3.3 ドール展

 どうして、こうなった?


 美心は頭にハテナを浮かべながら、瑠璃丸の少し後ろを歩いていた。

 喫茶店で瑠璃丸から突然に美術館デートに誘われて、美心は完全にテンパっていたことは間違いない。


 え? 何?

 こいつ、私に気があるの?

 言動不一致過ぎて、怖いんですけど!


 半ば恐怖すら覚える美心であったが、その動揺を瑠璃丸に気取られるのも気に入らないので、澄ました顔を装っていたら、言葉まで装ってしまった。

『まぁ、いいけど』

 よくない。

 いや、暇だったのは確かだし、この後の予定もないし、どうしようかな、とは思っていたのだ。

 けれども、美術館は選択肢になかった。

 大学に通っていたとき、インテリな雰囲気を醸し出そうと美術館に行ったことがある。友達と一緒に見てまわったのだが、もう、あくびも尽きるほど、つまらなかった。

 何かに絵画展だったと思うのだが、1枚3秒くらいで歩を進めてしまい、高いお金を払ったのに、パラパラマンガを読むレベルで見終わってしまった。

 さすがにもったいないと、もう一周したのだが、友達などは、途中、歩きながら寝ていた。

 美心も似たり寄ったりだ。

 それ以来、美術館に足を運ぼうなどと脳裏をかすめることさえなかった。

 さて、そんなつまらない場所に、むかつく男とデートするという状況に陥っているわけだが、だからこそ思う。


 どうしてこうなった?


 唯一、理由があるとすれば、瑠璃丸の態度があまりに真摯であったからだ。

 真摯というと、言い過ぎかもしれないが、誘いの言葉に、いつもの陰湿さもなく、つっけんどんな態度もなかった。

 ただ単に誘われたので、美心は頷いてしまった。


 あれ? 私、ちょろ過ぎない?


 ギャップを少し見せられた程度で、印象がプラスに揺らぎそうな自分の安易さと葛藤して、美心が頭を悩ませていると、いつの間にか美術館に着いていた。

「チケットっていくらくらいなの?」

「気にするな。おまえの分のチケットもある」

 お、男前!?

 いや、いやいや、普通か。

 だって、誘ってきたのは瑠璃丸の方だし。何だか、もともとの評価が低い分、少し普通のことをされると、全部プラス評価になっていく。

 これが瑠璃丸のテクだとしたら、相当のやり手である。

 絶対に違うと思うけど。

「今回の主催が知り合いで、タダ券をもらったんだ」

 あ、本当に違った。

「捨てるのも、もったいなくてな」

「まさか、それで私を誘ったの?」

「暇だったんだろ?」

「……いや、そうよね。そうよねー」

 うん、知ってた。

 むしろ、安心した。

 瑠璃丸の行動への違和感が消えていくのを感じる一方で、余計に、この状況へのやるせなさが助長された。

 美術館は、門からが遠かった。門の中は両脇に森に見紛わんばかりの木々が植えられており、本当に美術館があるのかと疑うほどである。

 だが、舗装された一本道を歩いていくと、たしかに白く巨大な建造物が姿を現した。

 平日ということもあり、人は少ない。年齢層はまちまちで、年配の方が多いけれど、意外と若者もいる。美大かどこかの学生だろうか。

 子供を連れた母親などもおり、連れて来られた子供は熱心にドールに魅入っていた。

「あぁいう子が、将来、瑠璃丸みたいになるのかしらね」

「さぁ、どうかな。不安定な職業だから、何とも言えないな」

 たしかに。

「その辺はお互い様ね」

「市場規模は、ドールの方が小さいだろ。同様に扱うのも違う気がするけどな」

「うわっ、被虐的」

「事実だから、仕方がないだろ」

 そういうもんだろうか。

 まぁ、たしかにニッチな商売なのは間違いない。そういう仕事をしていれば、業界の事情にも自然と詳しくなる。

「スマホの電源は切っておけよ」

「わかっているわよ」

 子供じゃないんだから。

 バッグからスマホを取り出して、画面を確認すると、着信が何件も入っていることに気づく。相手はマネージャーだ。おそらく、先程の諍いの件だろう。

 面倒くさい。

 着信を見なかったことにして、美心はスマホの電源を切った。

 展示会場は薄暗く、ケースに入ったドールだけが明るく照らされていた。

「おー、ドールだらけね」

「当たり前だろ」

 美心の感想に、瑠璃丸は呆れたように応えた。

 言ってみただけなのに。

 ドールは何らかのルールに従って並べられているようだった。入ってすぐはシャルル特集である。看板にシャルルの名前と写真が掛けられており、ドールが陳列されている。

「まぁ、シャルルのドールは玄人、素人問わずに人気だからな。見栄えもするし、わかりやすい美しさがある。まず、シャルルというのは理解できる」

 へぇ、語るじゃん。

 これは、意外と楽しめるかもしれない。言ってしまえば、解説つきの美術館だ。それも屈指のドール職人の解説ならば、知ったかということもありえない。

 ときどき口がわるいことを除けば、これ以上の解説役もいないだろう。

 そう期待して、美心は瑠璃丸の横に立っていた。

 だが、そういう楽観的な予測は、往々にして外れるものである。

 待てど暮らせど、瑠璃丸は解説する気はないようで、ドールの一点一点確認して歩き、ときどき足を止めては、ふむ、と頷くのだった。

「ねぇ、何か解説してよ」

 痺れを切らして美心は自分から求めた。

「見ればわかるだろ」

「見てわからないから、聞いているんだけど」

「見てわからないものは、聞いてもわからん」

 そりゃ、そうかもしれないけれど。

「ここがすごいとか、こういう価値があるとか、いくらするとか、さ」

「金でしかモノを見れんのか、おまえは」

「う! そういうわけじゃないけど」

 ちょっと、それはあるけど、瑠璃丸に言われるとむかつく。

「ドールの価値は金ではない。ドールの場合は特にな。その美しさに関係なく、ネームバリューや希少性で高額な値段がつくことがある」

「でも、結局、それが評価なんじゃないの?」

「相関がないわけではない。美しいものには金銭的価値は付く。だが、金銭的価値が付いたドールが美しいわけではない」

「あー、それはわかるかも」

 モデルの仕事もそうだ。

 本当に美を追求したモデルが、コンテストで優勝するとは限らない。どうして、この娘が? ということもままある。

 真の価値と、評価の不一致は、美を扱う者達にとって永遠のテーマなのかもしれない。

「でも、そういう考えって、どこか傲慢に思えちゃうのよね」

「傲慢?」

「それって、客観的な評価が正しくないってことでしょ。多くの人は、真の美しさを理解できてなくて、間違った評価をしているって」

「理解できていないのではなく、見たことがないんだと俺は思う」

 「ふむ」と瑠璃丸は腕を組んだ。

「先に、本物を見にいくか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます