Tänzer,Hexer《テンツァー、ヘクサー》踊り子と妖術師

訳/HUECO

4 ケストナーがリューネブルクの国で、芝居を上演したこと。ならびに少女を救ったこと。

第1話 旅芸人

 ケストナーの一座はイルメナウ川を左岸沿いに南下していた。

 リューベックを出立して既に一週間余り、ようやく次の目的地であるリューネブルクに到着しようとしていた。町並みが徐々に迫ってきて、横へ横へと広がりを見せていた。

 一座は神聖ローマ帝国内をほぼ時計回りに巡回している。この土地を訪れるのも一年振りであった。

 街中に入ると、市場広場の前で左折し、街の東外れに在る芝居小屋の前に馬車を止めた。

「挨拶してくる」

 ケストナーはそう言い残して、小屋の木戸から中に入った。

 主のヘルマンは無用心にも、客席の長椅子の上で寝ていた。

「ヘルマン!」

「ん……おおっ、ケストナー。やっと、おでなすったか」

「遅れて済まん」

「なに、構わんさ。メルン市の当局から連絡は来てたよ。何でも、旅の途中で人攫いの連中を捕まえたんだって?」

「成り行きで」

 と、ケストナーは左右のてのひらを上に向けた。

「ははっ、そうか。でも、まぁ、遅れた分の請求はメルン市が立て替えてくれるっていうんだから、損はしない。それに此処ここもついこの間までホルツの一座が居たんで、しこたま稼がせてもらったしな。わしものんびり昼寝が出来ようというもんさ」

「なら、ふところは余裕という事か?」

「そうだとも。ははっ。馬車は表か?」

「ああ」

「じゃあ、挨拶でもせんとな」

 ケストナーはヘルマンの後ろを付いていった。

 馬車にはぜーマンとローズマリーが乗っていた。

「おい。二人だけか? 後の奴等はどうした?」

「皆、辞めた」

「辞めたっ! どうして? 他所にでも引き抜かれたのか?」

「違う」

「カールが自分の一座を立ち上げたのよ」

 と、ローズマリーが口を挟んだ。

「カールがか? あの若造が?」

「そう。他の四人をたらし込んで、連れて出て行ったの」

「おいおい、本当か?」

「ああ。ここんとこ、どうも様子が変だと気にはしていたんだが。上手くやられたよ」

「夜逃げよ、夜逃げ。衣装なんかも持ち逃げされちゃって」

 と、ローズマリーが諸手を上げた。

「おい。それはそうと、芝居はどうするんだ? 出来るのか?」

「まあ、なんとかなるさ」

「なんとかって。たった三人でか?」

「私、衣装が無いのよ」

 と、再びローズマリーが訴えた。

「何っ、衣装もか!」

「そう。ニーナのあばずれが女物の衣装の大半をくすねて行ったのよ。残っているのは、農婦の衣装か、魔女の服ぐらいなもんよ」

「おいおい、大丈夫か?」

「そう興奮しなさんな」

「これが興奮せずにいられるか!」

「来る途中で、何をやるか色々と練ってきたから」

「んん……」

「上演は明日からでいいだろう?」

「それはいいが……本当に大丈夫か?」

「任せとけ」

 ケストナーはヘルマンの肩に手を回した。

「さあ、これから準備だ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます