5.1 チケット

 店の前で、美心は躊躇っていた。

 あまり、迷うことのない性格だと自分では思っていた。迷っているふりこそしても、実際に腹では決めていることがほとんどだ。

 そんな美心が迷っていた。


 店に入ろうか、入るまいか。


 冷静に考えれば、帰るべきだ。今からやろうとしていることは、まったくのおせっかいもいいところ。美心に実行する義務などないし、むしろ、やらない方がいいのではないかとすら思える。

 それなのに、美心は店の前で佇んでいた。


 WHY?


 いや、理由はわかっているのだ。彼への同情というか、哀れみというか、慰めというか、つまりは人間的な慈しみが故である。

 そう、慈善活動だ。

 決して他意はなく、好意などは微塵もない。

 それは自分自信では理解できているのだけれども、ただ、相手にも、そう伝わるかはわからない。ちょっと善意を見せるだけで、男なんていうものは、好意を受けたと勘違いする。

 勘違いほど怖いものはない。

 男の勘違いからやってくる恐怖を、美心は身をもって体験しているから、余計に警戒してしまう。

 ならば、もう、予めはっきりと言ってしまうか。


 これは善意であって、好意なんて微塵もないんだからね!

 勘違いしないでよね!

 

 と。

 

 ……。

 ……ただのツンデレじゃん。

 

 気づいて美心は項垂れる。

 いや、いやいや、違う。ツンデレではなく、本心なのだけれども、言葉にするとツンデレにしか聞こえない。

 誰だ、ツンデレなんて、意味わからん文法作った奴!

 どこの誰とも知れないツンデレの祖に対して、地団駄を踏んでいると、咎めるように、鈴を鳴らして扉が開けられた。

「あのぉ、入らないんですか? 美心さん」

 扉から顔を出した直登は、困ったような笑みを浮かべながらこちらを窺っていた。

「お、おう」

 平静を装う暇もなく、美心は妙な声で応答してしまった。

 促されて、美心は渋々と店内に足を踏み入れた。

 まだ心の準備ができていないのだけれども、その場に立てば自然とできるものともいえる。

 というより、状況のせいで、準備せざるを得なくなってしまったのだが。

「何だ、また来たのか」

 窓辺でコーヒーカップを片手に、瑠璃丸は呟くように言った。

 心なしか元気がないように見えるけれども、いつもこのくらいのローテンションな気もする。

「今日は何の用だ?」

 いや、やはり気落ちしているのか。

 美心に来店の理由を聞くなんて、今までにない。悪口が雑というよりも、キレがない。というより、悪口じゃない!

 つまり、不調!

 悪口が出ないから不調というのも、人間としてどうかと思うけれども。

「いや、用というか、何というか。元気しているかな、と思って」

「何だ、それ? 冷やかしなら帰れ」

 うん、やっぱりちょっとわからないや。

「もう何よ。コンテストであんなことがあったから、落ち込んでいるんじゃないかと思って様子を見に来てあげたのに」

「はぁ? 誰が頼んだんだ、そんなこと?」

「頼まれたら、むしろ来なかったわよ」

「いや、頼まれたら来いよ。それじゃ、ただの天邪鬼じゃねぇか」

 たしかに、そうだけど。

「ふん、まぁ、それだけ憎まれ口を叩けたら、大丈夫そうね」

 そっぽを向く瑠璃丸を見て、どうしようかと迷ったが、やはりせっかく用意したのだから、と美心はチケットを取り出した。

「じゃ、このチケットはいらなかったかな」

 そう告げて、ひらひらと見せびらかす。

「何だ、それ?」

「ふふん、何だと思う?」

「……うざ」

「う、うざくはないでしょ! むしろ、可愛げ満載でしょ!」

「それを可愛げだと思っているところが、素でうざいんだが」

「素で、とか言うな!」

 この男は本当に、せっかくの人の好意を踏みにじる才能に満ち溢れている。

 腹が立つけれども、今更仕舞うわけにもいかないので、美心はチケットを提示した。

「人形劇よ」

「人形劇?」

「知り合いからもらったんだけど、すっごくおもしろいんだって」

「それで?」

「……だから、おもしろいんだって」

「あぁ、それはわかった」

「だ、か、ら、おもしろそうでしょ!」

「いや、見たことないから、わからんけれど」

「もう!」

 あぁ! 少しくらい興味を持ってくれればいいのに。

「要するに」

 と継いだのは、コーヒーを運んできた直登であった。

「瑠璃丸さんを元気づけるために、人形劇のお誘いに来たわけですね?」

「な!?」

 予想通り勘違いされたので、美心はあわてて取り繕う。

「違う! 元気づけるために、というのは、まぁ、あるけど、お誘いに来たわけじゃない」

「でも、チケット二枚ありますよ」

「それは、瑠璃丸と直登くんの分よ。一人で行っても寂しいでしょ」

「あ、そうなんですか? でも、困りましたね。二人してお店を離れるわけにはいかないので、その提案は難しいのですが」

「あ、……そう」

 妙な空気になってしまい、美心は言いよどむ。

 再度、口火を切ったのは、直登であった。

「じゃ、二人で行ってくればいいんじゃないですか、普通に」

 直登の提案に、美心と瑠璃丸は顔を見合わせて、同じタイミングで眉間に皺を寄せた。


「「はぁ?」」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます