第25話・素直で素直じゃない二人

 修学旅行三日目。

 俺達は今日も自由行動の真っ最中だった。もう観光しかしてない気がするけど、今更そんな事を思っても仕方ない。


「おっ、あったあった! あの店だよ、みんな!」


 左手に持った携帯のディスプレイを見た渡が、車道を挟んで向かい側にあるお店を指差す。それを見た俺達は、近くにある横断歩道から向かい側へと渡り、目的だったそのお店へと入店した。

 入店後は俺と渡、まひろと美月さんと真柴の三人で通路を挟んで隣り合った小さめのボックス席に分かれて座った。


「龍之介! 俺達はもちろんコレだよなっ!」


 テーブルの上にあったメニュー表を見ていた渡が、その中でも一際ひときわ異彩を放つ品を指差す。


「や、やっぱりコレにいくのか?」


 俺は渡が指し示した品を見て、多少だがひるんでしまった。

 確かにコレに挑戦したい気持ちはあるけど、見ただけでも相当な大きさだ。いくら俺と渡でも、相当な苦戦を強いられる事は間違い無い。


「鹿児島に来てこれに挑戦しないとか、男とは言えないぜ?」

「よ、よし! 挑戦しようじゃないかっ!」

「よっしゃ! それでこそ龍之介だぜっ!」


 渡の発言に釣られて奮起したが、このあと、俺はこの判断を激しく後悔する事になった。


「――鳴沢君。大丈夫?」

「龍之介さん。無理しない方がいいのでは……」

「そうだよ龍之介。顔が真っ青だよ?」


 入店してから約二十分後。

 俺と渡は地獄を見ていた。今、俺と渡の前にそびえるのは、ドデカイ器に盛られた超特盛りの鹿児島名物しろくま。

 しかもそのしろくまはまだ半分も減っていないのに、俺と渡は既にグロッキー状態だった。


「な、何で誰も俺の心配はしてくれないの……?」


 渡は苦しそうにお腹をさすりながら、三人に向かってボソッとそう呟く。

 それは渡だからだよ――と言ってやりたかったけど、今の俺はそんな事を言う気力すら失せている。

 既にいつギブアップ宣言を出してもおかしくはない崖っぷちの状況だが、俺はなんとか気力を奮い立たせながら、超特盛りのしろくまを食べ続けた。


「――だ、駄目だ……俺はもう、ギブアップ……」


 ようやくお互いにしろくまの半分を食べ終えた頃、渡が青ざめた表情をしながらギブアップ宣言を出した。


「龍之介さんも無理しない方がいいですよ?」

「だ、大丈夫さ……ここで残したら、食べ物を粗末にしてはいけない――っていう家訓に背いてしまうからね……」


 はっきり言って、我が家にそんな家訓など無い。だが、調子に乗って超特盛りしろくまを注文した挙げ句、食べれずにギブアップなんて、男の意地にかけてもできない。

 無理矢理に笑顔を作って美月さんに微笑み返したあと、俺は必死でしろくまを食べ続けた。

 そしてそれから三十分くらいかかってしまったけど、俺はどうにか超特盛りしろくまを食べ尽くす事に成功した。まあ、最後の方はしろくまがほとんど溶けてしまい、ただの甘い液体になってたけど。


「――大丈夫? 龍之介」

「少し横になった方がいいんじゃないですか?」


 超特盛りしろくまを食べ終わったあと、店から出た俺達はすぐ近くにあった公園へと来ていた。

 ベンチに座ってぐったりとうなれている俺に、まひろと美月さんが心配げに声をかけてくる。こんなくだらない事で心配させるなんて、我ながら情けないもんだ。


「ありがとう。でも、少し休んだら大丈夫だから」


 なるべく心配をかけないようにと、軽く微笑んでそう答える。

 二人に向けてそう言ったあとで、ふと視線を公園の出入口に向けると、そこには携帯で誰かと話をしている真柴の姿があった。


「悪いけどさ、渡がトイレから戻ったら先に行ってくれないかな? このままみんなを付き合わせるのは嫌だし」

「そんな事は気にしなくていいんですよ?」

「そうだよ、龍之介」


 二人の厚意はありがたいけど、せっかくの修学旅行の予定を、俺や渡のせいでこれ以上狂わせるのは忍びない。


「あれっ? どうかしたの?」


 電話を終えた真柴が、にこにこした表情で戻って来た。

 誰と話していたのかは分からないけど、あのにこやかな表情を見ると、電話の相手は彼氏だったのかもしれない。


「あっ、真柴さん。龍之介さんが、先に次の目的地に行ってくれって言うんですよ」


 美月さんは心配そうな表情を浮かべたまま、まるで真柴に『説得して下さい』と言わんばかりにそう言う。


「鳴沢君はそれでいいの?」

「ああ、俺は大丈夫。ここで少し休んだら、すぐに追いかけるからさ」

「……分かったよ。如月さん、鳴沢君もこう言ってるし、私達は先に行きましょう」

「えっ? でも……」

「ここは鳴沢君の言うとおりにしてあげましょうよ。ねっ? 如月さん、まひろ君」

「……分かりました」

「うん……分かったよ」


 こうして渡がトイレから戻って来たあと、最後まで心配そうな表情をしていた美月さんとまひろに『すぐに追いつくから』と声をかけ、みんなが公園から出て行くのを見送った。


 ――あとでみんなに埋め合わせをしないとな……。


 そんな事を思いながらベンチに横たわって目を瞑る。すると具合の悪さもあったからか、俺は迂闊うかつにもそのまま眠ってしまった。


「――んん……」


 ゆっくりとまどろみから意識が抜け出そうとしていた。

 それと同時に後頭部に柔らかく心地良い温かみを感じ、俺は静かに目を開けた。


「あっ、龍ちゃん。大丈夫?」


 ゆっくり目を開けると、そこには心配そうに俺の顔を覗き込む茜の顔と青い空が見えた。


「茜……? 何でこんな所に?」

「そ、それはその……た、たまたまここで具合悪そうに寝てる龍ちゃんを見かけたからよ」


 慌てた様にそう答える茜が可愛らしく見えたのは、俺の具合が悪いせいだったのかもしれない。


「そっか……わりい、心配かけたみたいだな」

「ううん。いいんだよ」

「…………茜、この前はごめんな」


 スカートの布越しに感じる体温を心地良く感じながら、俺はちょうどいい機会だと長崎での事を謝った。


「えっ?」

「長崎での事だよ」

「あっ、ううん。私こそごめんね。それにあれは、龍ちゃんのせいじゃないの。あれは私がいけなかっただけ……」

「そんな事は無いさ。それと、ありがとな。わざわざ面倒を見てくれて」

「そ、それはほら……この前、映画館で介抱してもらったでしょ? あの時のお礼をしているだけだから」

「まったく……人が素直にお礼を言ってるのに、相変わらず可愛げが無いな」

「可愛げが無くて悪かったわねーだっ!」


 茜はそう言って目の前で小さく舌を出す。こういったところも昔と変わらない。


「まったくだよ。少しはまひろを見習ってくれ」

「な、何でそこでまひろ君の名前が出るの!?」

「いや、だってアイツ、可愛いだろう?」

「うっ……確かにそうだけど。なんだか複雑な気分……」


 口にしたとおりの複雑な表情を浮かべながらも、茜は納得している様子だった。

 それから少しの間、俺はこの素直じゃない幼馴染みとの会話を続けた。腐れ縁とは言いつつも、茜と幼馴染で良かったと思う。まあ、こんな事は口が裂けても本人には言わないけど。

 そんな事を思いながら、俺はこの素直じゃない幼馴染との一時を楽しんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます