3.6 くそ野郎二人

 おでこに痛みを感じて、美心は目を覚ました。

「おい、起きろ」

「え?」

 目を擦って美心は体を起こした。

「私、寝ちゃってた?」

「爆睡しておいてよく言う」

 見まわすと周りは閑散としている。そして閉館を知らせるオルゴールの音が鳴っていた。

「よだれをふけ」

「む、こりゃ失敬」

 ぐいと手の甲でぬぐってから、美心は背伸びをした。うたた寝は、思いのほか気持ちよく、眠りに落ちる前の混乱は消え去り、すっきりとした気分であった。

 どのくらい寝ていたのだろうか、とスマホを確認すると、電源を切っていたことに気づく。

 電源を入れてスマホを覗くと、ぞっとした。

「もう、こんな時間?」

「閉館の時間だからな」

「もっと早く起こしてよー」

「……図々しい女だ」

 美心は、スマホの画面を確認する。

 電話の着信がさっきよりも増えていた。すべてマネージャーからで、SNSにもコメントが大量に入っており、ぞっとするレベルだ。

 ちゃらいと思っていたけど、粘着質だったのね。

 いや、それらは両立するのか?

「うわっ、きもっ」

 コメントの内容は、始めこそ話そうとか、かるい謝罪であったが、後半になるに従って脅迫じみた内容に変わっていった。

「どうしたんだ? 不細工な声を出して」

「不細工じゃない!」

 珍しく気にかけてくれた瑠璃丸であったが一言多い。

 美心はパタンとスマホを閉じた。

「別に。ちょっと仕事のトラブルよ」

「面倒そうな話だな。俺には相談するなよ」

「……そこは嘘でも俺に相談しろって言いなさいよ」

 瑠璃丸の頼りなさに、美心はため息をついた。

 まぁ、初めから瑠璃丸に相談する気などなかった。そんな間柄でもないし、頼ったところで解決できるような案件でもない。

 ちょっと悪質過ぎるし、事務所の所長に相談しよう。いや、その前に先輩に相談した方がいいかな。

「心配しないで」

「いや、してないけど」

「心配、し、な、い、で!」

「あ、あぁ」

 むかついたので、ちょっと圧をかけてやった。

 美術館から出ると、陽はかなり傾いており、赤い空が追いやられ、遠くの空には薄闇が迫っていた。

 ねっとりとした風が木々を揺らしてざわざわと鳴る中を、美心と瑠璃丸は無言で歩いていた。休んだとはいえ、どっと気疲れしてしまい、もはや美心には瑠璃丸と話す気力もなかった。瑠璃丸の方はそもそも話しかけてくるような男もないし。

 ただ、そう割り切ってしまえば、気まずいこともなく、なんとなく安心できるから不思議な話だ。本当に無言で木々のさざなみしかなく、おしゃべりな美心にとって、それはそれで稀有な体験であった。

 だが、その不思議な静寂は、美術館の門を抜ける前に、不快な声によって乱された。


「よう、美心ちゃーん」

「げ」


 美心は思わず後退る。

 そこに立っていたのは、美心のマネージャーの有馬であった。前髪をやけに気にする男で、スーツを着崩し、その下品な笑みを釣り上げた。

「何で返信くれないの。俺、心配しちゃったよ」

「あら、そう」

 このちゃらい感じがそもそも苦手なのだが、ねちっこいしゃべり方が、さらに嫌いだ。

 たまに、こういう喋り方する奴いるけれども、どこにその需要があるのか甚だ謎であった。

「どうしてあなたがこんなところにいるの?」

「便利な時代だよねぇ」

 有馬はスマホを掲げて見せた。

 そこには、無様に口を開かせた美心の寝顔が掲載されていた。

「美心ちゃんのファンが撮ってSNSにアップロードしたみたいでさ。『美心ちゃんの美術館デート激写!?』だってさ。こういうの困るんだよね。美心ちゃん、モデルなんだよ? 男関係とか逐一俺に報告してくれないとさ」

 

 ……うわっ。

 これって完全にネットストーカーって奴じゃないの?

 怖っ!


 写真では、瑠璃丸の顔がスタンプで見えないようにされていた。だが、その肩に寄りかかって眠る美心の姿は、誤解されるには十分であった。

「いやー、いるところにはいるんだね、美心ちゃんのファン。それにしても、こいつ盗撮するなんて、ガチでないよね」

 いや、ガチでないのは、おめぇだから。

「で、何なの? こんなところまで追ってきて」

「追ってきてじゃないっしょ、美心ちゃん。お昼の話の続きだよ。連絡とれないんだから、直接会いにいくしかないでしょ」

 その思考が本当に怖いんだけど。

「その話は、明日事務所でしましょ。今はプライベートなの」

「いやいや、プライベートって、たかがモデルに、そんな大物感を出されても草生えるだけなんすけど」

 む、むかつく。

 美心が苛々していると、有馬はちらっと美心の横に視線を向ける。

「そっちの奴が、美心ちゃんの彼氏? へぇ、美心ちゃんて、こういう男が好みなんだ」

「違う。この人はただの知り合い。たまたま近くで会って、美術館に誘ってもらったの」

「言い訳下手すぎ。はい、マイナス10点」


 え、どうしよう。殴りたい。


 この男、瑠璃丸とはまったく別のベクトルで、すっごいむかつくんですけど。

 何で私の周りって碌な男がいないんだろう、と美心はとても悲観的な気持ちになった。

「ま、美心ちゃんのタイプじゃなさそうなのはわかるけど。今度、男と会うときは、ちゃんと俺に許可とってからにしろよな」

「はぁ? 何で?」

「えぇ、わかんないかなぁ。俺が美心ちゃんのマネージャーだからでしょ」

 どうしよう、警察に電話した方がいいかな。

 美心が本気で悩み始めたとき、


「おい、美心」


 瑠璃丸が口を開いた。

 まさか、瑠璃丸が話に割って入ってくるとは思っていなかったので、美心は意外に思った。この状況下で、瑠璃丸に助けてもらうなんて癪だが、いないよりはましだ。

 顎に手を当て、瑠璃丸は、美心の方に視線を向けてきた。


「俺もプライベートうんぬんは調子に乗っていると思う」


「そこじゃないでしょ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます