5.心の破片を握りしめて、私はホームに立っていた

心の破片-その5-

 アンジェリーナ王女は、棺の間に飾られていた。


 命の尽きたドールは、葬式の後に火葬される。だが、王族のドールは、その美しさを永久に残そうと、棺の間に置かれる決まりとなっていた。

 一目ご挨拶を、と思い、エドワードは棺の間を訪れていた。

 水晶でできた棺がずらりと並び、その中で先代達が座らされている。その末席に、アンジェリーナ王女が座らされていた。

 半顔ではあるが、その表情はあまりに無垢であり、今までに見たことがないほど穏やかな姿であった。


 姫様は、それほど疲れていたのだろうか。

 姫様の心は、それほど醜いものだっただろうか。

 姫様の美しさは、それほど妬ましいものだっただろうか。


 エドワードには、どの感情もわかるようで、わからなかった。

 ただ、エドワードは、もう一度、アンジェリーナ王女に会いたい。それだけであった。姿形を見たいのではない。口が汚くてもいい、心を閉ざしていてもいい、彼女の髪を結いながら、ときおり、うれしそうに口に出すネイルやジュエリーの話を聞いていたい。

 そう願うことは、間違っているだろうか。


「姫様、あなたは、何をお望みですか?」


 答えのない問を、エドワードは呟く。

 そのとき、だ。

 エドワードの問を咎めるように、彼の頬を矢がかすめた。


「誰だ!」


 答える者はいない。ただ、闇に潜む黒い影は、次の矢を放ってくる。エドワードはあわてて逃げ出した。

 影の中から現れたの黒服の者。

 戸惑うことなく、黒服の者は、エドワードは追ってきた。黒服の手には銀色のナイフ。慣れた手つきで黒服はナイフを振り上げ、そして、エドワードに向けた。


 キン!


 甲高い音が響いた。

 ナイフはエドワードに届かず、騎士の剣によって阻まれた。


「ローリー様!」


 そこに立っていたのは騎士ローリーだった。黒服も予想外のようで、明らかに狼狽しており、そんな迷いのある者に、騎士ローリーが負けるわけがなかった。

 黒服のナイフは簡単に弾かれ、ローリーによって黒服の者は組み伏された。


「いったいどうしてローリー様がここに?」

「俺は、おまえのことを怪しんで、つけていたんだ。アンジェリーナ王女を修復したいだなんて、動機がさっぱりわからない。もしかしたら、疑われないための自作自演なんじゃないかと思ってな」

「そんなことを」

「だが、違ったようだ。こいつこそが、事件の犯人だろう」

 そう言って、ローリーは、黒服の覆面を剥ぎ取った。

 顕となったのは、よく知る男。


 執事、モーガンだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます