5.7 リドル

「泣くなよ」

「だ、だってぇ」

 泣きじゃくる美心を見かねて、瑠璃丸が声をかけてきた。

「ラストがぁ、ラストがぁ」

「わかったから」

 瑠璃丸が宥めるという稀有な光景を、美心は涙越しに見ることとなった。

 いや、宥めてはいないか。ただ鬱陶しそうに、美心の隣を歩いている。

 劇は拍手に包まれて幕を閉じた。

 美心は劇が終わってから泣きっぱなしである。次から次へと涙が溢れてきて、目の前が見えなくなるくらいだ。

 瑠璃丸の肩に顔を埋めるようにして、美心は会場を出て、エントランスのソファに腰掛けていた。

「エドワードは、絶対わるくないのにぃ」

「いいから、俺の服に鼻水をつけるな」

「ぐずっ。鼻水は、つけてないもん」

 美心が瑠璃丸の腕の肉をつねった。

「わかったから、袖で拭くな。これ使え」

 そう言って瑠璃丸はハンカチを取り出し、美心はそれを受け取った。

「鼻、かんでいい?」

「いいわけないだろ」

 美心は涙を拭いて、湧き上がる感情を落ち着かせた。

「まったく、ただのお芝居でこんなに泣く奴があるか」

「だって、不意打ちだったんだもの」

 そう。

 あまり期待していなかったがゆえに、美心の心は完全に油断していた。その緩んだ心に、不意の一撃をくらい、凄まじく揺さぶられてしまった。

「この話書いた人、絶対、性格わるい。瑠璃丸と同じくらい」

「おまえ、もうハンカチ返せよ」

「嫌」

 美心がそっぽを向いた、そのとき、声をかけられた。

「あの、瑠璃丸さん、ですよね?」

 声をかけてきたのは、女の子であった。スタッフ腕章を付けた彼女は、半信半疑ながら、佇んでいた。

 その態度をよそに、

「人違いだ」

 と一蹴したので、美心は肩のところを引っ叩いた。

「間違ってないですよ。この人が瑠璃丸です」

 美心が付け加えると、スタッフの子は、ホッと胸を撫で下ろした。

「あの、寛太郎さんが、ぜひお話ししたいと言っておりまして、裏の方にお越し頂けますか?」

「いや、無用だ」

「あ、行きます。案内お願いできますか」

「おい」

 即答で拒否する瑠璃丸にかぶせるように美心は応じた。

 スタッフの子は、かなり混乱していたが、それでもにこりと笑って案内してくれた。

 ちなみに、案内役のスタッフは、美心のことを知っており、裏のスタッフオンリーのゾーンに入るや否や、二人で写真を撮った。

 泣き過ぎて写真に映れる顔をしていなかったが、せっかく写真を求めてもらえたので、なんとか顔を作った。

 楽屋では、やりきった顔の演者達が健闘を讃え合っていた。

「あ、瑠璃丸さん!」

 瑠璃丸に気づいた寛太郎が、勢い良く近づいてきた。

「どうでしたか!? 俺達の舞台!」

 すぐさま感想を求められた瑠璃丸は、あからさまに嫌そうな顔をしたが、少し悩んでから渋々応じた。

「まぁ、よかったんじゃないか。少なくとも一人はずいぶん楽しんでいたようだしな」

 そう言って、まだハンカチを口元に添えている美心を見た。

「すっごい、よかったです」

「あ、ありがとうございます」

「でも、ラストは、ラストは、う、ううう……」

「だ、大丈夫ですか?」

 思い出して再び涙が溢れてきて、美心はハンカチに顔を埋めた。

「放っておけ。さっきからずっとこの調子だ」

「放っておかないで!」

「……うざ子」

「うざくない!」

 どうしたものか、と寛太郎が戸惑っているのを、美心は察して涙を拭いた。

「すいません。その、ラストの展開が衝撃的過ぎて」

「あぁ、すいません、驚かせてしまって」

 寛太郎は気まずそうに謝った。

「僕らのやる話のほとんどは、もっとわかりやすいハッピーエンドなんですけど、この話だけは、どうしてもそうならなくて」

「あ、いえ、わるかったわけではなくて」

 感じたことを言葉にするのは難しかった。

 バッドエンディングだったとは思えない。けれども、哀しくて、胸の内の冷たいところがさっと撫でられるような、そんなざわつきが、心地悪くて、涙が止まらなくなった。

 エドワードは、心の破片を返すことを選んだ。

 彼が破片を、アンジェリーナに返すと魔法のように照明の色がくるくると変わり、そして暗転した。

 次に照明が灯ったとき、舞台上にいたのは、復元されたアンジェリーナ。

 傷痕もなく、それこそ魔法のように、両眼が合わさり、整った顔立ちで観客を見下ろす白銀のドール。

 彼女が一人、舞台で立ち尽くし、そして糸が切れたように崩れ落ちるシーンで物語は閉じる。

 リドルストーリーともいえるエンディング。

 だが、美心が涙を流したのは、そこではない。

 美心は、復元されたドールを見て、残念に思ってしまったのだ。あれほど不気味であった額の虚が埋まったというのに、むしろ、何かもっと別の大きな存在を喪失してしまったような気がした。

 もはや美しさを感じない。

 そこに立ち尽くしていた白銀のドールは、どこにでもあるただのドールに成り下がっていた。

 だからこそ、彼女が崩れ落ちたその意味が、わかってしまった。

 わかってしまったから、美心は辛くて仕方なかった。

 正しい形に戻った彼女のことを称賛できなかった。


 そんな自分自身の心の揺れに耐えきれなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます