きついて涙目になっている姿が写っていた。あの騒がしい肝試しをしていた時の写真だ。

 こんな状況なら少しはデレデレしててもいいとは思うけど、俺はなんとも言えない複雑な表情を浮かべて写っていた。

 写真に写る自分のそんな表情を見て、思わず苦笑いしてしまう。これもいつか見返した時に、大事な思い出となって脳裏に甦ってくるんだろうか。


「ところで渡、格安って言ってたけど、本来はいくらで売ってるんだ?」

「他の奴には内緒だぜ? 男子は一枚500円、女子は一枚50円だ!」

「お前、あこぎな商売してんのな……」


 悪びれる様子も無い渡を見た俺は、この悪友がいつか背中を刺されやしないかと少し心配になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます