一年生編・夏休み

第9話・再会、新たな繋がり

 夏休み初日の朝。

 カーテンを素早く横に引いてから窓を開くと、その先にはどこまでも広がる青い空が見え、同時に夏独特のべたつくようなぬるい風が吹き込んで来た。

 こんな不快指数の高そうな日はクーラーの効いた部屋に引き籠もりたいところだけど、今だけはそんな気にならない。なぜなら今日から、待ちに待った夏休みが始まったからだ。その記念すべき夏休み初日を楽しむ為に意気揚々と出かける準備を済ませた俺は、友達と約束をしていた場所へと向かう。

 そして待ち合わせ場所で友達と合流した後、俺達は地元から少し遠くにあるレジャー施設へとやって来た。今日の目的は室内レジャー施設のプールで遊ぶ事だが、俺は夏休みの嬉しさで肝心な事を失念していた事に気付いた。


 ――ちっ、いつもながら忌々しいな。


 ここはかなり広い室内レジャー施設だけど、周りを見渡せば溢れんばかりの人、人、人。当然と言えば当然だろうけど、俺が問題にしているのはカップルが多い事だ。

 しかもここに来ているカップル連中は、人目も気にせずにイチャイチャしている奴等が多く、そんなイチャつくカップル連中を見るのは実に不愉快極まりない。


「あっちに行ってみるか……」


 一緒に来ていた友達連中は、今もウォータースライダーで夢中になって遊んでいる。俺も最初こそ同じ様にテンション高く遊んでいたんだけど、それでも数回滑れば普通は飽きてくるもんだ。

 俺はウォータースライダーでテンション高く遊ぶ友人達から離れ、一人流れるプールまで足を伸ばしてみる事にした。


「ちっ」


 のんびり水の流れに身を任せようと流れるプールに来たわけだが、この選択も大ハズレだった。なぜならこちらのプールには、更に接触度の高いカップルが大勢居たからだ。


 ――遊びに来てストレスが溜まるとか、洒落にならんよな。


「きゃっ!?」

「おっと!?」


 周りのカップルに対して苛つきながら流されていると、不意に誰かが俺の背中にぶつかった。俺はその衝撃に思わず振り返って相手を見る。


「ごめんなさい!」

「あ、いや、大丈夫ですよ。そちらこそ大丈夫ですか?」

「はい。大丈夫です――って、あれっ? もしかして、鳴沢君?」

「えっ? もしかして、雪村さん?」

「やっぱり鳴沢君だ! 久しぶりだね!」


 明るく微笑みながら弾む声でそう言うこの女の子は、以前俺が短期バイトをしていた際に一緒に働いていた同い年の先輩、雪村陽子ゆきむらようこさん。

 バイトの期間は本当に短かったけど、彼女の事は忘れもしない。いつも明るくて元気が良く、とても気立ての良い子で、そこに黒髪ショートカットが相まってか、とても活動的な感じの女の子だ。


「ホントに久しぶりだね。て言っても、まだバイトを辞めてから二週間くらいだけど」

「そう言えばそうだね。あっ、今日は友達と来てるの? それとも……彼女さんと一緒とか?」

「ハハハハ……まさかそんな……」


 乾いた感じでそう答えると、雪村さんは非常に申し訳なさそうな表情を見せた。きっと俺の乾いた笑いで全てを察してくれたんだろう。

 悲しい事だけど、自分の口から『彼女なんて居ない』と言わずに済んだ事は良かったと思える。


「そう言う雪村さんは友達と来てるの? それとも、やっぱり彼氏と?」

「えっ!? 私はその……」


 雪村さんの顔が徐々に朱色に染まっていく。

 バイトの時にはこんな事を話題にしなかったから、彼氏の有無は知らないけど、やっぱり雪村さんくらい可愛い子には彼氏が居て当たり前なんだと思う。


「……居ないよ、彼氏なんて」

「えっ? そうなの? 意外だなあ」

「意外なの?」

「うん。雪村さん可愛いし、普通に彼氏が居ると思ってたよ」


 それは紛れもない本音で、むしろ彼氏が居ないと聞いて驚いたくらいだ。


「ありがとう、鳴沢君」


 雪村さんは更に顔を朱色に染め、鼻先までプールに浸かるくらいにしゃがんでしまう。

 こんなに照れている雪村さんを見るのは初めてだった俺は、バイト中に見ていた彼女とのギャップ差で思わず微笑んでしまった。


「も、もうっ! 笑わないでよねっ!」


 スッと立ち上がった雪村さんにポカポカと両手で胸を叩かれる。

 その可愛らしい行動に顔がにやけるのを抑えるのが大変だったけど、謝ると少しむくれた表情をしつつも許してくれた。


「もう……あっ、そういえば、お友達と一緒じゃないの?」

「俺のお友達連中は、ウォータースライダーがいたく気に入ったらしくてね。今もアホみたいに滑ってるはずだよ」

「ふふっ。そうなんだね」


 口元に手を当て、くすくすと笑う雪村さん。バイトの時に見せていた笑顔とはまた違う可愛らしい表情に、思わずときめいてしまいそうになる。


「あっ、私はそろそろ友達のところに戻らなきゃ。またね、鳴沢君」

「うん。またね、雪村さん」


 小さく手を振りながらプールサイドに上がり、雪村さんは一緒に来た友達の居るであろう場所へと去って行く。

 そして俺はしばらく流れるプールでゆったりと流された後、飽きずにウォータースライダーで滑っているだろう友人達の所へと向かった。


× × × ×


「あっ、鳴沢君!」


 数時間くらい遊んだ後でプールを出てから着替えをし、トイレに行った友人達をロビーで待っていると、雪村さんが慌てた様子でこちらへと駆け寄って来た。


「今から帰るの?」

「うん。さすがに遊び疲れたからね」

「そうなんだ……あ、あのね、鳴沢君。良かったらだけど、連絡先を教えてくれないかな?」

「えっ? 連絡先を? それは構わないけど、急にどうしたの?」


 ソワソワと落ち着かない様子を見せる雪村さんを見ながら、とりあえずポケットから携帯を取り出す。


「そ、それはその……最近またバイトの事で悩んでて、またあの時みたいに相談に乗って欲しいなって思ったから……」

「ああ、なるほど。そういう事か」


 雪村さんの口にした理由に納得がいった俺は、取り出していた携帯の通信機能を開いて雪村さんに交換を促した。


「ありがとう、鳴沢君」


 連絡先の交換を終えた雪村さんはようやく落ち着いたのか、携帯を見つめながらほっとしている様に見えた。


「じゃ、じゃあまたねっ!」


 雪村さんは急に何かを思い出したかの様にハッとすると、携帯を握り締めてから出入口の方へと走り去って行った。ずいぶん慌ててたみたいだけど、俺の連絡先を聞く為に友達を待たせていたのかもしれない。


「悩み相談か……」


 お互いに知り合いなんだから、悩み相談には乗ってもいいと思う。でもいつの日か、雪村さんから恋愛相談なんかを受けたりする事もあるかもしれない。

 普通に考えれば、あの可愛い雪村さんを男が放っておくとは思えないし、さっきは彼氏なんて居ないとは言っていたけど、好きな人が居る可能性はあるから、その事で相談を受ける可能性だってあるわけだ。

 雪村さんから恋愛相談が来ない事を願いつつ、俺は携帯をポケットに仕舞う。

 こうして雪村さんと久々の再会をした夏休み初日は、耳に残る騒がしいせみ達の鳴き声と共に過ぎ去った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます