第8話・笑顔の代償

 どんな世代でも、ある程度共通したり共感したりする話題や出来事、物事というものがある。

 いわゆる共通認識というものだが、どうしてこうお偉いさんのお話というのは無駄に長いんだろうか。大体の話は要約すれば五分とかからない内容だろうに。

 退屈にしか感じない学園長のありがたいお話を聞きながら、俺は小さく何度も欠伸あくびを出す。加えて体育館の中は、夏の暑さと人の集まった体温からなる非常に不快な熱気が立ち込めていて、この熱気だけで今にもぶっ倒れそうだ。

 だが、明日からは待ちに待った夏休み。それを考えると、この苦行とも思える時間もあとしばらくの事だと我慢できる。

 貧血を起こしてしまいそうな程の長話に耐えながら、学園長の話が一秒でも早く終わるようにと神や仏に願った。そして学園長による長話の拷問が終わると終業式はとてもスムーズに進み、あっさりと終わりを迎えた。

 こうして俺達はようやく不快な熱気の立ち込める体育館から解放され、教室へと戻る事ができた。


「学園長のお話、相変らず長かったよね」

「そうだな。まあ、いつもの事だけど、この暑さの中であの長話は一種の拷問だよな」


 自分の席に座って横に立っているまひろと学園長の長話に対する批判を口にしながら、一学期最後のホームルームを消化する為に教室で担任が来るのを待っていた。

 ちらちらと教室内に居るクラスメイトに視線を向けると、みんなの表情は一様に明るく、夏休みが訪れる事への喜びがうかがえる。


「龍之介は夏休みに何か予定はあるの?」

「今のところは特に無いな。まひろは?」

「僕は最初の一週間はお父さんの田舎に行く予定なんだ」

「へえ、田舎か。夏休みの定番って感じがするよな。まひるちゃんも楽しみにしてるんじゃないか?」

「えっ? あっ、うん。凄く楽しみにしてたよ」


 まひるちゃんの名前を出した途端、まひろが少し視線をらしたのが分かった。


「なあ、まひろ。まひるちゃんってどこの学校に通ってるんだ?」


 まひろのそんな反応を見たからかもしれないけど、なんとなくそんな質問をしてしまった。それは多分、俺がまだ心のどこかで、まひるちゃんの存在を疑っていたからだと思う。


「えっと、この学園の最寄駅から三駅離れた場所にある、白百合しらゆり学園って知ってる?」

「ああ、あの小学校から大学まで一貫性のお嬢様校か?」

「うん。まひるはそこに通ってるんだよ」


 これは驚きだ。まさかあの全国的に有名なお嬢様校に通っていたなんて、まさに高嶺の花。まひるちゃんは別世界に居る女の子だったってわけだ。


「それにしても、まひろとは付き合いが長いけど、妹が居るなんてまったく知らなかったな」

「ごめんね、龍之介。色々と事情があって」

「気にすんなよ」


 いくら親友とは言っても、秘密の一つや二つあるのは普通だろう。それに、白百合学園みたいなお嬢様校に通ってるくらいだから、まひるちゃんが相当大事にされているというのは分かる。そう考えれば、まひろが妹の存在を俺にさえ明かしていなかったのも納得できる話だ。

 こんな感じでしばらくまひろと夏休みについての話をしていると、間も無くやって来た担任の号令でホームルームが始まった。

 先生はプリントに書かれた夏休みの諸注意を読み上げていき、最後に忌々しい成績表を一人一人に手渡していく。正直言って成績表など受け取りたくはないけど、こればかりは避けては通れない道だから仕方ない。

 そして最後に、『問題を起こして先生が呼び出されるような事をしないように』との注意を聞いた後でホームルームも終わり、みんなぞろぞろと教室を出て行く。


「龍ちゃーん! 成績はどうだったー?」


 急いで荷物をまとめて教室から逃げ出そうとしていたところに、隣のクラスから勢い良く駆けつけたのは茜だった。


「ちっ」


 そんな茜の姿を見て、つい舌打ちが出てしまった。

 今日は茜に出会わずに学園を出たかったけど、それも今では不可能だ。なぜなら既に茜の手によって、俺の腕はガッチリとロックされているからだ。


「龍ちゃん、さてはまた逃げ出そうとしてたな!」

「ん、んな事ある訳ねーだろっ!?」


 それが俺の白々しい嘘である事は、誰の目にも明らかだっただろう。しかしだからと言って、それを自ら認める事など断じてできない。


「ほらっ! 往生際が悪いよ!」

「こ、こらっ!」


 茜は俺がギュッと抱き締めていた鞄を強引に奪い取ると、すぐさま鞄を開いてその中身を漁り始めた。

 俺は必死に目標のブツを取られまいと足掻あがくが、その抵抗はものの見事に封殺され、最終的には成績表を奪われてしまった。


「どれどれ~?」


 茜は鞄から抜き取った成績表を見開き、まじまじとすみから隅までを舐める様に見ていく。

 そして茜が成績表から視線をこちらへ向けると、ニヤニヤと憎らしい笑顔を浮かべながら口を開いた。


「私の勝ちだねっ!」


 自分の成績表を俺に見せる事無く、茜は勝利宣言をする。茜はこう見えて成績は抜群に良いから、その勝利宣言に間違いは無いと思う。

 だが、ここであっさりと負けを認めるわけにはいかない。ここは無理と分かっていても、抵抗くらいはしておくべきだろう。


「そ、そっちの成績表も見せろよな!」

「はい、どーぞ」


 その言葉に余裕の表情で鞄から成績表を取り出し、それをポンと俺に向けて差し出す茜。この余裕が見ていて腹立たしい。いっその事、この場で成績表を破り捨ててやろうかと思うくらいだ。

 茜の態度を忌々しく思いながらも、差し出された成績表を受け取って中を見る。


 ――なん、だと!?


 我らが花嵐恋からんこえ学園の成績表は五段階評価なのだが、茜の成績表に書かれている数字は五か四しかない。しかもどちらかと言えば五の方が多いから、茜がこの様に勝ち誇った表情をするのもよく分かる。

 ちなみにだが、俺の成績表には五が一つも無い。そのほとんどが三の評価で、一つ二つと四がある程度だ。


「ねっ、私の勝ちでしょ?」

「どういう事?」


 そばに居たまひろが、俺と茜を交互に見ながら問いかけてきた。

 なぜ俺と茜が成績表で勝ち負けを争っていたのか。それは終業式の一ヶ月前の事になるんだが、俺と茜は一つの賭けをした。成績表の評価が低かった方が、終業式の日にファミレスでご馳走をする――という賭けを。

 先に述べたとおり、茜はかなり成績が良い。だから成績勝負で俺が勝てる見込みはほぼ皆無だ。故に俺は、そんな無謀な賭けには乗るものかと、最初は茜の持ちかけた成績勝負を突っねていた。

 だが、結果的には茜の極悪な策略と口車に乗ってしまい、俺はその勝負を受けてしまった。そして結果はご覧のとおりの惨敗。

 そんな出来レースにも等しいこの勝負において、俺に残された自分を救う為の手段と言えばたった一つ。なんとか終業式の日に茜に見つからない様にして逃げ出し、夏休みは茜に遭遇しない様に行動、新学期を迎えた後はすっとぼけていくというスタイルで行く予定だったのだが、今となってはそんな計画も全てが水の泡だ。


「――なるほどね。それは龍之介がちゃんと約束を守らないと」

「ぐっ……」


 にこやかな笑顔でまひろにそう言われると、俺にはもう逃げ道は無い。ここは素直に諦めて、茜と一緒にファミレスへ向かうしかないだろう。


「はあっ……分かったよ」

「そうそう、それでいいの。あっ、良かったらまひろ君も来ない? もちろん龍ちゃんの奢りだから」

「おいおい!? 何勝手な事を――」

「えっ、いいの? ありがとう、龍之介」


 茜の勝手な発言を真に受けるまひろ。普通なら『ふざけんな!』の一言で終わるのかもしれないけど、まひろの嬉しそうな顔を見ていると、それが言えなくなってしまうから不思議だ。

 一部の世間では可愛いは正義――という言葉をよく聞くけど、まひろを見ているとそれがよく分かる。

 けれど、今回だけは場合が違う。可愛いは決して正義ではない。可愛さとは今の俺にとって、無条件に心を追い詰めていく悪魔そのものだ。だってこんな風に可愛く言われたら、普通断れないだろ。

 だが、非常に残念な事に、まひろは男なのだ。その事だけが本当に悔しい。でも、まひろは可愛いから許す。茜は許さないけど。

 新たな出費の原因を作った茜に対し、俺は恨みを込めた視線を向ける。

 しかし、楽しそうに『何を食べよっか?』などと話している二人を見ていると、やれやれと思いながらも自然と表情をゆるませてしまう。

 そしてこの後、三人で向かったファミレスで大いにたかられた俺は、会計時にどんよりと気分を沈ませる事になった。それはもう、世界最大の海溝と呼ばれるマリアナ海溝よりも深くだ。


「6700円だと!?」


 支払額の半分以上は茜によるものだ。まひろはガンガン注文をする茜とは違い、至って控えめに注文をしてくれてたから助かった。ホント、まひろは優しくて良い奴だ。

 心の中で大泣きしながら支払いを済ませ、まるで羽毛の様に軽くなった財布を持って外へと出る。

 外には先に出ていたまひろと茜が満足そうな笑顔を浮かべていた。そんな二人の満足げな表情と引き換えに、俺の小遣いは天へと召されたって訳だ。

 どうせなら彼女にあんな表情をしてもらいたかった――と思いつつも、自分に恋人が居ないという悲しい現実を思い出す。


 ――ちくしょう……このファミレスに居たリア充共は全員砕け散ってしまえっ!


 そんな八つ当たり的な事を願いながらファミレスを後にし、俺達は高校初の夏休みを迎えるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます