3.2 パンケーキ

 美心は、アイスコーヒーとパンケーキを注文した。

 決して、瑠璃丸の食べているはちみつたっぷりのパンケーキに釣られたわけではない。たまたま食べたい気分だっただけだ。

「どうして前に座るんだ?」

 瑠璃丸の前の席に、美心は腰掛けていた。

「だって、知らない間柄じゃないし、逆に離れて座るのも変でしょ」

「俺は別に構わないが」

「私が気にするのよ」

 知人がいるのに、少し離れた席に座るなんて気まず過ぎる。がんばって無視するよりも、視界の中に入れておいた方がストレスが少ないという判断だ。

 比較的少ないだけで、ストレスは常に感じるのだが。

「でも、意外ね。瑠璃丸ってインドア派だと思っていたから」

「ここもインドアと言えなくないが」

「言い方がわるかったわね。ひきこもりだと思っていたから」

「おい、ただの悪口になったぞ」

 あれ、そうかな?

 瑠璃丸への鬱憤が溜まっており、無意識の内に脳内でヘイト変換キーが押されていたらしい。

「つまり、どこに行くつもりなの? って話かな」

「俺の行き先に興味はあるのか?」

「んー、ない」

「じゃ、聞くな」

「あれよ、暇つぶし?」

「他所でやれ」

 この男は、あれだな。空気読めないな。

 知り合いの美女が目の前に座ってあげたというのに、話題を盛り上げようという気概がない。口下手ならば仕方がないが、ときどき妙に饒舌になるから、そういうわけでもないのだろう。

 まぁ、饒舌になったときは、たいてい皮肉か悪口だが。

 何か言い返してやろうかと考えていたところに、店員がパンケーキを持ってやってきた。

 やけに分厚いパンケーキは、見るからに柔らかそうで、店員が皿を置いたときに弾みで揺れていた。パンケーキ特有の乾いた甘い香りと、それを上書きするようにやってくるはちみつの香りが相まって、非常に甘美なハーモニーを奏でていた。

「おいしそー」

「おいしそうではなく、おいしいんだ」

 余計な一言だけは告げる瑠璃丸であった。

「あ、本当においしい」

 香りに違わない濃厚なはちみつの味が、パンケーキのしっとりとした生地によく合っていた。甘々な感じかと思えばそうでもない。パンケーキは、表面がむしろ香ばしく、そこがよいアクセントとなっている。

「へぇ、瑠璃丸はよく来るの?」

「たまに、だな。この店のスイーツは正直食えたものではないんだが、パンケーキだけは別格にうまいんだ」

「ふーん。そうなんだ」

 たしかに別格である。

 だが、ちょっと得意げな瑠璃丸の言い方が、少しむかつく。

「わざわざパンケーキを食べに喫茶店に足を伸ばすなんて、優雅な休日ね」

「ここはついでだ。さすがに、パンケーキだけを食べに外出したりはしない」

 やっぱりひきこもりじゃん。

「何のついで?」

 美心は尋ねて、失敗したと思った。

 それは先刻聞いており、その際に回答が得られなかった。つまり、言う気がないということで、それを二回尋ねたことを絶対咎められる。

 記憶力ないとか、皮肉言われる……。

 そう、美心が身構えていたのだが、瑠璃丸の方は紅茶を一口啜り、すんなりと回答した。

「美術館だ。ちょうど、ドールの展示会をやっているからな」

 肩透かしをくらった美心は、えっと、と言葉を探した。

「瑠璃丸のドールが展示されているの?」

「いや、19世紀と20世紀のドール、いわゆるアンティーク・ドールが主だから、俺のドールはない。古いもので、エコーやピエール、新しいものでシャルルやクレトのドールが展示される」

「ふーん」

 いや、当然のように名前を羅列されても、その人達知らないから、美心にはその凄さが伝わらないけれども。

 しかし、一つだけ知った名前があることに気づく。

「あ、シャルルって、この前、修繕してもらったドールを造った人?」

「そうだ。あれは、作風から前期の作品だな」

「そんなことまでわかるの?」

「大したことじゃない。歌手にだって年齢ごとの傾向があるだろ」

「あー、たしかに」

 瑠璃丸にしては、わかりやすい例えである。

 そこで美心は、違和感を覚える。いったい何がおかしいのかと思えば、会話が成り立っているのだ。この男と初めて言葉のキャッチボールが続いたことに、なんともいえない気持ち悪さを感じた。

 いや、冷静に考えればおかしいのだけど。

「おまえはどうなんだ? モデルの仕事など想像もつかないが」

「ん? 私は仕事がキャンセルになったから、暇してたの」

 思い出して、少しイラッとした。

「つまり、この後、予定はないのか」

「そうねー。ん? 何々? 私の予定に興味があるの?」

 意趣返しのつもりで尋ねたのだが、瑠璃丸は戸惑うことなく、

「そうだ」

 と答えた。


「お、おう」


 そんなふうにストレートに来られると、美心の方が戸惑ってしまう。落ち着くためにパンケーキを頬張って、アイスコーヒーで流し込む。


「暇なら、おまえも行くか? ドール展」


 突然のデートの誘いに、美心は思いっきり咳き込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます