第7話・相合傘の隣

 もうしばらくすると、高校初の夏休みがやって来る七月の下旬。

 この日も朝から入道雲があちこちで見られ、積み重なる様になっている雲の白と空の青が、約半々程度の色調で広がっている。

 そしてその雲間から射す太陽の強い陽射しが、身体を容赦無く熱していくのが辛い。そんな熱い陽射しを浴びながら、元気に鳴き続ける沢山のせみ達の声を聞きつつ、日陰を見つけてはそこに入って学園へと進んで行く。

 日陰に入れば多少なり涼しさを感じるものの、夏の暑さは止まるところを知らないのか、学園に着いてからも夏の陽射しは強さを増すばかりだ。

 しかし、午後からは急速に天気が崩れ始め、放課後になって帰る頃にはバケツの水をひっくり返した様に激しい雨模様へと変わっていた。

 朝の天気予報では雨が降るなどとは言ってなかったから、俺は傘を持って登校していなかった。本当なら大雨を前に嫌な気分を隠せなくなるところだけど、ラッキーな事に俺には置き忘れていた傘があり、傘を持って来ていない連中とは違って悠々と傘を広げて帰れる――はずだったのだが、それも俺が下駄箱を出るまでの儚いものだった。


「龍ちゃんのおかげで助かっちゃった。たまには龍ちゃんも人の役に立つよね」


 激しい雨が降りしきる中、傘を差す俺の隣には皮肉交じりにそんな事を言う茜の姿がある。

 運悪くと言うか何と言うか、学園の下駄箱から外へと出た所で茜と遭遇してしまい、無理やり傘の中に入って来たかと思うとそのまま傘の約半分を占領され、そのまま帰宅する事になってしまったわけだ。


「はあっ……お前なあ、人の傘に入れてもらっておいてその言い草は無いだろ? だいたいお前さ、いつも折り畳み傘を持ってたじゃないか。それを使えよ」

「い、今は壊れてて持ってないの! 別にいいじゃない、傘に入れてくれたって。幼馴染なんだし……」


 俺がこんな事を言うのは茜が憎まれ口を叩いたからだと言うのに、当の本人はそれを理解していないのか、不満そうに口を尖らせる。


 ――まったく……口を尖らせたいのは俺の方だってんだよ。まひろならともかくとして、何で貴重な相合傘イベントを茜とせにゃならんのだ。しかも高校生になって初の相合傘なのに。


「まあ、傘に入るのはいいとしてもだ、もう少し傘を俺の方にもよこせ。これじゃあ俺が濡れるじゃないか」


 茜は傘を持つ俺の手の上から自分の手を被せ、力ずくで自分の方へと寄せていた。そのせいで制服の左側は肩からしっとりと濡れ始めていて、べた付いた感触が肌にまとわりつき始めている。


「嫌よ、私が濡れちゃうもん」


 ――このアマ……今度気付かないくらい小さな穴を無数に開けた傘をプレゼントしてやろう。俺のとびっきりの笑顔つきで。


「そういえばさ、龍ちゃんとこうして一緒の傘に入って帰るのって久しぶりだよね」

「そうだったか?」

「そうだよ」


 言われてみればだが、確かに小さい頃から茜とこうして一緒の傘に入って帰る事は多かったと思う。

 しかもよくよく思い返してみれば、小学生の時も中学生の時も、初めての相合傘は茜だった気がする。そう考えてみると、高校まで初相合傘が茜というのは陰謀すら感じる確立だ。


「どうしたの龍ちゃん? 難しい顔して」

「気にすんな、我が身の不幸をなげいていただけだから」

「何それ? 変な龍ちゃん」


 初相合傘をずっと茜に奪われ続けてきた事が不満なんだよ――などと口にしてしまえば、まず間違い無くここに真っ赤な血の雨が降る事になるだろう。それだけは絶対に避けなければいけない。今後訪れるかもしれない俺のラブコメ人生の為にも。


「――あれっ? あの子……」


 しばらくは他愛ない会話を続けながら歩き、もう少しで茜の家に着こうかという頃、茜は通りかかった公園の前で急に立ち止まってから中へと視線を向けた。

 茜が視線を向けた公園の中を見ると、そこにはおさげ髪の小さな女の子が、公園の大きな木の下に居るのが見えた。その上背から考えると、だいたい小学校低学年と言ったところだろうか。

 その女の子は買い物袋らしき物を抱えたまま、不安げな表情で空を見ていた。


「傘が無くて雨宿りしてるのかな?」

「私、ちょっと行って来る!」

「お、おいっ!?」


 言うが早いか、茜は傘から飛び出して女の子の方へと向かって行く。それは別に構わないんだが、アイツはあの女の子の状況を解決する手を考えているんだろうか。

 基本的に向こう見ずで猪突猛進ちょとつもうしんタイプの茜には、ほとほと手を焼いてきたから心配になる。

 とりあえず自分が行っても仕方ないだろうと思った俺は、公園の前でその行く末を見守る事にした。考え無しの事が多い茜の末路を考えると、最終的にこの傘をあの子に手渡すという選択肢も考えておくべきだろう。

 そんな事を考えながら様子を見ていると、茜はポケットからハンカチを取り出して濡れている女の子を丁寧に拭き始めた。その表情は普段の茜とは見間違うくらいに穏やかで、とても優しい微笑みを浮かべている。


 ――へえ、茜ってあんな表情もするんだな。


 今まで見た事も無い柔和な表情に、俺はなぜか見惚れていた。

 そしてそんな茜をしばらく見つめた後、俺はそろそろ頃合かと思い、持っている傘を女の子に手渡そうと二人の居る方へ向かおうとした。


 ――えっ!?


 傘を手渡そうと思って一歩足を踏み出した瞬間、俺は見てしまった。茜が鞄から小さな折り畳み傘を取り出し、女の子に手渡すところを。


 ――アイツ、『傘は壊れてて持ってない』って言ってなかったか?


 自分の記憶を探っていると、買い物袋と傘を手に持った女の子が横を元気に走り過ぎて行く。その時に女の子が手に持つ傘がチラッと視界に入ったが、見えた限りでは特に破損している様には見えなかった。


「ごめんね、龍ちゃん。お待たせ」

「なあ、茜。ちょっといいか?」

「ん? 何?」

「お前さ、折り畳み傘は壊れてて持って無いって言ってなかったか?」

「えっ!? あっ、そ、それはその……ほ、ほらっ! 帰る時にちょうど傘を持った龍ちゃんが居たから、そのまま龍ちゃんの傘に入っちゃえ! って思って……」

「ほほう。それはつまり、『自分の傘を使うのは面倒だから、龍ちゃんの傘に入っちゃえー!』って事だったわけかい?」

「ご、ごめんね、龍ちゃん!」


 茜はそう言うと、顔を紅く染めてから脱兎だっとの如く駆け出し、あっと言う間に雨の降る中を走り去って行った。


「まったく……いったい何だってんだよ」


 茜にしてやられた事が悔しかった俺は、さっき考えていた穴あき傘のプレゼントを真面目にアイツに手渡そうかと考えていた。まあその場合、俺は死を覚悟する事になるだろうけど。

 未だ降り止む気配が見えない空を見上げ、大きくふうっと息を吐き出した後、俺は自宅への道をモヤモヤした気分のまま歩いて帰った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます