第3話・好みとタイプと親友のコイバナ

 物語には様々なジャンルが存在する。恋愛ものやファンタジーもの、ホラーやSFなど多種多様なジャンルがあり、その内容も様々だ。

 迎える結末も、ハッピーエンドから見る者の心をえぐるバッドエンド、どちらとも言いがたいエンディングと、それぞれに行き着く先がある。

 人は様々な物語に魅せられ、それを自らの人生に置き換えて想像の中で体験をする。物語とはなんと素晴らしいものだろうか。

 俺は手に持った本をパタッと閉じ、しばしの愉悦ゆえつひたる。好きな本を読んでその世界に入り込み、読み終わった後に生じる快感にも似たこの余韻よいんがたまらなくいい。

 そんな悦に入る俺の耳に、昼休みが終わりを告げる五分前のチャイム音が聞こえてきた。


「あっ、またそれ読んでたんだ。その作品好きだよね、龍之介は」

「おう、これは俺の聖書バイブルだからな」


 閉じた本をそっと鞄の中に入れ、隣に立っているまひろの方へと身体を向ける。

 今日も今日とて、にこやかな笑顔のまひろはとても可愛らしい。


「ラブコメ作品って沢山あるけど、もうかなりの作品を見てるんじゃない?」

「そうだな。どれくらい作品があるかは分からんが、それなりに見てるだろうな」


 どんな物語にも少なからず恋愛要素は絡んでいるとは思うが、俺は中でもラブコメディーと純愛系の作品が好物だ。

 純愛系は単純に、こんなピュアな恋愛っていいよな――って感じで見てるんだが、ラブコメディーは笑えたり泣けたりで、見ていて楽しくなる。特にラブコメディー特有の男女のすれ違いは面白い。あんなすれ違いなんて、現実にはまず無いだろうから。

 まあ、俺がこういった作品が好きなのも、現実の恋愛がとても辛いものが多い事を知っているからだろう。もちろんそんな恋愛ばかりではないだろうけど、大半の恋愛は辛く苦しいものだと思う。だからこそ、物語の中くらいは幸せな気分に浸りたいのだ。

 でも、周りで楽しそうにしている恋人持ちリア充共を見ていると、この感じ方は俺だけなのだろうか――と、時々不安になる。


「そういえば、龍之介の好きなタイプってどんな女の子なの? 作品のキャラクターとかじゃなくて」


 まひろからこういった話題を振ってくるのは非常に珍しい。いや、珍しいと言うよりも、俺の記憶が確かなら初めての事だ。


「珍しいな、まひろからそんな話題を振ってくるなんて」

「そ、そうかな?」


 どちらかと言えば、リアル恋愛についての話を避ける傾向にあるまひろ。そんなまひろに対して驚きと共にそう言うと、まひろは困った様な苦笑いを浮かべて小首を傾げた。


 ――そういう可愛い表情を見せるんじゃないよ。俺が血迷うから。


「まあ、そうだな……黒髪ショートで元気なんだけど騒がしくなくて、気配りの出来る子かな。あっ、白のワンピースが似合う子ってのもいいな」

「へえ、結構具体的なイメージがあるんだね」


 こういう話になれば、これくらいの項目が出るのは当然だと思う。結局は好きなタイプ=理想のタイプみたいなもんだろうから。

 しかし、よくよく考えてみると、この話題は聞く相手に対して何の躊躇ためらいも無く自分の趣味、好み、性癖せいへきなどをさらしている事になる。冷静に考えれば結構恥ずかしい事なのかもしれない。


「そう言うまひろはどんな女の子がタイプなんだ?」

「んー、僕は特にそういうのは無いかな」

「うわっ、人には言わせておいてズルいな~」

「あ、いや、そういう訳じゃなくてね。僕にはもう好きな人が――」


 まひろはそこまで口にすると、しまった――という表情を浮かべて口をつぐむ。

 自分の迂闊な発言を俺に聞かれた事がよほどマズイと思ったのか、まひろは俺の表情をうかがいつつ狼狽ろうばいしている。そんな狼狽するまひろの様子はとてつもなく可愛らしく、しばらくじっとその様子を愛でていたいほどだ。

 しかし、人ってのは可愛いらしい様子を見せる相手に対してちょっと意地悪をしたくなる生き物で、俺もそんな人間の例に漏れない。だから俺は、ニヤッと口元を緩ませてからまひろを見据えて口を開いた。


「なんだいまひろく~ん? 君にはもう好きな子が居たのか~い?」

「えっ!? そ、それはその……あの…………」

「素直にお兄さんに話してみなよ~。悪い様にはしないからさあ~」

「あうぅぅ……」


 好きな人が居る事を知られたのがよっぽど恥ずかしいのか、まひろは視線を逸らしてから顔を俯かせてしまった。

 可愛い奴をいじめたくなる真理からまひろに意地悪をしてしまったが、まひろが本気で嫌がる事はしたくない。もしもまひろに嫌われたら、人生の半分が終わったくらいの絶望を味わうだろうから。


「まあ、まひろが好きになる子なんだから、きっと良い子なんだろうな」

「う、うん。とっても良い人だよ!」


 まひろはその言葉に俯かせていた顔をスッと上げ、満面の笑みを浮かべてそう答える。


 ――だからそういう表情は止めろって、超可愛いから。


 こんな笑顔は是非とも女の子から向けられたいもんだ。まあ、まひろの笑顔ならいつでもウエルカムだけど。

 それにしても、俺にラブコメの神様が舞い下りて来るのはいつになる事やら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます