第2話・親友と幼馴染と

 花嵐恋からんこえ学園へ入学してから、早くも六月の中旬を迎えていた。

 鬱陶うっとうしい雨が降り続く梅雨がようやく明け、朝の通学路の頭上には晴れやかな青空が広がっている。そんな澄んだ空模様を見ていると清々しい感じはするけど、そんな空の清々しさとは違い、俺の心は今日も暗雲漂う空模様だ。


 ――くそっ、今日も忌々しいリア充共め……。


 通学路には仲良く登校する恋人持ちリア充共の姿がちらほらと見え、それを目にする度に俺のテンションはどんどん下がっていく。

 俺が通うこの花嵐恋学園は、全国の高校の中でも恋人持ちの生徒が異常に多い事で有名だ。その理由はまったく知らないけど、我らが学園の生徒は恋人持ちが男女共に七割を超える――というデータがあるらしい。

 俺にとってはそのデータ自体も胡散臭うさんくさいのだけど、その情報元である学園の取材部はその筋では有名らしく、世界にあるどんな情報機関よりも優れた情報収集能力を持つ――などとも噂されている謎の多い部活だ。まあ、流石にそれは噂に尾ひれが付いただけだろうけど、それにしたって尾ひれが付き過ぎだと思う。


「龍之介ー!」


 後ろから名前を呼ばれて振り向くと、少し遠くからまひろが走って来ているのが見えた。俺は足を止めてまひろが追い着くのを待つ。


「はあはあ……ありがとう、待っててくれて」


 にこやかに微笑みながらこちらを見るまひろ。その涼やかでにこやかな表情を見ていると、とても妙な気分になってくる。

 もしこれが漫画やドラマなんかのワンシーンだとしたら、まさに青春ラブコメの様に見えるかもしれない。たけど、どれだけ可愛らしくてもまひろは男だ。それだけは残念でならない。


「……今度は女子の制服を着て同じ事を言ってくれ」

「えっ? 何?」

「あっ、いや、何でもないっ!」


 まひろの可愛らしい部分にもだいぶ慣れたとは言え、時々こうした危ない発言をしてしまう。これはもう条件反射と言えるかもしれない領域だが、まひろの可愛さを目の当たりにし続ければ、こうなるのはしょうがないと思える。


「りゅーうちゃん! 今日も朝からカップル狩りしてるのー?」


 そんなやり取りをまひろとしていると、俺に向けて物騒な言葉が浴びせ掛けられた。その楽しげな明るい声は、両親の声よりも聞き慣れたものだ。


「そんな物騒な事をした事はねーよ。想像した事くらいはあるけど」

「うわっ、想像した事はあるんだ……」


 俺の返答に若干引いているコイツは、幼稚園からの幼馴染で水沢茜みずさわあかね。世の中で言われるところの腐れ縁ってやつになる。

 茜は昔から元気が一番の取り柄で、トレードマークのひざ近くまで伸びるとても長いポニーテールが特徴だ。

 そんな幼馴染の茜は基本的には優しい奴なんだけど、なぜか俺に対してだけは毒を吐いてくるから可愛げを感じない。まあ、異性の幼馴染なんてこんなもんだろうけど。


「おはよう。茜ちゃん」

「おはよう、まひろ君。まひろ君に限ってそんな事は無いと思うけど、あんまり龍ちゃんと一緒に居ると馬鹿が飛び火しちゃうよ?」

「お前なあ、言葉はもっと慎重に選べよ?」


 毎回この手の発言を聞く度に思う事だが、コイツは俺を傷つけないと死んでしまう呪いにでもかかっているんだろうか。仮にそうだとしたら、呪いをかけた奴はすぐさま呪いを解除してほしい。俺がストレス死する前に。


「アハハ、ごめんごめん」


 茜の様子からは一切反省の気持ちを感じない。まあ、これもいつもの事だ。

 そんないつもと変わらないやり取りをしつつ、三人で学園へ向けて歩き始める。

 それにしても、周りに居る恋人持ちリア充共を見ていると、本当に楽しそうに、嬉しそうにしている。隣に恋人が居る気持ちってのは、いったいどんなもんだろうか。早いところその気持ちを知ってみたいもんだ。


「あっ、そうだ龍ちゃん。前に借りてた漫画、学園に着いたら返すね」

「もう読み終わったんか? どうだったよ?」

「龍ちゃんが好きそうなラブコメだったねえ」

「おいおい、それしか感想が無いのか?」


 俺は昔から好きなラブコメ漫画を一週間程前から茜に貸していた。それは俺のラブコメ理想を茜にも理解してもらおうと思ったからだけど、どうやらそれも無駄に終わったみたいだ。


「はあっ……茜にはあの良さが理解できなかったか……」

「だってあれは漫画の中だけの出来事だもん。現実はあんなに甘くないよ」

「そんな事は誰よりも知ってるんだよ……」


 そう、そんな事は誰に言われるまでもなく理解している。漫画やドラマ、アニメや小説やゲームで語られる恋愛物語なんて、しょせんは空想の出来事。現実にはありえない。

 でも、ありえないと分かっていたって、夢見るくらいはいいだろう。それで誰かに迷惑をかけているわけではないのだから。


「特に幼馴染の女の子が病気の看病に来た主人公に告白するシーンなんて、見てて恥ずかしくなったもん」

「恥ずかしいって……俺はああいうのが好きなんだよ」

「龍ちゃんらしいね。でもさ、私も嫌いじゃないよ。そのシーン」

「えっ?」


 にこやかな笑顔を向けてそう言う茜に、俺は不覚にもドキッとしてしまった。


 ――普段は憎まれ口を叩く可愛げの無い奴だけど、笑顔を見せてる時だけは結構可愛いんだよな――って、いやいや、何を考えてんだ俺は。


 不意に見た茜の笑顔に血迷っただけだと思いつつ、俺は頭を左右に振って雑念を飛ばす。


「ねえ、龍之介。今度は僕にもその漫画を貸してくれないかな?」

「おう! いいぜ! まひろならきっとあの良さを理解してくれるだろうしな。全巻まとめて貸してやる!」

「あ、ありがとう。全部読ませてもらうよ」


 ――茜にもまひろの半分でいいから、この素直さと可愛さがあればな……。


「むっ!? 龍ちゃん、今何か失礼な事を考えてたでしょ!」


 ギロッと鋭い目で俺を睨みつける茜。

 その鋭く突き刺さる様な視線だけで、俺の身体は蛇を前にした蛙の様に硬直してしまいそうになる。


「そ、そんな事ねーよ」


 スッと視線をらしながら白々しくもそう答える。

 そんな俺に対して茜は尚も疑いの眼差まなざしを向けているのかもしれないけど、人の本音なんてそう簡単に見抜けるものではない。


「わ、私にだって女の子らしいところもあるんだから……」


 俺の態度から何かを感じ取ったのか、茜は急にそんな事を言い始めた。


「茜に女の子らしいところがある? そんな馬鹿な!?」


 恥ずかしげにそう呟いた茜の方を向き、俺はついついそんな事を口走ってしまった。


「なっ!? りゅ、龍ちゃんの……バカァ――――!」

「ふごあっ!?」


 容赦の無い腰の入った右ストレートパンチが、俺のボディを的確に捉えた。俺はその衝撃に耐えられず、その場に崩れ落ちる。

 そして俺に鋭いボディをかました茜は、崩れ落ちた俺とそれを見ていたまひろを残してそのまま学園へと走り去って行った。


「龍之介、いくら何でも今のは言い過ぎだよ」

「うぐっ……あ、茜の奴、せめて頬に平手打ちくらいにしてくれってんだよ……」

「大丈夫?」


 心配そうに声を掛けてくれるまひろの言葉を聞きながら、一撃をかまされたお腹を両手で押さえてゆっくりと立ち上がる。すると登校中だった恋人持ちリア充共が、クスクスと笑いながら俺を見て横を通り過ぎて行く。

 そしてそんな恋人持ちリア充共が俺の横を通り過ぎると、『痴話喧嘩かな?』とか、『カッコ悪い』とか、なんとも好き勝手な事を言ってくれてるのが聞こえてきた。


 ――くそっ、リア充共め……。


 俺は今日も新たなおもいを込め、心の中で恋人持ちリア充共が大爆発する事を願った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます