白夜記

作者 月緒 桜樹

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今、この一瞬の、この時は今しかない。

その、さっと過ぎ去ってしまう一瞬を絶妙なアングルで切り取った詩集です。

人の弱さや脆さ。
そしてその隙間から見え隠れする強さや逞しさが的確に選び出された言葉で綴られています。そこからは彼らが立つ情景がありありと浮かび上がってきます。

暗く深い闇に差す、柔らかく優しい光。
君の心にも届きますように。

そんな願いが込められているような気がしました。

★★★ Excellent!!!

『千夜記』を読んでから、こちらの『白夜記』を読みました。
選び抜かれる言葉は同様に洗練されていながら、読んでいるとふわりと柔らかなイメージがよぎります。
仄かな光、淡い優しさ、儚げな癒し、タイトル通り白夜のような詩集。
心に灯火が欲しいときに読み返したいです。